思いもよらない出来事

IMG_8242

おはようございます(*^▽^*)

先々週、フラッと北海道へ行って来ました♬
もう北海道も沖縄もコンビニ行くのとさほど変わらない(笑)

去年はたくさん飛行機に乗ったことで、ステイタスが最高クラスになっているので、
飛行機に乗るまでの面倒な手続き等はもういらなくなって、空港についたら搭乗口まで
5分もいらないんです♬

だからどこへ飛ぶにしても楽ちんだし、安心\(^o^)/
今までよりも移動が更に楽になりました☆

ということで、先日は自宅から車で羽田空港へ向かい、北海道へ行って来ました☆

僕の車って、ヘッドライトが常にオートになってるんです♬
なので、暗くなってもつける必要がない。
羽田空港の駐車場も屋内だから、入ると自動でヘッドライトが付く。
そんな仕組みの車ってあると思うんだけど、僕のもそんな感じなんです♬

それで、エンジンを切って車から降りる時には、運転席のドアを開くと勝手にヘッドライトが
消えるって仕組みになっているんですが、羽田の駐車場が狭くてですね…
サイドミラーをたたんでギリギリにバックして駐車したので、運転席のドアを開けずに
助手席のドアから降りた…

これがダメだったようで…北海道へ行って戻ってきたら車が全く反応しない…という事態(+_+)

キーレスも反応しない、ドアも開かない…結構大変でした(>_<) なんとかキーレスから使ったことのないキーを取り出し、運転席のカギを開けるもドアは少し しか開かず… 必死に手を伸ばして集中ドアロックボタンを押すも反応なし… そこから必死で後ろの座席へ手を伸ばして手探りでカギを開けて後部座席から車内へ… 結局は何一つ反応してくれるものはなく、完全にバッテリーがあがっているって状態でした。 そこから、なぜバッテリーがあがったのか?? ってことを考えていたんですが、さっきの運転席のドアを開けなかったってことがどうやら 原因で、ヘッドライトがついたまま行ってしまった… それでバッテリーが上がってしまったんですね(*ノωノ) 機械は決まった行動に対して決まったコマンドを決定する… それに対して人間は状況に対して違った行動を選択する… そのギャップが今回の事態を招いたんだなって… 業者さんが来るまでの間を車で…くるまで(笑)考えていました( *´艸`) 新車で買ってまだ3年たたないからバッテリーがあがるなんて予想だにしてなかった…。 以前だと車にバッテリーがあがった時の為のリード線とか、簡単にタイヤ交換できるように ジャッキやクロスレンチなど…だいたいの工具って持って歩いていたんだけど、久々にこんなこと があって、やっぱり持っていると便利だなって思いました(*^▽^*) ☆問題は起こる前に対処することが出来る☆ これはいつもトレードでも仕事でも意識していること♬ 今回の車の件も、昔に比べて車が壊れなくなったことで、油断していた矢先に起こった出来事でした(;^ω^)




★☆重要FXセミナー告知☆★

知井さん初めての2つの試み 「FXに特化したセミナー」「全世界生中継」

絶賛募集中!1日のセミナーで何倍ものリターンを得てもらいやすい
内容が凝縮された5時間特別セミナーです♪
現在なんと95名もの方が参加中( ^ω^ )

こちら本日から最終、メルマガ、
FB、氣愛通信、アメブロで
ラストオファーします。

東京会場は残り8席!!
大阪も残り8席!!
生放送は安定配信をしたいので
際限なく受け付けることはできませんが
あと10名ほどは受け付けます♪


申し込みはコチラ
↓↓↓
今すぐこちらをクリックしてチェックする!>>>
※間もなく開催!

人気ブログランキング上昇中☆
ブログ村も上昇中\\\\٩( 'ω' )و ////
1位を目指してます(笑)。
今日の記事良かったよ!という方は、
クリックしてね~~\(^_^)/
 ↓↓             ↓↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

【無料】氣愛通信メルマガ

ブログの更新をメールでお知らせ!2017年11月現在12439名がこのメルマガを購読中です☆FXの有益なノウハウが詰まったコンテンツや、セミナー情報、講演会情報、お得な情報もいち早く優先的に知ることが出来る氣愛通信メールマガジンに無料で登録してみませんか?メールアドレスを下記に入力して送信を押すだけで登録は10秒以内に無料で完了します♪
遂に知井道通公式LINE@を開始☆FXの有益なノウハウ、セミナー情報、 講演会情報、お得な情報もいち早く無料で配信中(^^♪

バーコードでも、友だち追加でも、どちらからでも簡単にすぐ登録ができます( *´艸`) 友だち追加

最近の記事

ページ上部へ戻る