のびのび育てない

IMG_4800

うるさい子供が居る。
子供がうるさいこと自体は問題がない。
子供がうるさい場所に問題がある。

「まったくうるさくない」のは、理想だけれど、そうもいかない。
だから、泣き声がし始めた時には特になんも思わない。
「大変やなおかーさんも」って思うだけ。

だけど、うるさいことが続くのは、ちょっと勘弁してほしい。

赤ちゃんならしょうがない。
赤ちゃんなのだとしたら、親がなにか努力をしなければいけない。

でも、言って聞かせられる子供なら、
親の努力と同時に、子供も努力しなければいけなくなる。

それが何歳なのかはわからない。
わからないから、僕は最初からそうやって接するように努力しています。

うるさいのは、親のせいではなくて、子供が悪いのです。
子供がうるさくしなければ、親は何も思われないのです。
世の中の親達に、それ自体は悪くないですよって、思っています。
子供が悪いんです。
だからね、だからだよ?怒ってくれ。
そう思う。
子供が悪いんだから、親だけは、子供を怒ってくれ。
周りの人たちは、すでに子供を許している、許す努力をしている。
親は悪くないよ。子供が悪いんだよ。だから、親がまずそうな顔をするのではなくて、
親だこそ、子供を怒ってくれ。

と、僕は常々思う。

そんな時に、子供を縛り付けずに、のびのび育てた方が良いっていう雰囲気を聞いたりした時に、
果たして僕の育て方はどうなんだろうって思ったりする。

うちのかーちゃんにも「怒りすぎはダメ、あんたは言い方がいちいちキツイ」と小言を言われます。
僕は、言い方がきついのではなくて、怒っています。
ちなみに、僕の怒り方は、かーちゃん譲りです。(笑)

そんなことはいいんだけど・・・
のびのび育てた方が、子供はよく育つのでしょうか。
そこに、僕はちょー疑問を抱いちゃうんですよ。

そもそもね、「自愛」ってあるでしょう?
これをね、「子供に教えてあげたい!」って言ってくださる人、たくさんいるの。
もちろん、子供にも通用することってあると思うよ。
でもね、子供って意外に必要ないことの方が多いんですよね。

うちの子達を見ていると、本当にそう思う。
まったくへこたれない。
いや、ちょっと度肝抜くくらいに、けろっとするでしょう。
そこに対して「子供はすげ」って思うんですよ。

それがいつまで続くかはわからない。
僕は、中学生の頃には、そんな切り替えはできなかったことを覚えています。

でも、子供には必要ないことの方が多いと思うんですよ。
できている子、すぐにできる子の方が多い。

じゃぁ、自愛って何かって、経験を多く積んで大人になった時に必要になることなんですよ。
「不快」って何かって、経験なんですよ。
不快を不快だと思うと、不快に向かうっていうめちゃくちゃな脳の癖があるんですよね。
だから、不快を消したり、感じ尽くしても大丈夫なように、自分を肯定しておければいいって話なんだけど、
これは、圧倒的に大人になるとできなくなってしまうのです。

いつからできなくなってしまうのか?
それはね、わからない。

あなたは、昔から自分のことを否定していましたか?
していなかったはず。むしろ、していたとしても立ち直るのは早かった。
あの子供の頃は。

人間として、接し方に問題がある親の場合は例外だけど、
僕はね、おおよその親御さんたちの育て方はね、子供にさほど影響はないと思っているんです。
僕が、そうだったから。
僕は、親父のせいにしないし、母親のせいにもしません。
母親譲りとさっき言ったけど、母親もそうで、僕もただ、そうなだけなんですよ。
僕はさ、僕のこの人格を作ったのは僕だと思っているし、
弱気な僕も、体が弱いのも、全部僕が作ってきた僕なんですよね。

だから、最終的に決めるのは「自分だぜ」って思っているから、
親の影響は多少は受けつつも、決めた自分が全ての原因になっているって考えるタイプの人間なんですよ。
だからないがしろにしろってわけじゃないよ。
だからこそ、人として大切に接してあげようって思えるでしょう。
子供に対してではなくて、「人間に対して」って子供と接しれるのって大事じゃないかな?
そう思う。

でね、そんな話をしているんだけどさ、
要はね、のびのび育てたって、社会に出てみればほとんどの人が打ちひしがれるわけですよ。
何かに挫折する。もしくは壁にぶつかる。さらには転んでしまうんですよ。
その時、初めて「俺ってダメなやつ」って思うわけ。

そこで必要なのが「自愛」ってことになりますよね。

まったくそういうこともなく育っていく人は、まれ。
親がどうこうしようが、いくらのびのび育てようが、厳しい先生、厳しい上司、嫌な先輩にあたったら、意味がないんですよ。
よくしてくれた親がいても、同級生が嫌な奴なら、そこに相関関係はないというか。

でね、僕は決めつけたわけです。
どうせ、いつかは挫折が起こる。誰だって。
僕にも、諦めた夢がある。

そこで、僕は思う。
のびのびもいいけれど、締め付けて、打ちひしがれることに慣れておくのも良いんじゃねーのって思う。
そんな、めちゃくちゃな話じゃないよ。
ただ、そういう意味で、怒る時は怒っておこうぜっていう話。
でね、我慢するところは、我慢させようぜっていうだけの話なんですよ。

小難しい話をしていて、ただ怒ってくれよっていうことをもっともな意見に聞こえるように言っているだけなんですけどね。
だから、僕はね、子供がうるさくしない方が良いと僕が判断したところでうるさくしたら、怒りますよ。
言うことを聞かなければね。
それは、のびのび育てていないってことになるんじゃないのかなって思う。
それなら、のびのびなんて育てたくないなって思うんですよ。

「静かにしておく」っていうのはとっても難しいことだし、
締め付けが激しすぎると外の世界を見れなくなって心が偏ってしまう可能性もあるから、
注意が必要なところはあるけれど、
それでも、大事なところでは静かにしてほしい。
だから、怒ってほしいって僕はいつも、子供が大泣きしている車内で親御さんに思っています。
 
 
でね、こんなこと言ってんだけどさ、本当はこんなことどうでもよくて(笑)
みなさんは「締め付け」と「のびのび」とどっちが良いって思いますか?っていうね。
この時に、いずれか一方じゃなくて、「どっちもあった方が良いんじゃないの?」って思えた方が、僕は良いなって思うんですよ。

でもね、「それ以上に良い解決方法もあるんじゃないの?」って、思考が発展していける方が良い。

一般的に言われている常識的なものを、疑うのではないんです。
常識のその先に、何かあるんじゃないの?って、ただ思考を発展させていく方が良いよなーって思う。

僕は「のびのび」は否定派だから、今みたいに屁理屈をこねくり回してしまうけれど、
でもね、うちの子供達はたくましく育っていますよ。
そういう意味では、のびのびもやっぱり選択しているんですよね〜。
だから、締め付けでも、のびのびでもないんですよ。実際のところ。
「僕流」なんです。

僕のやり方だから、僕が自由にどんなことでも想像していけるんですよね。
そうやって、どうしたらいいのかって、どうしたら伝わるのかって、
何をしたら子供は寝るのかなって、何が嫌いで、何を求めているのかって、
より自由に見れるんですよ。
だから、僕は嫁が気付かない、子供が求めていることにすっと気付くこともあるんですよ。

「あ、水ほしいんやな」とか、
「うんこじゃね」とか、
「眠たいんだな」とかね。

その方が良いじゃん?

確証バイアスってあるんですよ。
要は、「のびのび」だの「締め付けて」だの「子供の選択を・・・」とか、
「幼少期の頃のハイハイをしている時に親が抱っこしてくれないことも深層心理には残っていて、それが今の自分の行動や選択に影響を与えているって心理学上は・・・」
なんて聞くとね、「そうかもしれない」って思うじゃん?
それが、「そうである」って、決めつけてからの思考になっちゃうんですよ。

まぁ、このね、最初から決めてかかっちゃう系のバイアスっていうのは、
心理学上はめっちゃくちゃ種類あるけど、まぁ大体、そういうのってありますよってことですね。

なんだけどさ、そもそもね、関係ないんですよ。なにもかも。そんなのびのびとか、どうでもいいんですよ。
ってね、一度考えてみることもおもしろいと思うんですよ。

「そうじゃなくて、どうするのか?」って考えてみると、選択の幅が広すぎちゃうでしょう。
それが、自由な発想を生むと思うんですよ。

だから、今ある知識を「捨てる」のではなくて、「置いておく」って器用にできるといいね。
でも、日々の思考の中で、「それは置いておいて」って思えなければいけないんですよ。
何かしら、なんでもかんでもリンクさせますからね。人間、関係のないことでも繋げて考えることができるんです。
ヒューリスティックって心理ありますけど、そういうやつですね。まぁ、それは良い意味も含まれているけれど。

だから、僕らいつも会話の中で言うんですよ。
「それとこれ、まったく関係ないから、そうじゃなくて・・・」っつって。

何かを話している時に、話をごまかしていることに気付かず話し続けている人って結構いてね。
「それ、関係ありますか?」って、いちいち確認しながら会話を進めていくことがあるんだけどさ、
僕らも、いつも自分で考えている時には、そうやって思っていますよ。

それとこれって、関連ありそうで、関係ねーよな。って。

そういう思考ができると、発想が柔軟になるでしょう。
柔軟な発想が素晴らしきアイディアを作るんです。
人生って、アイディア次第だからね。絶対。

その「アイディアを生む思考法」が日常でできると、
FXトレードにめっちゃ役に立ちますよ。
資金管理、トレード技術、心の在り方、全て、アイディア次第です。

資金管理で言えば、画期的でおもしろいアイディア。
トレード技術で言えば、盲点に気付いたり、シンプル過ぎて隠れていることに気付いたり。
心の在り方で言えば、何事に対しても「オチの付け方」が思いつけば楽になるんですね。

そういうことをするために、僕は今普通に言われている子育ての仕方にも僕の考えを入れてみたい。
というか、ちょっと考え直していきたいなって思うんですよね。

そういうところから始めれば・・・
トレードでのアイディアが出る(笑)
これこそまさに、ヒューリスティック。かもしれないけれど(笑)
でも、絶対僕のトレードアイディアにそういうことが関係しているんだもん。
だから、しょーがないもん。

ーーー

自愛とFXトレードもね、「関係なくね?」って思うけれど、
でもそこは、関係しているんじゃないかなって思える、わかりやすい話を知井さんがしてくれています。
ということでね、新聞みたいなバナー踏んで、是非キャンペーン動画見てね。

ーーー
 
 
 
最後に・・・
なんだかんだ書いたんだけれども、
子供は、かわいい。狂おしいほどだぜ!

「子供はかわいがるものだ」って、思ったけど、
大きくなってくると顔立ちもしっかりしてきて、
「本当にかわいい」って思えるようになってきました。
だから、順序があるんじゃないのかな。

かわいがろう→本当にかわいい
っていうね。

しかし、かわいいね!子供は!

人気ブログランキング久しぶりに4位まで上昇中☆
ブログ村も5位まで上昇中\\\\٩( 'ω' )و ////
1位を目指してます(笑)。
今日の記事良かったよ!という方は、
クリックしてね~~\(^_^)/
 ↓↓             ↓↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

【無料】氣愛通信メルマガ

ブログの更新をメールでお知らせ!2017年3月現在12439名がこのメルマガを購読中です☆FXの有益なノウハウが詰まったコンテンツや、セミナー情報、講演会情報、お得な情報もいち早く優先的に知ることが出来る氣愛通信メールマガジンに無料で登録してみませんか?メールアドレスを下記に入力して送信を押すだけで登録は10秒以内に無料で完了します♪
遂に知井道通公式LINE@を開始☆FXの有益なノウハウ、セミナー情報、 講演会情報、お得な情報もいち早く無料で配信中(^^♪

バーコードでも、友だち追加でも、どちらからでも簡単にすぐ登録ができます( *´艸`) 友だち追加

最近の記事

ページ上部へ戻る