あの時捨てたことをもう一度

スクリーンショット 2017-09-14 15.58.50

トレードの記事です。
 
 
「過去を振り返る」というのはね、時々良い発見をさせてくれる。

例えば相場で言うのなら、
「フラッグ」「ペナント」「三角保ち合い」っていうのはね、
僕にとっちゃ本当にどうでも良い情報だった。

結局どう使うの?何がどうなの?どっちにブレイクするの?どーすんの?
という疑問は拭えない。
初心者だったからだろうけれど、でも、それは心にいつまでも残っていたもんだ。

今をどうするのか?

でも、それはしょうがない。
世間一般的に、というよりも、大成したスーパートレーダーは、
「今、何をするべきか?」がわかる人たちが多いと言われているから。

例えば「今年の服は一体何が流行るのか?」という選択肢が仮に3つとかあった場合に、1つを瞬時に選択することが出来る人たちであって、さらにそれが「当たる」んだから、スーパーなわけだ。

まさに「勘」の世界。
それを「直感」と表現したりもする。

それは「経験の成せる技」であることは間違いがないけれど、それを「宇宙から」「天から」「チャネリング」と言い始めちゃったら混乱し始めてしまう。
別にいいけどね。僕には関係ない世界の話だから。

で、「今をどうすんの?」という目線で見ていくと、フラッグもペナントも三角保ち合いも、結局どっちに行くのかわからないのだ。

だから「使えん」「使い方がわからん」「だからなんなの」って思っていた。

がしかし・・・
最近「酒田罫線法」「プライスアクション」「ブレイクアウト戦略」などなど、ローソク足に特化した内容の書籍を読み返していた時に、ふと「ペナント」や「フラッグ」が目に入り、そんで先週からのポンド円の上昇相場をふと見た時に「うわー、フラッグペナントレンジだらけやん」と気付いたわけだ。

で、それが先の画像の内容です。

ここでさらに、今更ながらあることに気が付いた。
「ブレイクアウトの方向性をわかる必要性が無い」ということです。

逆に言えば「ブレイクアウトした」を確認出来るのなら、
逆に「ブレイクアウトしなかった」も確認できるわけです。

上昇トレンドなら、押しが入るところでペナントやフラッグやレンジが起こるわけだけど、
要はすべて総称して「レンジがブレイクアウトしたならトレンドは継続する」ってわけだ。
ペナントもフラッグも三角保ち合いもレンジの応用みたいな解釈でね。

じゃ、逆に上昇にブレイクアウトしなかったなら?
要は「ブレイクと見せかけてブレイクしない状態」ってやつだ。
ブレイクアウトのフェイクってことだね。
それを僕ら「フェイクアウト」と呼んでいるわけだけど。

上昇の途中に起こるもみ合い後のブレイクアウトをこれまで確認してきたのに、突然フェイクアウトが起こったのなら、どうする?
つまり、いつもと違うことが起こったってこと。
いつもは上昇だった。それが違うんだから、「上昇が終わった」ってことを示すと考えるのは自然なことでしょ?

そうして、フェイクアウトを確認した時に、売りを仕掛けることが出来るわけだ。
逆に、買いを入れている人なら、ブレイクアウトしなかった時点で、仕切れなかった時点で決済すればいい。

ということを考えて見ていたら、本当に止まった。
ま、これからどうなるのかはわからないけれど、ひとまずは止まったんだな。

それで、感動してしまったわけ。
「おもしれーな」ってね。

要は「レンジの応用」ってことに気付いたことと、ブレイクしたことを確認する見方っていうかね、その方向性じゃなくて、それ自体が起こるのかどうかに着目したら、やり方ってあるなって思うだけなんすよね。

そう、あん時に、どーでもいいって思ったようなものをもう一度拾い上げて見てみると、あの頃と今の僕じゃまったく違うから、見え方がまったく違ってね、おもしろいなって思えるっていう話です。

いろいろな分析をいろいろと発展させてきたりはしたけれど、ただ、世界中のトレーダーのほとんどが知っているローソク足のパターン、それをただ改めて相場に置き換えながら見ていくと、おもしろい発見もあるんだなっていう話です。

今日はトレードの話でしたが、そんなことを思いました。
おもしろいね。本当に。




人気ブログランキング上昇中☆
ブログ村も上昇中\\\\٩( 'ω' )و ////
1位を目指してます(笑)。
今日の記事良かったよ!という方は、
クリックしてね~~\(^_^)/
 ↓↓             ↓↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

    • N山
    • 2017年 9月 17日

    フラッグもペナントも、私はアナリスト用語だと思っています。

    トレーダーなら、レンジ(の中にトレンドラインが引けるね)の一言で済みますから。(^^)

    • たもりまさと
      • たもりまさと
      • 2017年 9月 19日

      N山さん!
      そっすねー!このへんのって、先に「レンジの応用」とかって一言付け加えていればまったく印象が変わってくるなーって思いましたね!
      まぁ、あんまり見過ぎても特に何も・・・って感じなので僕的には入門の時の相場のおもしろさを伝えるためには使えるなって思いました(笑)

    • iざわちん
    • 2017年 9月 17日

    そのときの視点や立ち位置、経験値で見方って変わりますよね〜

    それ自体はそのまま何も変わってないのに ^ ^

    僕もたまたまチャートパターンを目にしてたもので(笑)

    • たもりまさと
      • たもりまさと
      • 2017年 9月 19日

      いざわちん!
      まったく変わりますよねー!最近注目のチャネルラインも、単なるチャネルではなく、「何を表しているのか?」みたいなことを考えると、まったく違った見え方になります。まぁ、僕次第ですよねー、相場も、人生も(笑)
      まぁでも、こうしたパターン分析って、やっぱりおもしろくはありますね!トレードにはそんなに使えない印象は変わらないけどw

  1. この記事へのトラックバックはありません。

【無料】氣愛通信メルマガ

ブログの更新をメールでお知らせ!2017年11月現在12439名がこのメルマガを購読中です☆FXの有益なノウハウが詰まったコンテンツや、セミナー情報、講演会情報、お得な情報もいち早く優先的に知ることが出来る氣愛通信メールマガジンに無料で登録してみませんか?メールアドレスを下記に入力して送信を押すだけで登録は10秒以内に無料で完了します♪
遂に知井道通公式LINE@を開始☆FXの有益なノウハウ、セミナー情報、 講演会情報、お得な情報もいち早く無料で配信中(^^♪

バーコードでも、友だち追加でも、どちらからでも簡単にすぐ登録ができます( *´艸`) 友だち追加

最近の記事

ページ上部へ戻る