無いものばかり見ている

IMG_5408

ブルーハーツの「夢」って曲知ってますか?

「あれも欲しい!」「これも欲しい!」「もっと欲しい!」
って曲です。

キャッチーなロックですよね。
軽快な感じで耳に残る曲です。

まぁ、最近インスタに投稿したことがきっかけで、
この曲を思い出しました。

ふと思ったことは、「あれもしたい」「これもしたい」っていう願望みたいなもの。
ゴルフ練習したい。キックボクシング習いたい。ジム行って鍛えたい。飲みに行きたい。
などなど・・・
やりたいことなんていくらでも出て来る。
何をしたいのかって言われたら、やってみたいことばかり。

つまりこれは、無い物をカウントしていることになる。
今、持っていないこと、やっていないこと、またはできないことを数えている状態と同じといえば同じ。

それって、どうなんだろう?
なんてことを思ったりすることもあると思う。

「無いものじゃなくて、あるものを数えよう」的なやつ。
大事だよね。それは。

「感謝」っていうことを思い出す、忘れないために、そういうことを気にしてみるのは良いことだ。

だから、無いものをカウントするのはダメなこと?って聞かれれば、それはそれでまったく別の話。
ないことがあるから得ようとできる。だから意欲が湧くんだから、それがパワーになることだってある。

だから、あれも無い、これも無いと数えた方が良い場合もある。
むしろ、何がなくて何が欲しいのかを意識しておいた方が良いと思う。

そこで、問題になるのは、結局ここからの思考パターンなんだよね。

「無いものを数えない」「あるものを数えよう」っていう人は、
無いものを数えている時にテンションが下がってしまうんだろうね。

「無いものを数える」っていう貪欲な人は、
数えていても「いつか手に入る」と思っているから、テンションが逆に上がるんだと思う。

だから、人それぞれだね。
むしろ、数えた方が良い人がいる。

というか、僕としては、どっちがどっちではない話だから、これ。
無いものもあるものも数えた方が良いだけの話。
 
 
僕はさ、よく考えてみれば、なんでもできるなぁって思っただけ。
ジム?行けばいい。時間を考えてね、計画立てて、仕事に支障が出ないように、行けばいい。
ゴルフの練習も行ける。仕事終わって、ちょっと寄って、10球20球だけでも打てばいい。簡単だよね。
どれも、そんなにめちゃくちゃお金がかかるものでもない。クラブは借りればいい。買う必要はべつにない。練習なら。
キックボクシングは習おうと思ってます(笑)。子供を連れて。
飲みにはね、よく行ってるから(笑)。まぁ。

そのほかにも、たくさんあるけれど、やろうと思って計画を立てれば、時間をかけて達成できることしかほとんどないのです。
そのためにお金を貯めればいいだけだし、そのために体力をつけておけばいいだけだし、そのために計画をしっかり立てればいい。

その計画ってさ、ないものがあるから立てやすいよね。
別に、計画そのものはどんな動機であれ立てられるもんだけど。

でも、無いものを数えて「はぁ〜。」ってなる人はさ、それができないんだよね。
テンション下がっちゃうんだから、得よう!っていう気にならないよね。

これね、たぶんだけど、考えが不足しているだけだと思うんだよな。

「感謝」っていうことだけを捉えるのなら、あるものをカウントするのは良いよ。
その対象として「無いもの」って考えるのは、あまり良い影響は与えないよね。自分に。
それはそれで別物だと考えた場合に・・・

たぶんだけど、「計画」を立てるのがめんどうくさいだけだと思うんだよね。
そういう思考をするのがめんどうくさいから「はぁ〜。」で終わろうとするんじゃないの?
疲れるからね。計画立てるのって。
フランクリン手帳とか使っていろいろスケジュールを考えたり管理したりタスク作ったりするとさ、疲れるから。

それをめんどくさがったら、何かを得づらくはなるんじゃないかなぁって思ったり。僕はする。

だから、結局は、あるものもないものも同時に考えた方が良いんだろうし、ただ、「無いからダメだ」って思うのは、思考をサボっているだけじゃないかなって話。

本当、二分法思考になりがちだよね。
まぁしょうがないけどね。結論を早く出したがるのが脳だし、そんでもって怠け者だからな脳ってのは。
その怠け者っていう意識を持っておくだけで、思考の仕方もずいぶん変わってくるなぁ。

僕、本当これに気を付けようと思う。




人気ブログランキング上昇中☆
ブログ村も上昇中\\\\٩( 'ω' )و ////
1位を目指してます(笑)。
今日の記事良かったよ!という方は、
クリックしてね~~\(^_^)/
 ↓↓             ↓↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

    • じむ・おるーく
    • 2017年 10月 20日

    「ない」が「ある」のかも知れないですね。

    例えばまだ「見てない映画」があるってなんかテンションあがりますよね、でもそれって言わば「ない」を数えている。
    なのにそれって「ない」に意識を向けているようで、「今から出来る」何かが「ある」に意識を向けている。

    そんな感じに「体験していない経験」が「ある」みたいなポジティブな意識で在れば、
    そういう風な「ない」を「ある」と解釈出来るのかもしれないですね。

    でもその「見てない映画」、「体験してない体験」がいつまでも出来ないかも知れないとネガティブに思うと不快になる。
    「いつか出来る」という喜びは消えて「いつまでも出来ない」という悲しみにとって代わる。

    結局どの事柄にもその人がそれにどう意味付けするかで決まっていて「ない」と思うことが不快に繋がるんでなく、
    「ない」にどう意味をつけるのかなんでしょうね。

    そしてスピのポジティブで在るとかあるに意識を向けることが難しいんですよね(/_;)

    長文のコメント失礼しました

    • たもりまさと
      • たもりまさと
      • 2017年 10月 25日

      じむ・おるーくさん。
      無いがあるっていう言葉、僕も好きなんですよね〜。
      確かにそう考えるとポジティブになるのかもしれません!
      ただ僕は、逆にも考えちゃうんですよね〜。無いを考えることがネガティブにはならないと思うんですよ。
      無いから何かしようって、無いがあるとかではな、無いから出来るって思うんですよね〜。
      まぁ、このあたりって実は結構どうでもいいことで、何よりも気分の方が大事っていう話でもありますね。
      結局、無いから出来ないって思ったり、あるものに目を向けて結局無いものを追いかけなくなったりっていうのが嫌なんですよね。
      僕は、無いからやりたいって思うし、あるものには感謝をしたいけれど、それと無いは関係無いって思いたいなーって思ってるんですよね。
      その「体験していない体験」が出来ないかもしれないと思い不快を感じ「いつまでも出来ない」と悲しくなるっていうのは、まさに「思考そのもの」ですよね。ここで「いつまでも出来ないかもしれない・・・だから今やろうっと」で済む話でもあるはずなんですけどね。それがなかなか出来ないのは、まったく別のところに原因があるんだろうなって思ったりはしますね。本当はやりたくないとか、やってみて失敗したことが強烈に印象に残っているとか・・・。それ自体は、失敗を認めたくないっていう思いに起因していたり、なんで認めたくないかって言えば親が失敗した時にがみがみ怒ったとか、友達に・・・などなど、いろいろ出てきそうですけど(笑)。
      とまぁ、話が長くなりましたが、じむ・おるーくさんの言うように、「無いことに意味をつける」っていうのも大事なことですね。無いに意味がありゃ、ネガティブになる必要ないですから。でもここでちょっとした罠があって、無いというか、ネガティブなことに意味をつけようってするのもちょっとなーって思ったり。無いことに意味があるのはいいけれど、「無くなってしまったこと」にも意味があるんだ、みたいな。そうじゃなくて、「なぜ無くなったのか?」とか「無くさない方法はなかったのか?」とか、考えた方が良いと思うんですよね〜。ま、そのあたりは人それぞれですけどね。僕は、まぁ当たり障りのない言葉で「バランスをとる」っていいますか、そのあたり大事にしたいと思っているんですよ。
      っとっと、さらに長くなりました(笑)、長文のコメント返し失礼しました!
      お互い、ポジティブであるということと、ネガティブに対してどう付き合っていこうかってことも考えていきたいっすね。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

【無料】氣愛通信メルマガ

ブログの更新をメールでお知らせ!2017年11月現在12439名がこのメルマガを購読中です☆FXの有益なノウハウが詰まったコンテンツや、セミナー情報、講演会情報、お得な情報もいち早く優先的に知ることが出来る氣愛通信メールマガジンに無料で登録してみませんか?メールアドレスを下記に入力して送信を押すだけで登録は10秒以内に無料で完了します♪
遂に知井道通公式LINE@を開始☆FXの有益なノウハウ、セミナー情報、 講演会情報、お得な情報もいち早く無料で配信中(^^♪

バーコードでも、友だち追加でも、どちらからでも簡単にすぐ登録ができます( *´艸`) 友だち追加

最近の記事

ページ上部へ戻る