レッテル

23844908_1359147977546589_5210581587994044113_n-2

人間診断みたいなものはたくさんあります。
血液型診断は根拠がまったく無いという話ですが、確かに無いので信用はできません。
ただ、「自分がそういう人である可能性はあるのか?」と考える分には、良いきっかけになります。

僕はA型ですけれど、A型と言えば「几帳面」とは昔から言われていることですよね。
僕は、几帳面ではありません。まったく。知井さんの方がよっぽど几帳面です。しっかりしています。
僕は、旅行の前日に、いや当日に荷物を準備するタイプの人間です。仕事も前日に仕上げることが多いです。いや、当日の夜中になることが多いです。几帳面とは言えません
でも、ちょっと考え方を変えるとですね、前日まで「きっちりやっている」という言い方に出来るかもしれません(笑)。3日前に終わっても、2日前、前日にチェックとか修正とか、もっと良い表現はないかとかを考えているのは考えていますけれど、そういう意味では几帳面かもしれません。

「何がそうなのか?」っていう問いかけになってくると、几帳面であるところと無いところが見えてきます。
だからどうしたっていう訳でもないけれど、そんな自分がこうなんだから「こうだから、こうしよう」って思うこともできます。
自分を見つめ直すという意味では、占い、血液型診断は有効活用できます。
それ自体は、別に当たったり当たらなかったりバラバラです。そんなことはどうでもよくて、「そうである可能性」とか「そうなのかな?」って思ってから、「どうなんだろう?」と考えることが大切です。「そうなのかな?」と思って「そうなんだ」と思うのはダメなんじゃないかなって僕は思います。

そもそも、A型のあるあるとか見てると「誰でもあるんじゃないの?」って思うことばかりです。

「案外時間にルーズ」
という言葉がありますが、僕は時間に基本的にルーズではありません。きっちりしてます。
待ち合わせの到着時刻予想は逐一報告します。「8分遅れる」とか「11:05までに着きます」とか、なるべく1分単位で予想して送ります。
きっちりしている気がします。けれど、「案外ルーズ」でもあるんです。(笑)
名古屋で行う勉強会だけ、必ず遅刻しますからね。僕。15分とか。

案外って(笑)。
誰でもそーなんじゃないの?
全部きっちりできる?
朝ごはんの時間とか、毎日一緒なの?
バラバラ?案外時間にルーズだね。とかって話じゃないの?
まぁいいけど。

つまり、血液型関係無い。
誰でもそうである可能性がある。
じゃぁ、自分はどうなんだろう?
って考える意味ではいい。
でも、これを断定的に考えるのはダメ。

A型だもんね。って言われるのは、気分悪くも無いけれど、別に嬉しくはない。
というより、僕は「A型」以前に、まさとなのです。

B型は・・・って言われると嫌な人いっぱいいるでしょ。
B型って自己中って言われるもんね。
でも、B型が自己中なのではなくて、その人が自己中なんです(笑)

僕も自己中なところがあります。
あなたにもたぶんあるよ。
全血液型の人にあると思うよ。

ただ、それを自分が見直すきっかけに、というか考えてみるのは良いことだと思う。

「僕はどうだろう?」

この、ある種の「レッテル」というのはね、自分にだけしか通用しません。
これを他人にあてはめて考えると、突如として人生が生き辛くなってしまいます。
だって、当たらないんだから。

先日「怯え」というタイトルの記事を見てくださったかたが僕に直接メールをくれました。
その時に、とても有名な「前者後者論」のブログリンクを送ってくれてですね、読んでみました。
これもまた、占いや血液型診断と同じ類の話だなと言ったらものすごく反感を得そうですけれど、僕の印象は血液型診断と同じです。

ただ、それは「考えるきっかけには良いよね」っていうことです。

さて、それでですね、こんな感じの一節がありました。
ちょっと端折った説明をします。間違ってたらごめんなさい。

『話を聞いている途中に上の空になってしまう人は後者』

というような感じ?
どうやら、人間は前者と後者という2種類に大別できるのだとか。

でもさ、そんなの無理だよ。
さっきの「案外時間にルーズ」と同じ。

僕はね、基本的に人の話聞いてますよ。
でも、聞いていない時があるの。

誰でもそう。聞いている時と聞いていない時があるんですよ。

僕知井さんの話ですら、聞いている時と聞いていない時があるし、たぶんそれ知井さんもわかってると思う。
「あ、まさと聞いてねーな今」「聞こえちゃいるけど聞いちゃいないな」っていうね。
僕も、知井さんに同じこと思うことがある。聞こえちゃいるけど、聞いちゃいないっていう。

それは、人間だから当たり前にあることなんですよ。
真剣に聞くって、とっても難しいことだから、
相手の言葉だけを受け取るのって、とっても難しいことだから
雑音は入ってくる。誰かの言葉に対して「ん?」って思っただけでそれが雑音になって聞いていることと思考がバラバラになるのが人間なんですよ。

あのブログの中に「1つでも当てはまれば後者です」つって4つの箇条書きがあったけれど、
僕はね、4つとも全部あてはまる「時がある」って思ったわ。

その時点で、何かがおかしいと思うんだよね。
めちゃくちゃ偏った思考してないかい?それ。
いいの?それで。まぁ、べつにいいか。

僕はさ、何事も物事の判断は、4つに分けられるって思うよ。
「そう」か、「そうじゃない」か、「どちらでもある」か、「どちらでもない」か。
選択肢が2つあれば、4つの道があるんですよ。

それを、無理やり2つに絞って思考するのは、絶対良くないことだって僕は思っているからね、
この話の最初にそれが出てきて、まったく共感できなかったのが正直なところ。

なんだけど、
なんだけど・・・!!!

そういうレッテルをあえて自分に貼ってみてから自分を観察するのと、
そういうの全部無視して自分を観察するのと、どちらの方がやりやすいか?って言うと、
前者です。レッテル貼った方が観察しやすいんですよ。

何かにあてはめた方が自分の分析はしやすい。
自分にマイナスなことをあてはめて考えるのは人間得意ではないことだろうけれど、それだってやってみた方が良い。

でも、それはね、人には通用しない。
テストとか、ゲームとかは楽しいけれど、自分分析をそのまま相手分析にあてはめるのは良くないと思うんですよ。
ま、みんなそんなことしないだろうけどね。

そんなことを思いましたね。
「二分法思考はダメだよ」みたいな話もあるんだけれど、
二分法思考的理論はわかりやすくて人気も出ちゃうんだろうね。
僕が言ってるのはその倍の選択肢があるってことだから、面倒臭いよね。
あー面倒臭い。面倒臭いわ。←A型

で、最後に、自分にあてはめて考えてみるんだけどさ、
考えてみた後に、もう一度そのレッテルの全てを捨てて戻ってくると良いと思う。
すると「あ、意味ないや」って思えることもたくさんあるからね。

そこにたどり着くための過程に、それがあるのは良いと思うけれど、ゴールではないかなって思うなぁ。
ま、そんなこと言う僕も・・・、っていうのはちょっとやめとこう(笑)。

もっと自分のことをたくさん考えよう。
考えるきっかけになってくれる理論だと思うよ。
でも、それ以上に考えることなんて、山ほどあるよ。
思考は無限だぜ。




人気ブログランキング上昇中☆
ブログ村も上昇中\\\\٩( 'ω' )و ////
1位を目指してます(笑)。
今日の記事良かったよ!という方は、
クリックしてね~~\(^_^)/
 ↓↓             ↓↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

【無料】氣愛通信メルマガ

ブログの更新をメールでお知らせ!2017年11月現在12439名がこのメルマガを購読中です☆FXの有益なノウハウが詰まったコンテンツや、セミナー情報、講演会情報、お得な情報もいち早く優先的に知ることが出来る氣愛通信メールマガジンに無料で登録してみませんか?メールアドレスを下記に入力して送信を押すだけで登録は10秒以内に無料で完了します♪
遂に知井道通公式LINE@を開始☆FXの有益なノウハウ、セミナー情報、 講演会情報、お得な情報もいち早く無料で配信中(^^♪

バーコードでも、友だち追加でも、どちらからでも簡単にすぐ登録ができます( *´艸`) 友だち追加

最近の記事

ページ上部へ戻る