あたりまえ

tamorimasato_avatar_1400729730

大阪で執筆中です☆

まさとです。

 

最近、なんの意味も無く誰かにプレゼントを渡したりしています。

そうすると、喜んでくれます。

喜んでくれると、嬉しいですね。

何かをプレゼントしたいって気持ちはあるんですけれども、

昔の僕は何かをプレゼントすること自体が恥ずかしいって思っていたなーって思い出しました。

でも、やってみる、プレゼントを突然あげたりしてみたら、素直に喜んでくれる人が多いんだなって思いました。

「これを渡しても、「何これ」って思われたら、どうしよう・・・」

っていう不安を抱いていた僕ですが、

必要無いですね。あげたい物をあげたらいいんですね。

それでいて、笑顔になってくれたら、最高に嬉しいですね。

なんて思います。

んーーーー。なんでこんな話してるんだっけ?笑

 

はい。

「あたりまえ」

ってことを考えていきたいと思います。

割と、ざっくり書きますね。

ざっくりって言うのは、「おおまか」じゃなくて「斬」って意味ですね(笑)

 

みなさん、感謝の対義語をご存知でしょうか。

それは「あたりまえ」ですね。

あたりまえっていう感覚が本当に、人生をダメにしてしまう。

という話を聞いたことがあります。

僕は、本当にその通りかも!って思って、それを実践していきました。

感謝をしよう。

感謝って、できた方がいいですよね。

自然とね。

そのためには、訓練が必要なんですね。

あたりまえのことも、あたりまえじゃないんだって思って、感謝する。

それって、大事ですね。

でね、僕、最近思ったことがあるんです。

僕はね、「あたりまえ」のことを、疎かにしているのかもしれない。

 

ある人がこんなことを言っていました。

「俺が帰りが遅くなったらな、俺はな、嫁さんにな、『大変申し訳ございません』って頭下げるわ(笑)ま、そんな話はどーでもいいんやけど、みんな、『俺が稼いでるんだから、ちょっと遅くなるくらいいいだろうが』とかって言ったりしてない?でもな、お前が金を稼いで、嫁さんを食わす、そんなのあたりまえやで。だから、それ以外の大事なことがあるんだよな。そういうことがあって、俺は頭を下げるわ」

この話を聞いた時に、僕は衝撃が走りました。

「嫁さんを食わすのはあたりまえ」

その通りだと思った訳です。

だけど、僕は「僕が稼いできてんだから」って、思ってしまうタイプの人間だと思った訳です。

そう、あたりまえのことをあたりまえじゃないって思っているからね。

でもさぁ・・・。あたりまえだよね。

あたりまえにしていればいいこともあるんだな。

いちいち、何かにつけてどーのこーのと考えるのはやめよう。

感謝って大事だけど、あたりまえでは無いって思うとね、

自分は感謝されるべき。とか考えてしまうかもしれないんです。

見返りを求めてしまうんですね。

だから、そうじゃなくて、あたりまえにやればいいんだなって思うと、別に、見返りを求めずに出来るのかもしれないってね。

つまりは、まぁ、バランスですね(笑)

感謝ばかりに偏らず、あたりまえばかりに偏らず、どちらも共存する道がある。

その、絶妙なバランスは、自分しかわからない。

だけど、その絶妙なバランスが大事なんだとやっぱり思う訳です。

 

あんまりざっくりしなかったな(笑)

僕はあたりまえのこともあって良いんだなって思っているってことです。

はい。そんな僕ですが、実は風邪が長引いています(笑)

だいぶ軽くなりましたが、まだまだ苦しんでいます☆

あぁ、健康な僕の身体…あたりまえじゃないんだなー(笑)

そゆことで、また明日♬
 




人気ブログランキング上昇中☆
ブログ村も上昇中\\\\٩( 'ω' )و ////
1位を目指してます(笑)。
今日の記事良かったよ!という方は、
クリックしてね~~\(^_^)/
 ↓↓             ↓↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

    • えみこ
    • 2014年 9月 07日

    今日のまさとさんの記事衝撃的でした。
    知人の言葉をかけられた妻は、どれほど嬉しいでしょう。
    ご飯を作って、夫の帰りを待っているのに連絡もなく待ちくたびれる
    そんなことをずっとやってきました。
    でも食べさせてもらってるんだから と言いたいことも言えずに来ました。
    そんな時に大変申し訳ございませんなんて頭を下げられたら、もう許しちゃいます。
    そして夫大好きになります。
    こんな簡単な言葉に気づけなかったり、言えなかったりするんですね。
    今日は大事なことに気づかせてもらいました。

    • たもりまさと
      • たもりまさと
      • 2014年 9月 09日

      えみこさん♬
      衝撃的ですよね。僕も衝撃的でした。
      僕は、感謝の反対はあたりまえだと思ってます。ま、それは本で読んでからそう思ったのですが、むしろ、今でもそう思っています。でも、こうやって考えることで、少し僕の行動や考え方が変わりました。なんというか、感謝を強要しなくなった感じです。だから、何かをするときにさらっと出来てしまうというか、さらっとしてくれることがわかるようになったというか、そんな感じです(笑)
      問題って、難しいようで、本当は簡単に解決するようなことが多いですね。
      飯を食わせて当たり前。って男は思いますが、女性は、今ある環境はあたりまえなのかもしれません。それだから、タンタンとこなしていけて、その中で「あぁ、あたりまえじゃないこともあるな」って思えば、本当に純粋に感謝ができるような気もします。結局は、感謝はしたほうがいいんですね(笑)
      なんてことを思いました。

    • よっちゃん
    • 2014年 9月 07日

    まさとさんへ

    目からうろこの衝撃でした!ザ・斬!!
    当たり前と思って淡々とやっていくって、カッコイイです。

    風邪が早く良くなりますように♪

    • たもりまさと
      • たもりまさと
      • 2014年 9月 09日

      よっちゃん♬
      あ、あざっす!!!
      斬でしたか(笑)ザックリ行けてよかったです(笑)
      あたりまえのことをタンタンとやっているからこそ、あたりまえのことに感謝が出来る余裕ができるのかもしれません。
      そういうバランスが、僕の心を楽にしてくれているんだと思うんですね。
      結局は、感謝をしたほうがいい。でも、感謝の強要はよくないな。っていう記事です☆
      風邪はよくなりました♬いつもありがとうございます☆

    • 田村充弘
    • 2014年 9月 07日

    おはようございます。

    必ずしも感謝がOKで、
    当たり前がNGというわけではない

    何事も一義的に決まらない
    ということですね。

    FXにも通ずるものがありますね。
    まさにFXは人生ですよね。

    氣づきをありがとうございます。
    そして、風邪が早く良くなりますように。

    つΘ(←薬)

    • たもりまさと
      • たもりまさと
      • 2014年 9月 09日

      田村さん♬
      そういうことですね。
      良い悪いは無いってことかもしれません。
      でも、良い悪いがあるのなら、感謝も良くて当たり前も良くて、でも感謝は悪くて当たり前も悪いっていう時がある。
      それは、人それぞれの中にある、自分の答えによって、千差万別ですね♬
      FXにも通じることはありますね。逆張りに囚われず、順張りに囚われず、バランスよく見ていたいなって思います。
      風邪はだいぶよくなりました♬
      薬もちゃんと受け取りました(笑)
      あざんす☆

    • りえこ
    • 2014年 9月 07日

    まさとさん、こんにちは。

    今日のお話で私はお手洗いに行くときのことを思い出しました。

    トイレってあるのあたりまえなんですけど、使ってる時と使ったあとに
    「あー、トイレがあって気持ちよく仕えて、ほんと、感謝しかないなぁ」って毎回思うんです。
    気もちがなんだか「しゅわー」ってなってありがたいんです。

    「ご不浄」とか昔ほどじゃないけどあんまり好かれてないのに、結構、機能的にはすごい施設で
    暮らしに欠かせない大切な場所で。いやがらてるものをあたりまえのように受け取ってくれて。

    あってあたりまえなんだけど同時にすごく感謝できる場所のひとつが私にとってトイレだなって思いました。
    他の人やものにも、もっとこんな気持ちに自然になれるといいなって思いました。

    今日もありがとうございます。

    そうそう、町のお医者さんで「点滴」しえもらうと「体の洗浄」になるらしく風邪なおりやすくなりますよ。
    おだいじに!

    • たもりまさと
      • たもりまさと
      • 2014年 9月 09日

      りえこさん♬
      トイレってすごいですね。
      そういったところを感じ取ることが出来ると、嬉しい事実がたくさん見えてきます。
      江戸幕府の時代は徳川家が一番お偉い侍だった訳ですが、そんな徳川さんも、エアコンは使ったことがありません。扇風機ですら使ったことがありません。だけど僕達は、扇風機があれば、エアコンもありますね。
      あぁなんて、恵まれているんだろう。むしろ、歴史に名を残しているあの人達よりも、快適な生活が出来ているってことに気付けると、あぁ、本当にスゴい世の中なんだ、すごい世界なんだ、愛だ。なんてことを考えたりできちゃいます(笑)僕もそんなことを3月にじわーっと思ったことがありました。
      すごい施設に囲まれています。それも、そんなにお金をかけずに、素晴らしい世の中になっていますよね。
      そんなことを、自然に思えるようになれば、あたりまえなんてことは無くなります。
      でも、自分にとってあたりまえが無くて、でも、誰かのために何かをするのは、あたりまえでありたいって僕は考えているんですね。そうすると、感謝を強要することはなくなります。
      だからこそ、そういった考えで、感謝を強要することなく、さらっと誰かのためになるなにかをしていきたいって思っています。
      点滴!良いらしいですね!今はだいぶ体調は戻りましたが、次回こんなことになってしまったら、考えます(笑)
      いつもありがとうございます☆

    • TAKI
    • 2014年 9月 07日

    まさとさん、こんにちは(*^^*)

    反抗期の頃、親に、「誰のおかげでご飯が食べられると思ってるの!」と、よく怒鳴られていたのを思い出しました。
    「当たり前じゃん、親なんだから」と、感謝どころか、ますます反抗してました。

    今は自分が親になり、子供も成人してますが、自分の親と同じ様に思ったことってないな、と氣づきました。
    子供に衣食住を整えるのは当たり前、と思ってました。感謝されたいというより、親として提供した物質以上の経験をさせてもらった気もするので、子供に感謝したい氣持ち。

    夫婦でも、親子でも、絶妙なバランスが感じ取れたらいいなぁ。

    いつも、ハッとする記事をありがとうございます。

    まさとさん、風邪が治ったら、身体中浄化されてますね。お大事になさってください。

    • たもりまさと
      • たもりまさと
      • 2014年 9月 09日

      TAKIさん♬
      誰のおかげでご飯が食べられると思っているの!と聞いた時に、もちろん、親のおかげだと思います。
      でもそれは、言われなくてもわかっていることですよね。
      反抗期の時でも、考えたらわかること、それに恩義は感じている、にもかかわらず反抗してしまうんですね。
      言われなくてもわかっていることを言われると、言われた本人はわかっているからこそ逆にそういうことを見せたくなくなってしまうというか、僕はそうでしたね。だから、ますます感謝していないそぶりをしてしまうんですね(笑)
      わかります(笑)すごくわかりますそれ(笑)
      当たり前のことを当たり前にこなしている。そんな時、子から「お母さんとお父さんのおかげで、ここまで育ってこれたよ。ありがとう」と聞くと、嬉しいですね。
      何も感じていない日々の淡々とした作業の記憶が、突然宝物に変わりますね。
      そういうことは、したいですね。そういう気持ちになってもらいたいですよね。
      これって、絶妙なバランスが必要なんですよね。どちらかに偏ると、当たり前に感謝されることをできないですからね。
      いつもありがとうございます☆
      風邪はだいぶ良くなりましたので、とてつもなく元気になると思います☆
      あざんす!

    • うさぎ
    • 2014年 9月 07日

    まさとさん こんにちは☆

    風邪の症状が軽くなって良かったですね~
    回復して「健康が1番」って毎回思うんですよね~
    健康なことがあたりまえではないんですよね~「分かってま~す」みたいな感じですね~(笑)

    今日は私の誕生日です~☆
    毎年、ケーキは届くんですが~今回もケーキの予約はされてるようですが~事情があって、誰も受け取りに行ってくれる人がいないらしく~今年は自分で受け取りに行きます~(笑)ケーキもあたりまえじゃなかったです~(笑)

    • たもりまさと
      • たもりまさと
      • 2014年 9月 09日

      うさぎさん♬
      そうなんです!!!!回復してから思うんですね!健康ってすごいな、ありがとうって思いますね。
      ま、風邪の時に、自分の身体をやさしく扱ってあげられるから、そういったことを思い出すことにも風邪は良い機会なのかなーと思います。でも、風邪はひきたくないですけどね(笑)
      わかってまーす。って感じですね(笑)

      お誕生日おめでとうございました!
      そして、素敵な気付きをありがとうございます(笑)
      ケーキもあたりまえじゃない(笑)笑っちゃいました♬

    • ミラ
    • 2014年 9月 07日

    こんにちは。
    私の夫は外国人で、男女平等意識が強く、妻も仕事をするのが当たり前と言う考えです。私は夫が養うのが当たり前と思っていたので、考えの違いにかなり戸惑いました。まだ、戸惑っています。ある程度の家事はやってくれますが、料理や細かい家事やもろもろを考えると、私の負担がかなりあるなと日々不公平さを感じております。外で仕事をして、家事、子育てをするとかなり疲れます。肉体労働から解放されて自宅で仕事をしたいと思っていたのと、金銭的な悩みから解放されたくてFXにチャレンジしようと思いました。私の場合、夫が養うのが当たり前と思っていましたが、文化の違い?で当たり前ではなかったので、それを夫に期待するのではなく、依存するのではなく、FXを通して自分で解決することに行き当たりました。
    そして、このチャンスに出会えた事に心から感謝してます!
    これからも、よろしくお願いします!

    天候が不安定ですから、治りにくいのですかね。
    一日も早いご回復をお祈りしております!

    • たもりまさと
      • たもりまさと
      • 2014年 9月 09日

      ミラさん♬
      たぶんです。僕の勝手な意見ですが、なんとなーく「あたりまえ」に偏ってしまっている気がします。
      そういう場合は、僕の記事とは逆で、感謝を思い出すといいかもしれません。
      お互いにそれが出来るのが理想ですが、人のことを変えることはできませんから、働いてくれてありがとう、家事をしてくれてありがとうって、あたりまえのように思えるようになれば、自分自身の考えが変わる訳ですから、起こる物事、現象は同じでも、捉え方が変わり、結果、世界が変わります。
      不公平さを感じてしまうのは辛いかもしれません。でも、世の中に公平って実は存在していません。
      みんな、違います。みんな、優劣があります。そして、親の環境によって子供の環境は変化しています。
      それを「宿命」と言ったりしますが、実は不公平なんです。この世の中は。
      だからこそ、不公平であたりまえなんだって思えれば、心は少し楽になるかもしれません。
      また、不公平であたりまえだからこそ、もっと楽になろうって強く心に決められるのかもしれません。
      なんにしても、自分が楽になることを考えた時に、相手という要素はまずは捨てた方がいいんですよね。
      じゃないと、辛いままなんです。
      その中で、期待せず、依存せず、自分がチャンスを切り開いていくって考えると、少し楽しくなりますね。
      実際に、自分がチャンスを切り開き、お金を稼げるようになったら、たぶんこう思います。
      「私が裕福な生活ができるくらいにお金を稼いであげるから、あなたもがんばりなさい」
      的な感じです(笑)
      それって、不公平を認めて、自分から働きに行っていますよね。でも、たぶんそうなるんです。
      それっていうのは、結局は「誰かのために」って気持ちがあるからだと思います。
      だからこそ、FXで楽になろうって思っている訳です。
      不公平は変わらないです。夫の考え方もたぶん変わりません。変えられるのは自分の考え方です。でもそれが、自分の見える世界を変えるきっかけになるんだと思います。
      なんてことをふと思いました。
      なんの参考にもならないかもしれませんが(^^;;)
      結果的に、ミラさんのコメントにある考え方に、僕は賛同します。

      風邪はだいぶ治りました!ありがとうございます☆

    • ひまわり☆
    • 2014年 9月 08日

    こんにちは (^o^)/ そして、初めまして!

    まさとさんは、うちの長男と同い年で、

    何か コメントしているのが、不思議な感覚になってます〜σ(^_^;)

    息子は 結婚した途端 憎まれ口叩いて 離れて行き、元気にやっているのやら´д` ;

    そうゆうのも、昔の(今でもあるかなぁ〜?)日本の概念なら、長男が長男の嫁が(怒)

    てな 感じも 無きにしも非ずだけど、そうゆう、『当たり前』も変化してますよね。

    でもね〜 親だから 解るのよー 愛情タップリ育てたから

    心にきゅ〜っと来る瞬間も訪れるだろうとヽ(´o`;

    でもね〜 主人公の自分が選んだ道だし それに 案外早くに自立してくれて 楽してまーす!

    様々な出来事も クリスタルの一面の 経験で どこを見るかですね〜。

    娘がね 「お前達は、血が繋がっているけど 母さんは他人。

    だから パパは母さんを守らなきゃいけない」って パパが言ってたよ〜って

    こうゆう 『当たり前』も 奥に触れられると カッコイイじゃーんって ね☆☆☆

    • たもりまさと
      • たもりまさと
      • 2014年 9月 10日

      ひまわり☆さん♬
      同じ年ですか(笑)それは不思議な感じですね(笑)
      親には憎まれ口を叩いてしまうもんですね。だからそれが良いっていう訳ではありませんが、どーも、お母さんにはそういう態度を取ってしまいます。僕もよくやってしまいます。
      知井さんが言っていたんですが、息子にとっての母親は女性像の象徴みたいなものなので、なんだかんだで一番かっこをつけたくなる存在らしいです。だからこそ、好きな人には冷たく当たるっていう心理が働くんでしょう、憎まれ口をたたいてしまいます。
      僕が何を言いたいのかっていうと、元気にやっていると思います(笑)
      当たり前のことをかっこいいって思えるってすごく良いことですよね♬
      なんか、僕としては、さらっと当たり前だっていって、かっこつけて何かをしていきたいし、してあげたいなーって思ったりしてます。
      いつもありがとうございます。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

【無料】氣愛通信メルマガ

ブログの更新をメールでお知らせ!2017年11月現在12439名がこのメルマガを購読中です☆FXの有益なノウハウが詰まったコンテンツや、セミナー情報、講演会情報、お得な情報もいち早く優先的に知ることが出来る氣愛通信メールマガジンに無料で登録してみませんか?メールアドレスを下記に入力して送信を押すだけで登録は10秒以内に無料で完了します♪
遂に知井道通公式LINE@を開始☆FXの有益なノウハウ、セミナー情報、 講演会情報、お得な情報もいち早く無料で配信中(^^♪

バーコードでも、友だち追加でも、どちらからでも簡単にすぐ登録ができます( *´艸`) 友だち追加
ページ上部へ戻る