ニュアンス

tamorimasato_avatar_1400729730

大阪の朝です☆
オー!!サカー!!!ストラット!!!!!ジャスキポーーーーン!!!!!!
っていうぐらいにテンション高くはありません。
これは、正直に申し上げて、前々日に書いている記事なのですが、
僕は今、二日酔いです。(のはずです)
昨日は新年会もありました(のはずです)
いつものようにビールをチェイサーに芋焼酎ロックを飲んだ(はずの)僕は、今すごく二日酔い(のはず)で、頭痛がして(いるはずで)もう大変(のはず)なんです。
まぁでも、お酒は辞められませんね。
(とか言っていて、ぜんぜんお酒飲んでなかったらどうしよう。という一抹の不安が・・・)

はい。まさとです(笑)
本当にくだらないことが好きな僕です。
だって、この前置き、本当にくだらないでしょ(笑)

なんてこった!!!!

あー、僕の決め台詞もだいぶパターン化してきましたねー。本当に。

「あ、嘘です」
「どーでもいいですね」
「なんてこった!!」

この3パターンは、乱用しております(笑)

いやー、しかし、眠たい(はず)ですね。
今から寝ます。
夢で会おうぜ・・・(知井さんのぱくり)

あ、嘘です(笑)
どーでもいいですね(笑)
え?本当にどーでもいいって?
なんてこった!!!!!!!!!!!!!!

w

ーーーーー

 

えー。ごほん。笑
本題いきましょう。
最近の前置きは割とテンション高いの多いなー(笑)

えー、いつも「許容できる○○」なんてお話をしています。
自分はどの物事のどこまでを許容できるのか。
それが、1から10まであったとして、1までしか我慢できない人と9までなら我慢できる人と、
我慢というか気にもならない人と、なんとか我慢出来る人と、いろいろです。
で、それって人それぞれバラバラなので、答えがありません。
結局は、自分でどれくらいなのかを感じる、もしくは“決める”必要があると思います。
ででで、もちろんですが、なるべくなら大きな心になれるよう、
たくさんのことも許容範囲で許してあげられるような自分になりたいなって思う訳です。

ただ、ここで1つ、難しい問題があるなってことに最近気付きました。
それがですね・・・

「ニャアンス」

です。
微妙な色の違い、物事の微差、ほんのすこしの差異、
そして、その表現方法を「ニュアンス」って言ったり言わなかったりするんですが、
伝えたいニュアンスと伝わってしまったニュアンスに、差が出てしまった時、
許容できることと許容出来ないことのギャップが生まれてしまい、
人間関係がこじれることがあるなって思った訳です。

まぁ、簡単に言うと、
いつもなら許せることってあって、
例えば、僕の場合は毒を吐いて笑いを取ることがあるんですが、
まぁ、知井さんと一緒の時は毒吐いて笑ってるんですよってことなんですけど(笑)
そもそも仲良しになった経緯の話とか聞いたことありますか?
ある居酒屋で僕が猛毒を吐きまくっていたことで仲良しになったって経緯もあるんです(笑)

で、そんな話は置いておいて、
毒を吐いて笑うんですが、これが僕の笑いの取り方の1つなんですけど、
そこでニュアンスの違いが出てきて、捉え方が変わってしまうと、
全然笑える話ではなくなってしまう・・・というような感じです。

で、ニュアンスが違うから、
「なんでそんなことで怒ってるの?」とか、
「それってなんか違うんじゃない?」とか、
「そんなつもりまったくねーんだけど」とか、
「そんなつもりがなくても言っちゃいけないんだって」とか、
もう、そういった終わりの無い討論が始まってしまうんですよね。

はぁ、なるほどなぁ。って考えていたんですけど。

で、僕はどちらかと言うと「なんでそんなことで怒ってんの?」っていうタイプなんです。
毒吐いて笑わせようってしてしまうからなんですけど(汗)
本気で、じめっとした空気でどんよりした雰囲気で「くそが・・・」とか言っている訳ではありませんよ(笑)
例えばですが、僕の言葉が悪いことってもちろんあるんですが、言葉に気を付けて毒を吐いていることもあって、
それで、まったく別の捉え方をしてしまい、険悪なムードになってしまうってのもあるんです。
まぁ、いまのところは、身内以外ではあまりそういう事件は起きていませんが(笑)

で、ニュアンスが違うんだから、しょーがないんですよね。これ。
そんなつもりはないから、何が悪いのかまったくわからないのに、そんなこと駄目って言われたら、嬉しくもなんともないし、
その毒舌をジョークとして捉えてくれる人は他にたくさんいて、笑えって話し合える人もいるんだから、
それならもうあなたと話しませんってなりますよね。
僕がって訳ではありません。例えばの話です。

でも、逆の人も同じですよね。これもまた、ニュアンスが違うんだからしょーがない。
そんなつもりはなくて、自分は本気で傷ついてしまった。だから、そんなこと言わないでよってなっているのに、
相手はまったく悪びれる様子もなく、そんなつもりはないし、なんでそんなふうに捉えるのって逆に怒られてしまい、
なんなのもう!ってなる。
僕がそういう経験があったって訳ではありませんよ。例え話です。

 

まぁ、そういうことなんですけど、
これを、どのように僕は許容していけばいいのだろうって考えたんです。

ニュアンスの違いです。

とは言っても、意外に簡単ですね。
我慢すればいいだけの話ですもんね。
あー、ぜんぜん解決になっていません。
これは、解決方法がありません。
1つ言えるのは、喧嘩になるくらいならその人に話を合わせて、
別のところではまた同じように話していけばいいってだけのことかもしれません。
または、もう会わない!なんて決めてしまってもいいかもしれません。

でも、これまた意外と、本人同士なら割とすぐに仲直りできたりするんですよね。
あ、話が飛躍してしまったかもしれませんが(笑)
実は、本人同士で話し合えれば問題無いんです。
問題は、このニュアンスを、第三者から伝えられた場合です。

例えばですね。
毒舌Aさん。繊細Bさん。(これまで紹介した感じの人達ってことにしましょう。)
そして、中立Cさんが居たとしましょう。
というか、毒さんと、細さんと、中さんにしましょうかね。
あ、いや、中さんだと誰もが本物の中さんを想像してしまいかねないのでやっぱりABCにしておきましょう(笑)
ーーーここからは完全なる作り話です。

Aさんは、Bさんをおもしろおかしくいじります。
一緒に居る時には、だいたいAボケとBツッコミという感じで、
Aがいじりたおして、Bがそんなことねーわ!とツッコむ感じです。
それを見て、みんなが笑います。
AさんもBさんも、この2人の形を認めていました。

ある日、AさんとBさんの普段の感じを知らないCさんがやってきました。
その場所には、Aさんがいて、Bさんはいませんでした。
おもしろおかしく、AさんがCさんら他のみんなにBさんのことを話します。
いつものようにいじって、いつもの感じなんです。
で、そこに居た人達、みんなで大笑いしていたとしましょう。
しかし、Cさんは笑いと悪口のニュアンスの差がわからなかったようで、
“バカにして笑っている”と捉えてしまいました。

CさんはBさんに伝えます。
バカにして笑っていたよと。
Bさん、これからもAさんとは付き合っていくけれども、なんか釈然としません。

とある日、Bさんは思い切ってAさんに言います。
「おまえ、オレの悪口言ってるらしいじゃん」
そしてAさんは答えます。
「はぁ!?何言ってんの?」
「いや、そうやって聞いたんだけど」
「いつもの感じじゃん」
「いや、なんか、それって違うんじゃないの」

という具合です。
まぁね、これは本当にAさんが駄目なパターンもあります。
でも、この関係っていうのは、AさんとBさんが仲良しで、
お互いにそうやって笑いを取るってことを認めていたってのが条件についてます。
つまりです。お互いのことをよく知っているんです。
でも、第三者の意見が入ってきて、ニュアンスを変えて伝えられると、こうなるんです。
いやー、まじで、こうなるんですよ。

これ、どうしたらいいんでしょうね。
僕がAさんなら、正直なんでそうなってしまったのかわからなくなってしまいます。
僕がBさんなら、正直なんで急にそんなこと言い出したのかわからなくなってしまいます。
でも、Aさんはいつもの感じです。
Bさんは、いつも感じじゃないと捉えているんです。
どっちが悪いとかはないんですけど、そういうことがあるってことですね。

なんで、そうじゃなくってね、決めつけてかかるのではなくって、
なぜそう言ったのか?とかを考えたり、聞いてみればいいじゃないですか。
いつもの感じ。ツッコミ役がいなかったからいつもよりウケてないのかも。とか、聞けるじゃないですか。
Aさんも、そういうことがあるのなら、同じような失敗がないようにするよって考えられるじゃないですか。
でも、第三者のニュアンスに偏ってしまって、そういう意見にしかならないのは、嫌なんです。
いろんな視点で見てみたいですね。
とまぁ、この例え話を教訓にですね、
僕は、誰かの何か、その背景をいつでも想像して人と接したいなって思った訳です。
その人の背景ですね。
いつもは許容できないことでも、背景を知ることで「それならまぁ・・・」ってなることもありますね。
で、それならまぁって、自分の器が大きくなった瞬間のような気がします。
気がしているだけです(笑)

そういうことをイメージしながら、
人に優しくなれたらなって思うんです。

そんなことを、ふと思いました。

ちょっと、収拾付かない話してしまってすいませんね。
これについては、解決策は、自分が相手のことを考えるようにしようってことで終わりにしました(笑)
みなさんの中で何か、良い考え方があったら教えて下さいね♬

さて、今日は月曜日です!
今日は、名古屋でとあるFX仲間たちと勉強してきます♬
それではみなさん、今日も昨日と同じくらい元気に行ってらっしゃい☆
あざんしたー☆
 




人気ブログランキング久しぶりに5位まで上昇中☆
1位を目指してます(笑)。
今日の記事良かったよ!という方は、
クリックよろしく押してね~~\(^_^)/
 ↓↓             ↓↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

    • よっちゃん
    • 2015年 1月 12日

    まさとさん
    おはようございます!
    私はまさとさんの前置きの大ファンです!
    めっちゃおもしろいです。
    なので、前置きが終わったら大満足しちゃって、
    本文読まずにランキング押してます。
    あ、嘘です(笑)
    今日の例題のようなこと、ありがちですよね。
    そんなとき、どうするかな?
    って一緒に考えながら読んでいました。
    我慢も、してばっかりでは辛くなる。
    という場合もありますが、
    我慢が器を広げる場合もありますね。
    そんなときの我慢は、
    我慢が我慢で終わってないのですよね。
    自分で決めた自分の枠をゆるくしていけたらいいなと
    思いました!
    ありがとうございます!

    • たもりまさと
      • たもりまさと
      • 2015年 1月 14日

      よっちゃんさん♬
      こんばんは☆まさとです♬
      前置きの大ファン!!!?????
      なんてこった!!!笑
      前置きで満足してしまう方がいたなんて(笑)
      笑ってしまいました。
      我慢が器を広げる。良い言葉です。
      少しくらいの我慢は、世の中生きていくうえで必要です。
      我慢がいつか「まぁいいか」となったら、それは我慢でなくなりますしね。
      そうやって、許容できるスペースが広くなる。
      つまりは器が大きくなるってことなのかもしれませんね。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

【無料】氣愛通信メルマガ

ブログの更新をメールでお知らせ!2017年3月現在12439名がこのメルマガを購読中です☆FXの有益なノウハウが詰まったコンテンツや、セミナー情報、講演会情報、お得な情報もいち早く優先的に知ることが出来る氣愛通信メールマガジンに無料で登録してみませんか?メールアドレスを下記に入力して送信を押すだけで登録は10秒以内に無料で完了します♪
遂に知井道通公式LINE@を開始☆FXの有益なノウハウ、セミナー情報、 講演会情報、お得な情報もいち早く無料で配信中(^^♪

バーコードでも、友だち追加でも、どちらからでも簡単にすぐ登録ができます( *´艸`) 友だち追加

最近の記事

ページ上部へ戻る