きれいごと

tamorimasato_avatar_1400729730

おはようございます♬
大阪の朝です☆まさとです。

今日はね、前置きはね、ありません!!!笑
わざわざ強調して言う必要もありませんが、
そうですね、前置きはね、ありません!!!!
この文章には、何の意味もありません。笑

今日はふと、タイトルが思い付きました。
それは、「きれいごと」
僕は、きれいごとが好きです。

 

きれいごとってなんでしょうか。
これって、昔記事に書いたことはなかったかな?
ないか。
覚えていません(笑)

あ、きれいごとってなんでしょうか。

綺麗事=表面だけを立派に取り繕う事。

なるほどね。
表面だけが綺麗で、中身は汚い前提ですよ。
あー、まさにそれが綺麗事ですね。

だけど、僕は思うんです。
綺麗事を実現することが出来れば、本当に綺麗。

表面だけを取り繕う。
人って、みんな、最初はそうじゃないですか?

僕はね、人の悪口は言いたくないって思います。
言いたくないんです。
言って良いためしはそんなにありませんから。
聞いている人達が良い気分になることはあんまりありませんからね。

先日「ニュアスン」っていうタイトルの記事を書きましたが、
その記事の内容は少し置いておきます。

良くない言葉ってあります。
漠然とね。
でも、良くない言葉で笑いを取っているお笑い芸人もいます。
それはそれで、すごいことです。
良くない言葉を笑いに変えるのはすごいことですよね。

ただ、今も言いましたが、漠然と良くない言葉ってありますね。
それに「想念」なんていう力が働いて、
同じ「バカ」でも、傷つくバカとそうでないバカが出てきたりするのかもしれません。

で、僕は、そういうことを言ってしまう人間です。
言葉が汚いことが多い。
それは僕が未熟だからです。
単純です。

そんでもって、僕は、意識する訳です。
人前ではなるべく言わないようにしよう。
そうです。表面上で取り繕っている訳です。
違うところでは、どーしても出てしまう時がある。
でも、極力出さないようにする。
「まさとさんって人の悪口言わないですよね」ってたまに言われるんですが、
そう思ってもらえると嬉しいですね。向上出来ています。
でも、悪口言ってしまうこともあります。
なぜなら、まだまだ僕は未熟だから。

はい。これは綺麗事の状態ですね。
まさしく、って思いませんか?
僕は、綺麗事をしているんです。
出来ていないけれど、出来ているように見せる。ってことらしいんですけどね。

でね、これ、いっつも思うんですが、僕が疑問に思うのは、
「出来ているように見せる必要がない」っていう意見に対してです。

なんでなのかなぁ?

出来ているように見せて、本当は出来ていない人がいて、
それが気持ち悪いって言う人がいるんですね。
今、僕が説明した僕の像を感じて気持ちが悪いって言うんです。
はは(汗)

でもさぁ、なぜ綺麗事をやっているのか、その理由、もしくはその背景を考える。
つまりは“想像してみる”ってことなんですけどね。
想像するだけで、物事の見え方はガラっと変わります。
って僕は思います。

完璧じゃないからこそ綺麗事が気持ち悪いと感じるということは、
どこかで、完璧で居たいって思っているからだと僕は思うんですよね。

僕達は、不完璧だから完璧を目指す為に日々綺麗なことをしようと思うんです。
で、そうしているとね、不完璧が前提であるからこその完璧なので、
綺麗事をしていてもね、がんばっているんだなぁって思えるんです。
綺麗事だって気持ち良く聞けるんです。
「たしかにそうなるといいな」って思えること、
綺麗なことだから「綺麗事」なんですよね。

完璧じゃないからこそ綺麗事が気持ち悪いっていうのは、
つまり綺麗事の感覚になれないからですよね。
綺麗事ってつまりは綺麗なことってことですから非常に綺麗な状態なんですけど、
それを取り繕うのか完璧に綺麗な状態になるのかの違いってことですよね。
だから、完璧にそういう状態にならないと、そんなことしちゃいけないってことですよね?たぶん。
となると、心のどこかではやっぱり完璧を求めているのかな。って思う。

だって、完璧じゃない前提があるのなら、綺麗事言ってたって、
「不完璧だからこそ、こうやってこの人も一生懸命がんばっているのかも」
って思えるかもしれませんよね。
まぁ、あくまでも可能性ですけどね。

そこに集まる人達も、同じなんじゃないかな。
自分を向上させたいから、誰かのもとへ行くんでしょう。
自分に足りないと思っている何かを持っている人のところへ行くんでしょう。
そして、真似をしますよね。まずはやってみますよね。
その状態って、「とりあえずやってみる」ってことだから、取り繕ってるって捉えられるよね。
だって、最初っから「あ!考え方変わりました!」なんて人居ないもんね。
徐々に徐々に、一所懸命になって、意識して、やっていくんですよね。
つまり、まずは外見からなんじゃないかなって。
外身を良くすることから初めて、中身も良くなっていくのかもしれないよね。
言葉を綺麗にするから、心が洗われていくんですよね。
うぅ、まだ僕には全然できていない(汗)

だから、いつも僕は思うんです。

綺麗事だ!綺麗事だよ!と言ってね、
何かを吐き捨てる、つまりは「そんなこと無理だよ」って思う訳です。
するとね、向上心すら消え失せてしまうんじゃないかと。

僕は、綺麗事で生きていきたい。
綺麗事だったのが、本当の綺麗を作ることだってあるよ。って思う。

ちょっとぐらい失敗した方が人間らしい。
そうですね。
でも、ちょっとぐらいの失敗でさえも、
「なぜ失敗したのか?」と考えて、
次はもっと良くできるようにしようと思うのが人間ですよね。

綺麗事の状態って、そういう状態じゃないかなって思う。
まぁ、僕が思う綺麗事の状態はってことですけどね。
完璧じゃないからこそ、綺麗事を言って、まずは外身からでも自身を向上させていきたいと思っているだけです。

「本当の自分」とじゃなくて、「自分がどうなりたいか」なんで、
美しく生きたいなら、どんどん綺麗事言っていけばいいんじゃないかな。
自分って、常に捨てまくって生きていますから。
家の自分。仕事の自分。運転の自分。友達の自分。仲間の自分。
全部微妙に違いますからね。
だから、本当の自分なんてことを考えるんじゃなくて、
そういったいろんな自分がある中で、一貫して「やさしくなりたい」とか、
「素敵な言葉を使える人でありたい」とかって、思うんです。
だから、本当の自分とかじゃなくて、
「自分がどうなりたいか」だと思っているんですよね。
あ、話が少し逸れました。

まぁ、たまにね、「それは絶対今はできない」っていう綺麗事もあるけどね(笑)
『何言っちゃってんのよ!?」っていうのもあります(汗)
物事には限度がありますからね。

僕が言う、綺麗事っていうのも、人それぞれ捉え方が違うけれど、
僕は、本当は出来ない人がね、人前でできるように努力している。
そんな人は僕は好きですってことです。
もちろん、出来ないくせに出来るように見せていて、それでいて“偉そう”にしている人はあまり好きにはなれません。
ただ、普段悪口言いまくる人が、人前では一切悪口言わないとかね、それって取り繕ってるでしょ。
僕は、そういうことが出来る人の方が好きです。

いいえ、もっと言えば、外も中も悪口を一切言わない人の方がいいんですけどね(笑)
これは、例え話です。

まぁ、僕が言いたかったこと、あったりなかったりですけど、
ここまで書いていて思いました。

どっちでもいいや(笑)
どーでもいい(笑)

綺麗事で生きてもいいし、綺麗事は嫌いでもいいです。
どっちでもいいですね。
結局そうなります。

そうなんです。
最終的には、いつものこれなんです。

綺麗事で生きつつ綺麗事を否定する、その狭間に居ると、どちらも扱える。

ってことです。

バランスです。

はい。今日はここまでで終わります。

あざんした☆
 




人気ブログランキング久しぶりに4位まで上昇中☆
ブログ村も5位まで上昇中\\\\٩( 'ω' )و ////
1位を目指してます(笑)。
今日の記事良かったよ!という方は、
クリックしてね~~\(^_^)/
 ↓↓             ↓↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

【無料】氣愛通信メルマガ

ブログの更新をメールでお知らせ!2017年3月現在12439名がこのメルマガを購読中です☆FXの有益なノウハウが詰まったコンテンツや、セミナー情報、講演会情報、お得な情報もいち早く優先的に知ることが出来る氣愛通信メールマガジンに無料で登録してみませんか?メールアドレスを下記に入力して送信を押すだけで登録は10秒以内に無料で完了します♪
遂に知井道通公式LINE@を開始☆FXの有益なノウハウ、セミナー情報、 講演会情報、お得な情報もいち早く無料で配信中(^^♪

バーコードでも、友だち追加でも、どちらからでも簡単にすぐ登録ができます( *´艸`) 友だち追加

最近の記事

ページ上部へ戻る