不自由2015 vol.2

DSC_0254

はぁ〜!!
なるほどな〜。
『「満足」と「不満足」は独立した個である』

「動機付け要因」と「衛生要因」というのがあるそうです。
まぁ、もうすでに、名前が難しいから、簡単に言うと、
満足感を得られる原因となるものがあり、それを満たすことができれ初めて満足するが、それが満たされないことが不満足につながるということはない。不満足を感じる原因となるものがあり、それを満たしたからと言っても満足感を感じるものではない。
というもの。

満足できる事柄と不満足を感じる事柄は、意外と近いところにあったりします。

もっと細かく言うと、こんな感じになります。
不満足を感じるところ=「あたりまえと感じていることが満たされていない」
満足を感じるところ=「自分の目的や目標を達成できた瞬間、その他自分には得られらないようなものを得られた時」

もっともっと細かく言うと…っとっと!
このあたりで止めておきます。(本当はもっと細かく説明するスキルがありません汗)
とても簡単に言うと、こんな感じです。

あたりまえと感じていることをいくら満たしても、満足は得られないよね?
でも、あたりまえじゃないことを満たされたら、とてつもなく満足することができるよね?

ディズニーランドって、ぜんぜんあたりまえの世界じゃないよね。夢の世界。
だからこそ、満足できるんだろうな。
吉野家の牛丼ってめっちゃうまいけど(すごく好きです)、ディズニーランドの入場料分くらいの吉野家の牛丼を日を分けて食べても、ディズニーランドほどの満足感は得られないよね。
それはたぶん、あたりまえにある前提があるから、なのかもしれません。
もっとわかりやすく言えば…っとっと!
これくらいでやめておきます。(本当は良い例え話が思い付かなかっただけです汗)

そもそもディズニーランドと吉野家を比べんなよ…って話になるんですけど(笑)

例えばですが、スピリチュアルや精神世界というのは、吉野家の牛丼をディズニーランドにしよう!って言ってるような感じかな?
「有り難し」「当たり前じゃない」「奇跡」
そう感じることで、ものすごく嬉しい気持ちになることができる。
だから、ストーリーを考えるのです。
「この器を作った人」「この牛肉はどうしてあるのか」「タマネギを作った人」「出汁のもとになったいろいろな物とその人との関わり」
「そして、目の前で接客してくれているこの人」
この全ての中の誰か1人でも欠けたら、この牛丼は食べれていない。
すごい!世の中って、僕のためになってる!僕のために動いてくれている人がこんなにもいる!
なんて素敵なんだ!嬉しいなぁ。
と思いながら牛丼を食べたら、一口一口噛み締めて味わうごとに嬉しさと感動が味として現れてきます。
『う、うまい!!』

とんでもなく幸せになれるように。
自分がそう感じることが出来ると、幸せですよね。

しかし、ディズニーランドは違います。
非現実的であたりまえじゃない楽しくて幸せな世界をすでに作ってしまっているのです。
自分達が何をどう思って感動を味わうのか…って考える。その必要性が無いのです。
だから成功できるのではないか?と僕は思ったりするのです。

仕事と自分は別物。

「あたりまえじゃない」という感覚を持つことで嬉しい気持ちになるんですが、
でも「あたりまえなこと」という感覚が消えたら仕事はうまくいかなくなるんじゃないかな?

人間が持つ「欲求」というものは、冒頭でも説明したように、
「あたりまえのこと」と「あたりまえじゃないこと」で得た時の快感に大きな差が出る訳ですね。

仕事をする上で、何をどうするのかと言えば、
「あたりまえ」という感覚よりも「あたりまえじゃない」という感覚をどう感じてもらえるのか?
その工夫を考えた方が良い。ということにはならないでしょうか。

そのためには?
『あたりまえ』っていう感覚を自分の中で持っていなければいけないのです。

これは…「あたりまえ」だから、まだまだ足りないかもしれない。
これも…ぜんぜんあたりまえ。あかんあかん。
これもまた…多少はいいけど、あたりまえっちゃあたりまえ。まだまだやな。
こ、これは…!!!???ぜんぜんあたりまえじゃない感覚を感じてもらえるかもしれない!!!
…みたいな感じ?ですかね…笑(わかりません)

「えーー!!そんなんおかしいーじゃーーーん!!」って思う?
「何事にも感謝した方が良い」って思う?
「常にそういう気持ちで居た方が自分は幸せじゃん」って思う?
「有り難しだよ」って思う?そうした方が仕事も成功できると思う?
わかります。
だから、これもまた矛盾なのです。

世の中の成功者に共通しているのは「感謝」と「使命感」を強く持っているということ。
だから、感謝しなきゃいけない。なんで感謝できるかって言えば、あたりまえなんて無いことを知っているから。
それもまた、真実なのです。

僕達は自由です。吉野家の牛丼ですら、めちゃくちゃおいしい物に変えられるし、奇跡の一杯に変えられる。
でも、世間には不自由もたくさん溢れているのです。
「あたりまえ」の壁に囲まれているのです。
あたりまえの不自由の中に、自由な感動を与えられるよう、仕事をするうえで工夫をしていくことによって、
本当に楽しい何かがみんなとできるんじゃないでしょうか。

と思った訳で…

「不自由の中に自由を」
というのは、もうずーっと昔から言ってきた僕の好きな言葉なのです。
不自由の中に自由をって、つまりは、別々に考えようってことだったのかなって最近思いました。

不自由と自由はそれぞれ別々の個なのです。
不自由に感じることが満たされても自由だって思うことは少ない。
自由だと感じることが無くなっても不自由だって思うことは少ないのかもしれません。

いいや、不自由じゃなくなったら、自由になったって思うことだってたくさんあります。
でも、不自由と自由は常に表裏一体ではなく、共に存在しているのは事実だなと思って。

だから「自由」を求めるのでもなく、もちろん「不自由」をもとめるのでもない。
両方知っていて、初めてその上の「何か」に到達することができるんじゃないか。

 

と、なにを言いたいのかわからなくなってきたんですけど(笑)
不満足の中に満足を探すのではなくて…不満足とは別に満足を探さなければいけない。
だから、不自由の中に自由を探すのではなくて…不自由とは別の自由を探さなければいけない。
不満足も不自由も知っておくことが、満足や自由につながるんだな。
って思いました。

うーん。今日は、よくわかりません。汗
ということで、お疲れさまでした♬

 




人気ブログランキング上昇中☆
ブログ村も上昇中\\\\٩( 'ω' )و ////
1位を目指してます(笑)。
今日の記事良かったよ!という方は、
クリックしてね~~\(^_^)/
 ↓↓             ↓↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

【無料】氣愛通信メルマガ

ブログの更新をメールでお知らせ!2017年11月現在12439名がこのメルマガを購読中です☆FXの有益なノウハウが詰まったコンテンツや、セミナー情報、講演会情報、お得な情報もいち早く優先的に知ることが出来る氣愛通信メールマガジンに無料で登録してみませんか?メールアドレスを下記に入力して送信を押すだけで登録は10秒以内に無料で完了します♪
遂に知井道通公式LINE@を開始☆FXの有益なノウハウ、セミナー情報、 講演会情報、お得な情報もいち早く無料で配信中(^^♪

バーコードでも、友だち追加でも、どちらからでも簡単にすぐ登録ができます( *´艸`) 友だち追加
ページ上部へ戻る