良い失敗をしよう

IMG_2032

失敗は成功の素か、
失敗は大失敗の素か、
どちらでもある。

1つ言えることは、
素とかじゃなくて、
失敗は失敗。

エジソンは失敗を失敗だと思わずに、
数多くの成功をしてきたと言って努力を続けて、
電球のフィラメントだっけな。それに合うものを探した。
それまでの失敗は数え切れないほどあったっぽい。
でも、その全てに「合わない物を知った」という成功を感じたらしい。

そこから生まれた言葉なんでしょう。
「失敗は成功の素」

でも、失敗ばかりに気を取られてしまうと、
失敗が起きてしまう。
演奏とかをする時に、間違えないようにしよう!
とばかり思ってしまって、なぜかわからないけれど、
いつも間違えないところを間違えたりしてしまい、
いつも間違えないからいざ間違えた時にパニックになってしまう。
なんて経験もある。

失敗ばかりに目が向けば、
大失敗につながってしまう。

ま、どちらもある。

だから?どうしよう?

関係ないや。笑

失敗は失敗。で良いと思います。

 

『負けたくない。そうなんだけど、負けた。』

そういう時ってあるよ。
あ、どーも。まさとです。こんにちは。
今日は東京にいます。

いやー、最近ねー、ジョギングなんですけど、
5キロ28分切りましたー!やったー!
おかげで、足の裏がものすごく痛いですねー。
強い衝撃を与えすぎると足の裏って固くなって張るそうなんですが、
それをマッサージすると気持ちが良いですね。
でも、マッサージで強い負荷をかけると余計に固くなっていくのです。
強くなろうとしてね。
なので、最近はとにかく足の裏をあっためています。
良いのか悪いのか、わからないけれど、体験が一番!
あっためた後は、足の裏痛くないんですよね。

で、早く走れるようになったってことは、
体力がついたってことですね。
これがまた、FXに関わってくるのかっていえば、
なんかこう、じっくり見れるようにはなりましたよね。
昔より。

運動って、心を強くすると思います。

えーっと、話が逸れました(笑)

 

で、今日の話は良い失敗って話です。

FXの話をしますけど、
利益を伸ばすために、まずは心を鍛錬しなければいけない。
そういうわけで、筋トレだの、湯船に浸かるとか、サウナとかも良いかもね、ジョギングとかしてね、
もうだめだ…のその先へ!行こうと試みているのです。

で、それで見えてきたことがある。
それは、良い損切りと悪い損切りがあるということ。

もう1つ言えることは、
良い利確と悪い利確があるということ。

もともと相場って、上がるか下がるかだけど、
人間として相場を判断するとしたら、4つの選択肢があるんです。

「上がる」

「下がる」

「上がらない」

「下がらない」

ニュアンスの違いです。
でも、このニュアンスの違いを無意識に区別しているのです。

で、当てつけでもありますが、
決済にも4つの種類があっても良いなと思うのです。

だから、良い悪いの2種類の利確と損切りがある、計4種類ということになります。

さて、ここでの題材は「良い失敗」
つまりは「良い損切りとはなんだ?」というお話です。

 

エピクロスっていう哲学者が、紀元前300年くらいの頃から、
こんなようなことを言っていたそうです。

無思考で運が良いよりも思考して運が悪い人の方が勝っている。

うーん。まぁ、運は良い方が良いんだけど…(笑)
つまりこういうことです。

「悪と判断されたものが偶然成功するよりも、善いと判断されたものが失敗する方が勝っている」

 

さて、ここに「良い損切り」のヒントがありました。

 

よく聞かれるのです。
「持ち続けたらマイナスになっちゃう」

またはこんなことを言われるのです。
「利益が出てたのに損切りになるのが嫌だ」

でも、よく考えてみれば、
持ち続けないと利益は伸びない。

以上を考えて、エピクロスの言葉風に言えば、

「一時の感情に任せて薄利で決済するよりも、利益を伸ばせると判断した結果損切りとなった方が、利益を伸ばせる可能性を秘めている」
ということではないか?

僕は思ったのです。
持ち続けたらマイナスになって損切りをするのは、良い損切りかもしれない。
だって、そこで損切りをしなかったり、薄利で決済したらどう?

薄利が続く。利益が伸ばせない。

そして、同時にこう思う。
『損切りの幅を増やす』
損切りの額を増やせば引っかかる可能性が下がるから、いやむしろ、損切りをしないくらいの気持ちでやっちゃう。

そうじゃない。
利益が出ていたけれど、決められた損切りをし続ける方が、
成功した時の利益は莫大なものになるって誰でもわかることですね。

だから、それって、良い損切りなんです。
切っていなければ方向性は間違っていなかった…という場合もあるけれど、
そこは切るべきなんです。
利益が出て、損切りになる。そのあと思惑の方向へ行った。
そんなことはよくあることです。
でもそこも、切るべきなんですよね。

それを続け、「持ち続ける」ということを覚えて、
さらに「損切りはする」というルールを守ることができれば、
おのずと、こういう状態になります。

「利益は長く見てられる。損失は長く見てられない」

相場で負けるパターンは、
「利益は長く見てられない。損失は長く見ていられる」

 

よく考えてしまう問題、
利益が損失になることの恐怖、
それは悪いことのよう。
そこで損切りをしたら「なんてこった」って思ってしまう。
利益を出せるに越したことはない。

けれども、
利益が損失になって、それを損切りするくらいの方が、
その後の可能性は大きなものになるんだな。
ってことに気付いたのです。

 

今、やっている損切りは、どんな目的があるのだろうか?

利益を伸ばすための損切りになっているだろうか?

なっているのなら、それは続けた方が良いですね。

 

良い失敗。
良い損切りをしましょう。

 




人気ブログランキング上昇中☆
ブログ村も上昇中\\\\٩( 'ω' )و ////
1位を目指してます(笑)。
今日の記事良かったよ!という方は、
クリックしてね~~\(^_^)/
 ↓↓             ↓↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

    • 又村明美
    • 2016年 1月 29日

    まさとさんのお話すごく解りやすいです!こんなに深い意味を、もっていたとは。。。

    • たもりまさと
      • たもりまさと
      • 2016年 1月 30日

      又村明美さん♬
      こんにちは。まさとです☆ありがとうございます!
      わかりやすくお話できることを心掛けていますが、もうちょっといろいろな方向からお話できるように、それでいてテーマの軸がブレないような記事を書けるよう日々勉強していきます(^^)
      ありがとうございます!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

【無料】氣愛通信メルマガ

ブログの更新をメールでお知らせ!2017年11月現在12439名がこのメルマガを購読中です☆FXの有益なノウハウが詰まったコンテンツや、セミナー情報、講演会情報、お得な情報もいち早く優先的に知ることが出来る氣愛通信メールマガジンに無料で登録してみませんか?メールアドレスを下記に入力して送信を押すだけで登録は10秒以内に無料で完了します♪
遂に知井道通公式LINE@を開始☆FXの有益なノウハウ、セミナー情報、 講演会情報、お得な情報もいち早く無料で配信中(^^♪

バーコードでも、友だち追加でも、どちらからでも簡単にすぐ登録ができます( *´艸`) 友だち追加

最近の記事

ページ上部へ戻る