間違える直感

DSC_0254

ダニエル・カーネマンという心理学者をご存知でしょうか?
哲学者と言っても良いかもしれませんが、
かの有名な「プロスペクト理論」でノーベル経済学賞を獲った方です。

FXをするのなら、プロスペクト理論は知っておいた方が良い。
超簡単に言うと、人間は利益よりも損失を恐れている。ということです。

『危険は好機より優先』が人間の心理の1つ。

それにより、ありそうもない危険が、
あたかも自分の身に降り注ぐかのような想像を膨らましてしまう。

ある日「とんでもなく悪いことが起こる夢を見た!まさと気をつけなさい!」
と言われたことがあるんですけど、
それもプロスペクト理論だね。だって起こってないもん(笑)
嫌なことや、悪いことの方が、良いことよりも目が行く特徴がある。

それと同様の理由から、
宝くじに当たるという『ありそうもない出来事』の確率を大きく見積もってしまう。
ポイントは「大きく見積もる」というところです。
確率を確率として冷静に見ることができなくなる瞬間がある。

それはつまり、トレードで言えば、
多大なる含み損を抱えていて、それが利益に変わる確率を過大視・大きく見積もってしまう。
ということ。

『含み損が利益に変わるには、約5円くらい戻ってくれないといけない。
でも、なんとなく戻る気がする。だから、ナンピンしよう。』

この「なんとなく戻る気がする」と、思ってしまうのが人間の癖なのです。
なんとなく戻る気がするだけで、戻る根拠ではない。
根拠というのは自分が自身で作るものなんだけど、
自身で根拠を作ることなく、どこからともなく出てくる脈絡のない思考に惑わされてしまう状態。

プロスペクト理論は、損失は長く見れてしまう特徴をとてもわかりやすく説明してくれるのです。

また、利益は長く見ることができないのです。
それは、利益が損失に変わることを恐れるためです。
もう一度言いますが、人間は良いことよりも「悪いこと」に目が向きます。
利益が良くて、損失が悪いのは、当たり前の話です。
だから、利益が出ていても、損失に変わることばかりを考えてしまい、
薄利での決済を決行してしまうのです。

プロスペクト理論は、利益を長く見られないという特徴もとてもわかりやすく説明してくれます。
そして、それが当てはまる。

もっと、細かくいろいろあると思いますが、
掻い摘んでいうとそんな感じです。
これを基礎に、いろいろなことがこの癖の通りに働いていることを見直すこともできます。
考えてみてください。
トレードでの改善点が、こういう思考法から生まれる可能性があります。

 

あ!みなさんこんにちは。
まさとです。
今日は名古屋にいます。

今日もFXの話しますね。
まぁでも、FXの話っていっても、結構いろいろ考えさせられる内容ですよね。
プロスペクト理論ってさ。

 

 

で、今日はプロスペクト理論の話ではなくて(笑)
そんなプロスペクト理論を考案したダニエル・カーネマンさんの、
「ファスト&スロー」という話に僕自身が興味を抱いたので、
そのお話をちょいとしたいと思います。

僕も全てを理解しているわけではありませんので、
すごく簡単に…説明します。

 

ー直感は半分以上間違っている

 

 

チャネリング、宇宙にまかせる、インスピレーション、
まぁ、いろいろありますが、その「直感系」の類の半分くらいは
『間違っている』って思ってみると、
懐疑心が生まれ、思考を働かせようとします。

「本当か?」の一言を心に投げかけてみるだけで、
直感は崩れ去り、まったく違う方向から、様々な角度から考え、
少し違う視点から見ることができます。

僕は「考えるべき派」の人間です。
人生をよりよく生きるなら、人生を思考するべきであると思う。
まぁ、考えようってことです。
だから、直感は半分くらい間違うっていう言葉が、
なぜか妙に心に沁みました。

 

直感を信じたいのなら信じ続ければ良いと思います。
でも、僕の場合「なんとなくこうなる気がする」が当たったことがあまりない。
なんでかっていったら、僕の直感は間違いが多いからです。

直感が当たる人って居ますが、それは後ほど説明しますが実は直感ではなくて、
「専門的で豊富なデータベースから抽出される一番良いと思われる結果が
“ひらめき“として現れる」
だけだと僕は思うんです。

で、それを、カーネマンさんがもっと前からお話していた。っていう。
興味あったら、みなさんも本読んでみてね。

ファスト&スロー。
早い思考と遅い思考という意味で、
人間は、早い思考を日常的に使っている。
よく知る、親密な関係の人の表情を見てすぐに「何かあったのかな?」と思うことができるのは、
何かを勘ぐっているというよりも、瞬間で「何かがあったんだ」と感じ取る、いやむしろ
「考えている」ということになるのかもしれません。
頭の中にぱっと出てくること、それが早い思考、つまり「ファスト思考」というのかな。

そんで、じっくりと考える遅い思考が「スロー思考」
これは、日常的にある「どうしたら良いのか」って思いながら作業している時のやつ。
トレードする時に「今の相場はボリンジャーバンド的に見ると…RSIはどーなって…波動は作っているのか?…過去にちょい押しがあるんかな」等とじっくり考える時のこと。

しかし、このじっくり考えるスロー思考も、結局はファスト思考の手助け程度にとどまることがあるそうで、つまり、最初に「白だ」と判断したものを、さらに「これだから白で間違いない」という内容で考えるだけだということがある。
しかしそれは、よーく見ると本当のところは灰色なのです。

ファスト思考は正しいことがある。
それは「専門的知識が豊富」であれば、一瞬で正解を導き出せるからだ。
でも人間は、偏った情報を「正しい」と思う癖がある。

ある人から、あの人についての悪口を聞いた。
あの人の印象は超悪くなった。それを信じてしまう。
そんなことは日常茶飯事。
仲が良い人からそう聞かされると信じてしまうよね。
僕はその被害に合ったことがある。
僕とは直接的に仲良くはない人に、
僕と親密な関係があったであろう人が、ものすごく印象を下げるような発言をしまくっていた。
それは人伝てに伝わってきたんですけど、その偏った内容に愕然としましたね。
そういうことってあります。

その、ある人から聞いたあの人の話は、本当はものすごく偏った内容で、
実は、全ての行動の真意を探ってみれば、理にかなっていたり、
思いやりに溢れるものだったりする。
でも、人はある人から聞いたそれだけで、あの人のことを全てわかっているように、
感じてしまうのです。

その印象が、ふぁっと出てくるんです。
その話意外で、あの人の関連の話を聞いた時に、ふぁっと嫌な気持ちが出てくるのです。
それが、ファスト思考。
そして、考える。「やっぱりそうなんだ。あの時の話でも…」等のスロー思考。
でも、今回の話で言えば、その直感は間違っている。

そういうことってあるよ。っていう話。
正直、そういうことってわからない。だって、
正しいと思っているんだから思考が出てくるからね、
その瞬間に「ん?待てよ!?」なんて、なかなか思うことはできないでしょう。
でも、往々にしてある。それは間違いない事実。

 

結局は、これはトレードも同じ。
含み損を抱えていると、出てくる言葉が「上がったら下がる」とかなんです。
「下がったものは上がる」とか「上がったものは下がる」とか。
だから「持ち続けよう」と考えてしまい、
そして、その根拠を探す。じっくりと思考して。
いつもは1時間足しか見ないのに、なぜか4時間足とかをその時初めて引き合いに出して、
「ここがこうで、こうだから、やっぱり上がる」などと考えるのです。

合ってるのか、間違っているのか、未来はわかりません。
でも、典型的な負けパターンであることは間違いない。
だから、その思考の罠から抜け出さなければいけません。

意外と、人は「思い込み」を強く持っているものです。

 

例えば、問題です。
あなたは25人のグループの一員だとします。
このグループのうちの2人が誕生日が被る可能性ってどれくらいあると思いますか?
何%だと思いますか?

 

 

これは確率論、統計の問題の話なので、そうだったりそうでなかったりの意見は様々ですが、
計算上は…答えはこうなります。
つまり、25人と自分の誕生日が被る可能性ではなくて、
25人がその他24人のうちの誰かと誕生日が被る可能性の話なんですね。

 

答えは、おおよそ50%です。

 

これは、ネットでもたくさんお話しが出てくるし、
授業とかでも出てくる問題なんだそうです。(僕は詳しくは知りません)

で、何が言いたいのかと言えば、
50%なんて思わないけれど50%くらいなんです。ってこと。
でも、なかなか信じられないでしょう?

これ、統計学を知っている人なら、50%くらいだねってすぐに答えが出てくるのです。
直感的にね。

何が言いたいのかと言えば、
人間の直感は間違うことがあるってことなんです。

 

で、この直感的なファスト思考を人間は「従いたい」「信じたい」と思う傾向があるんです。
偏っているのです。
そして、その因果関係を探す。直感が正しくあるべき理由を探すのです。遅い思考でね。
これがまさに、損失を大損失にしていくプロセスのように思えてしょうがないのです!僕は。

ま、僕もまだ理解できているわけではないから、もっと詳しく細かなことを知りたいんですけど、
知れば知るほど、投資につながるなーって思えるんじゃないかなーって思うんですよね。

 

身も蓋もない話だけど、カーネマンさんによると、
結局は偶然の積み重ねによって利益を上げられるんだそう。
つまり、投資の成績は「運」なんだって。なんてこった!!!
でもこれもまた、おもしろい考え方だなって思うんです。

サイコロを振るのと銘柄選びは大差ない。
コインの裏表と売り買いは大差がないってことで、
運が良ければ当たり続ける。

僕は「そうではない」って思うけれど、
だけど、そうなんだとしたら、
「多大な含み損を抱えたポジションがある日利益に変わり、難を逃れたのは、ただ単純に
運が良かっただけ」って考えることができる。
この考え方に関しては良いなって思うんです。
運が良かっただけで、それが毎回続くことはないかもしれないって戒めになる。
ありそうもない出来事が起こっただけで、本来はありそうもないことを思い出すことができる。

 

「運が良かっただけ」
だから、損切りはきちんとした方が良いって僕は思うんだけど。

じゃぁ、利益を出せたのも運が良かっただけなのか?って。
運が良かっただけって思えたら、いつでも慎重になれるよね。
「あの時は運が良かっただけかもしれない」

自分の思考を過大評価しないようにすることが、
いつでも冷静な着眼点を生むきっかけになるのかもしれない。

なんて思ったんです。
まぁでも、運じゃなく、実力で、豊富な経験則と専門的な知識によって、
勝ち続けている人達は大勢いる。
当たり前でしょう。運が良いだけで勝ち続けることはできない。
運が起こるのは、行動を起こした時。
その行動って、日々の努力だぜ。

 

話の収集がつかなくなってきました。
ちょっと長い記事になっちゃったなこれ(笑)

ま、最後に言うのなら、
直感が出てきたのなら、それを確認する作業をしよう。
行動を起こす前に、本当かどうかを客観的に見る目と、思考をしよう。
それだけで、起こる前に解決できる問題がたくさんあると思う。

今の思考のくせを考えて、物事を確実に捉えるための、
1つのスパイスにしていければ良いなぁって考えました。

 

ふぅ。
ちょっと長くなりましたが、
最後まで読んで頂いてありがとうございました。

僕も気を付けよう。
直感はほとんど正しいってどこかに書いてあったけど、
それすらも怪しいかもしれないって、初めて考えるきっかけになりました。




人気ブログランキング上昇中☆
ブログ村も上昇中\\\\٩( 'ω' )و ////
1位を目指してます(笑)。
今日の記事良かったよ!という方は、
クリックしてね~~\(^_^)/
 ↓↓             ↓↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

    • 又村明美
    • 2016年 1月 29日

    まさとあsん、いつも深い考察してるのですね、いかに私が考えてないのかな?と思います。気愛塾にはいって私の脳も、活性化される気がします、今までのパターンですと、解りずらいと思うと すぐやめたりしてしまいました。どれだけやろうと思いやめたのか、考えと行動が1人だと甘くなりますね。いい機会ですので 皆さんから刺激をもらいながら前進します。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

【無料】氣愛通信メルマガ

ブログの更新をメールでお知らせ!2017年11月現在12439名がこのメルマガを購読中です☆FXの有益なノウハウが詰まったコンテンツや、セミナー情報、講演会情報、お得な情報もいち早く優先的に知ることが出来る氣愛通信メールマガジンに無料で登録してみませんか?メールアドレスを下記に入力して送信を押すだけで登録は10秒以内に無料で完了します♪
遂に知井道通公式LINE@を開始☆FXの有益なノウハウ、セミナー情報、 講演会情報、お得な情報もいち早く無料で配信中(^^♪

バーコードでも、友だち追加でも、どちらからでも簡単にすぐ登録ができます( *´艸`) 友だち追加
ページ上部へ戻る