「好き」を選択して生きる

DSC_0254

「好きなことをして生きていく」という考え方がある。
「好きなことを仕事にする」とかね。
そういうの、できたらいいねって思うよね。

で、僕はと言えば、そう思わないんですよね。

 

好きなことをして生きるのではなく「好きか嫌いか」で生きていく。
僕はそうなんですね。昔から。
好きなもんは好きだけど、嫌いなもんは嫌いなんですって、何度もブログに書きました。
でも僕、別に好きなことして生きていないんですよね。
もちろん、毎日楽しいけどね。

好きなことをして毎日楽しい人もいるんだろうけど、
僕はそうではない。
好きなことを仕事にして毎日楽しい人はこの記事には共感できないだろうけど、
まぁ、僕の思っている、そんな話を今日したいと思います。
まさとです。

 

そもそも好きなことをして生きている人いるの?
っていう疑問が湧いてくるんですね。僕。

僕が好きなことって、ボウリングなんだけど(笑)
ボウリングのプロになったら、僕は僕の好きなことをして生きることになるけど、
え、嫌だよ。そんなの(笑)

好きなことって、普段できないから好きになるんじゃないのかな。

 

僕達トレード好きだけど、
僕達は利益を取るのが好きで、
つまり分析が当たった時は好きなんだけど、
僕達は損失が嫌いで、
つまり分析がはずれた時は嫌いなんだよね。

好きなことをしている訳じゃない。
逆に嫌いなことも同時にしている訳だ。

 

僕は仕事をしているのが好きですよ。
僕の仕事って、みなさんご存知資料作りですけど、
僕は僕で、みんなと同じように仕事をしているんです。

だから、勉強だってするんです。

でも、仕事は好きなのに、仕事は退屈なんです。
単調な作業でしょう。なんでもそうだけど。

仕事って、外側から来る忙しさがあると無心でできるんだけど、
自分がいかに仕事を忙しくするのか?っていうのだと、もう退屈(笑)

 

僕、読書好きなんです。
たくさん本読んでいる方だと思います。
もっとすごい人はもっとたくさんいるんだけどね。
まぁまぁ読んでいるんです。

でもね、読書って退屈なんです。
退屈じゃないって人いる?
え、いるの!それはもう、とんでもない才能ですよ。
僕は退屈。読み進めるの退屈。

速読ってあるけれど、
心理学的には速読は読書したことにならないらしくてね。(嘘か本当か知らないです)
別に速読には思うような効果があっても、僕はやめることにしました。

速読じゃなくて、頭の中で文字をしゃべっているでしょう?読書の時って、
しゃべってない?文章みたら、その文章を頭の中で声に出して読んでいない?
頭の中ですよ。実際に出る訳じゃなくて。
で、その読むスピードを速くしようっていう速読方法があるんだけどね、
それは、なんとなくやっているんですけどね。

ま、つまり、じっくり読んでいる訳で。
それがもう、退屈でしょうがない。

それでも読んでいるその訳は、読書が好きだからです。
すごく好きなんです。大好きなんですよ。

で、書籍評論家みたいなのになれば僕は好きなことをして生きることになるけれど、
無理無理(笑)退屈なのに。
それも、僕が好きではないジャンルの本とか読まなきゃいけないってことでしょう。
絶対無理です。その時点で嫌いになっちゃうと思います。

 

みんな、本当は退屈って思っているんだよ。たぶん。

トレードって退屈なんだ。
チャート、見る時にじっと見ているのが仕事の1つでしょう?
次の足が出たら…ってよく考えるんだけど、
1時間足だったら40分先とか45分先とかに出たりするタイミングもあるでしょう。

え、退屈じゃん。
だって、次の足が出ないとわからない時あるから、
待たなきゃいけないんだから。

土日なんかね、動きもしないんだから、
待つ以前の問題で退屈でしかない。
なんだかんだ、動いているのを見たい僕達ですが、
それでも、動き出しても退屈って思ってしまうんだよね。

退屈じゃないの!?全然平気な人いるの!!??
いや、それが本当なら、それってすごいことだと思います。
少なからず、いいえ、多くのことが僕は退屈で仕方ない。

 

僕に必要なことは退屈を感じさせなくすることではなくて、
「退屈に耐えること」なんです。

「忍耐は潜在意識的に駄目」って昔、ある人に聞いたんだけど、
いや、そもそも忍耐ないと利益伸ばせない。

脳的にそうだとしても、
投資的には忍耐力と我慢強さは知識を上回っちゃうんだよな。

ネガティブな発想を生む言葉ってあるんだけど、
むしろネガティブな言葉出すと現実がネガティブになるみたいな風潮あるけど、
ネガティブだと思っていたことをしないとうまくいかないことってたくさんあるよ。

幸田露伴さんが「悲観的視点で見なければいけない」って言ってたけど、
その通りだと思ったな。僕は。偉そうに(笑)

悲観的ってね、ネガティブじゃん。
悲観って、言葉のニュアンスがあれじゃん。なんか、悲しそうじゃん(笑)
でも、悲観がこの世を発展させたんですよ。

過大視した悲愴感ではなくて、
純粋に感じる「事前に考えておく対処法」を悲観的視点と言うんです。

逆に言えば…
うまくいくことがあるのなら、
ネガティブな雰囲気があるだけで、
それはポジティブな発想でもあるって考えられるんだよね。

それを「次元を超える」って言うんです。

 

この退屈に耐えるためには、
僕達は強くなるしかない。

つまりなんですが、
そもそも「退屈を感じないように」
が無理な話だったってことなんだよね。

 

好きなことをして生きるってのは、
今の退屈に耐えられないから出てくる発想なんじゃないかな。
僕にとっちゃ、好きなことをして生きるのってとても退屈そうだけどね。

 

でもさ、物事の判断基準は、やっぱり好き嫌いでいいと思う。
誰のことを好きで、誰のことを嫌いか、って、そういう気持ちは出てくるけれど、
それはもう「出てくるもの」って思った方が良い。

僕達にありがちなのは「思ってはいけない」「言ってはいけない」なんだけど、
「思ってもいい」し「言ってもいい」って肯定してあげればいいんですよね。

で、その後に思い直しの作業をしてあげればいい。
思わないようにすることが無理だもん。
思わないようにしようと思って、みんな修行をしてきたんじゃないかな。

本当は、思いたくもないし、言いたくもないもんね。
嫌なことなんて。

 

知井さんは優しいから、よく「愛ですね」とかって言われたりするんだけど、
先日知井さんと話をしていたんです。

「よくよく考えたら、オレたち2人で話している時って、
ものすごく悪い言葉使いまくってるよな(笑)」

言葉が現実化するのなら、
僕達は今、あまりにもヘンテコリンな状態になっていたはずです(笑)

だから、僕らは、
嫌なことを、嫌じゃなくするために、
お互いに協力し合って、思い直しをするために、
夜遅くまで、いつもいつも、お話をしているのです。

出張行くと、大体、二人で3時間以上話しをする時間が1日はあります。

 

知井さんだって思うんですよ。
腹が立つことなんていくらでもあるんですよ。
ほら、利益を伸ばす時、じわじわ動いたら嫌な気持ちになるし(笑)
利益を見ていて、持ち続けたら急展開して、損切りに引っかかる。
なんてことがあれば「くそ!」って思うんですよ(笑)

そんな話、してました。この間大阪でね。

思わない訳じゃない。思うんです。
でも、それに耐えて、変なことをしないようにしているだけなんだな。
より、耐えられるように、心を強くしようって思っているだけなんですよね。

 

思考の勉強していたらさ、そういうの感じなくするの無理ってわかる。
思考の勉強をする限り、それは怠け者の発想ってことも見えてくる。

人間は感じないといけないね。

 

でもさ、人の気分が悪くなるようなことを誰彼構わず平気で言うのはやめた方が良いよね。
気分悪くさせるのは駄目じゃん。気配りゲームをしている身としては。

だから、僕は逆に、
「いいよ。なんでも言ってよ。嫌なことでも、全部聞くよ。」
って、言ってあげたいんだ。

そう言ってくれる仲間達には、
そうやって吐き出してもいいと思うんだよね。
僕はそうやって、好きなことを選択しているんです。
世間一般的に、いや、精神世界的に駄目だと言われていることも、
僕にとっての好きな選択なら駄目なことでもやっちゃうんですよね。

僕達は大人だから、
人に迷惑をかける好きな選択なんてしないでしょう。

 

 

で、好きなことをして生きるって話なんですけど、
好きなことをして生きていくのは、僕は無理だと思ってるんですよ。

嫌いな仕事の中でも選択肢は数多くあり、
それを「好きか嫌いか」で判断していく。

その選択は、なるべく「好き」を選んだ方が良いって思っているんです。
好き嫌いなんて人それぞれ違うから、人と合わないこともあるけどね。

ま、それが、僕にとっての好きなことをして生きるってことになるんですけどね。
でも、本当は、好きなことをして生きている訳でもない。
だから、どっちでもないし、どっちでも良いってことになっちゃうね。
それだと解決しないから、そういうのは一度おいておこう。

 

好きなことをして生きると退屈になると思うんですけど、
なるべくは、今目の前にある嫌いなことを好きに変えられるといいよね。
そういうことでしょ?違うんかな。

仕事が嫌いなら、仕事を好きになろうよ。ってことなんじゃないの?

 

でもさ、僕は嫌いな仕事を好きと思うの無理だと思うんですよ。
嫌いなことは嫌いなままにしておかないと、判断がおかしくなることあるから。

で、仕事って、嫌いなことをしてお金を稼ぐことってたくさんあるじゃないですか。
社長がやらないこと、できないこと、やりたくないことを、変わりにやって給料をもらう。

だからさ、好きなことしかやらないってのが蔓延すると、
人手不足に困るのに、人が余りまくる世界になっちゃうんじゃないの?
だから、嫌いなことを好きにしようって感じの話だと思うんですよ。

で、何度も言うけど、嫌いなことを好きになろうって思うの無理じゃない?って言ってる訳。
だから、嫌いなこともして、生きていかなきゃいけないんですよ。僕達は。

 

そん中で、
『嫌いの中に好きを探す』しか出来ないと思うんですよ。
もう、嫌いなことは、嫌いだから、嫌いが前提。

好きでも嫌いでもないことってあると思うですけど、
それも、好きでも嫌いでもないけど、その中にある「好きな選択」があるから、
それを選び続けていくってことじゃないのかなって思うけどね。

 

よくよく考えてみて下さい。
好きなことをしていない現状があるから、
好きなことをするのが楽しいと思うんです。

 

でも、さらに考えてみて下さい。
好きなことをしていないはずなのに、
実際は好き嫌いでの判断がたくさんあり、
そして、実は、これまでそうしてきていること。

 

好きを選択する回数が増えていけば、
嫌いな物事を好きになるのではなくて、
嫌いな物事をしている自分も好きになれる。
すると、立ち向かえる事も増えていくのではないかと思うのです。

 

だから、好きなことをして生きるのは無理だし、退屈なんだけど、
でも、好きなことを選択し続けて生きることで、
それが、好きなことをして生きるってことの真意なんじゃないかなー。

 

でも、間違い無く、好きを選択し続けた方が、
心は綺麗になっていくのではないかと思います。




人気ブログランキング上昇中☆
ブログ村も上昇中\\\\٩( 'ω' )و ////
1位を目指してます(笑)。
今日の記事良かったよ!という方は、
クリックしてね~~\(^_^)/
 ↓↓             ↓↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

    • りえこ
    • 2016年 2月 18日

    まさとさん、今回りえこが反応するのは予測されていたでしょうか?ふふふ。

    「過大視した悲愴感ではなくて、純粋に感じる「事前に考えておく対処法」を悲観的視点」

    ってさ、すごい表現っていうかもう、めっちゃ理解が深いですよね。思索されつくしているっていうか。
    他にも今回(あ、いつもかな)すごいセンテンスがありますよね。

    内容にも共感するけど、まさとさんの独特の表現力って魅力ありますよね。

    週末また読み返します!

    仕事にもどりまーす。そうそう、将棋とかチェスだけじゃなくて、相場の世界にも人工知能がどんどん入ってきているんですね。
    びっくりですね。いろいろ活用できるようになるのかしら?

    では、また!あざーっす!

    • たもりまさと
      • たもりまさと
      • 2016年 2月 18日

      りえこさん!反応しそうだと思ってました!!!笑
      マジメな記事は必ずと言って良い程、りえこさんは安定ですね☆
      これで、コメント0という寂しさから抜け出せております(笑)
      ありがとうございます!

      あ、なんか、ありがとうございます(笑)
      もっともっと、思慮の深い、懐の奥が深い、言動に奥深さがある人間になりたいんです。それは、知井さんとも共に目指している理想の1つなんですよね♬
      これについても、もうちょっと僕の中で深めてから、シンプルな答えを導き出せればなって思っています☆
      いつもありがとうございます♬

      ちなみに、相場の世界では人工知能がなぜか、負け続けているんです(笑)
      それは一体、何故なのか…

      少し長くなってしまいますが…最後までお読み下さい(笑)
      1000人の人間をとあるホールに集めて、その人間の体重を集計します。
      平均が出ます。で、一人だけ、世界一のデブちゃんのを入れるんです。
      で、デブちゃんが締める体重の割合は、その1000人のうちの何パーセントなのか?
      という問題なんですが、これ意外に少ないんですって。
      1%にも満たない。

      年間80万カロリーほど消費する僕達人間ですが、食べ物を今日だけ1000カロリー増やして…っていっても、さほど影響はないのが現実なんですね。

      しかし、資産は?と言えば…
      1000人の人間を集めて、世界一お金持ちを入れてしまったら…
      世界一のお金持ちの1日の資産の流動額ぐらいが、残りの999人の資産の合計。
      くらいの偏りが出てしまうんですって。

      相場って、人間が作るもんですから、思い通りに行かないのが当然なんです。
      こんな偏りがあることが事実ですから、相場にも妙な偏りが生まれてしまう。

      ということで、平均や数学を求めて、相場の世界に足を踏み入れても、
      それだけだと勝てないっていうのが、人工知能で出ちゃっているんです。
      昔、人工知能を搭載した自動売買ソフトを見た事があって…あっさりお金無くなってしまって(汗)
      ということで、相場はもろに人間の心理やらが作るもののために、
      勝てていたとしても、突然の偏りで全て吹き飛ぶのが関の山。なんです(^^;;

      それでも、勝てる方法を探し続けて、努力をし続けていくのが、僕は好きですけども♬
      人間の心理そのものが作るものには、人間の心理で立ち向かっていかなきゃね♬
      っていう感じかな!

      ということで、長々と失礼しました!

    • りえこ
    • 2016年 2月 20日

    いやー、まさとさんのAIについての見解に納得しまくっているりえこです、こんにちは。
    人間がつくる相場の「突然の偏り」いやー、すごい表現ですね。進化論なんかでいう生物の突然変異みたいなものを
    イメージしちゃいました。データーではありえない世界。おみごとです!納得!

    「世間一般的に、いや、精神世界的に駄目だと言われていることも、僕にとっての好きな選択なら駄目なことでもやっちゃうんですよね。」

    ここを読んだときに、昔、東京にチベット密教のダライラマ猊下がいらして、どんな人なのかなーって見に行ったことがあるんです。
    子供みたいにかわいくてむじゃきな感じのする方で、猊下が「経典に書いてあることが絶対じゃなくて、その場において自分が正しいと思うことをやるべきです。」っておっしゃっていて、まさとさんも同じこと書いていらっしゃるから、改めてそうだなー、って。

    色々勉強になります。
    ありがとうございます!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

【無料】氣愛通信メルマガ

ブログの更新をメールでお知らせ!2017年11月現在12439名がこのメルマガを購読中です☆FXの有益なノウハウが詰まったコンテンツや、セミナー情報、講演会情報、お得な情報もいち早く優先的に知ることが出来る氣愛通信メールマガジンに無料で登録してみませんか?メールアドレスを下記に入力して送信を押すだけで登録は10秒以内に無料で完了します♪
遂に知井道通公式LINE@を開始☆FXの有益なノウハウ、セミナー情報、 講演会情報、お得な情報もいち早く無料で配信中(^^♪

バーコードでも、友だち追加でも、どちらからでも簡単にすぐ登録ができます( *´艸`) 友だち追加

最近の記事

ページ上部へ戻る