「わからない」を知ろう −5−(やらないための手法)

toilet_souji

 白熱した議論を繰り広げた「わからないをわかろう」について。
良い言葉を大阪のK先生(先生も含めてあだ名)から頂いた。

「わからない時にやっちゃう…という時って、そもそも「わからない」がわかってるってことじゃないですか?だって、そうじゃなければそんなこと言えないから」

いい言葉だ!!!!!

 ビックリし過ぎて、ひとまず話を終わらせたくらい!
「そうなんです!そもそもね、不完全生定理ってのがあってさ…・うんぬんかんぬん」
 という具合に、ひとまず話しをはぐらかせて、懇親会場へ行く間、それについてずーーーっと考えた(笑)まぁ、10分くらいだったけど。

 その後、焼き肉を食べながらいろいろと話をしたのです。
「わからない時にやるってことはわからないをわかってるってことですね」
そういうことになる。その通りだ。
 僕が言いたいのは、「わからないけどやっちゃう」という言葉のおかしさを言いたかったのですが、「そもそも論」がここで来たために、この話の流れの全てが覆る可能性すら出てきた(笑)
 まぁ、そんな重大なこと!?って思うかもしれないけれど、議論の中にはいつでも「重大な欠陥」があるものです。
 この議論の重大な欠陥とは、「わからない時にやる」の中の、「わからない」という前提自体が危ういのではないか?というものだ。

 僕の認識している「わからない」とは、言ってしまえば「わかっているつもりが入り乱れた結果よくわからなくなったこと」という感じかな。だから、わからないの奥に「わかってるけど」「わかったはずなのに」が隠れている。ということを言いたかったんだけれど、

 でも、本当に「わからない」のだとしたら?本当に「わからない」のにやってしまうのだとしたら?だとしたら、わからないのを知りながら、やってしまう。ということになる。

え・・・?
ど、どゆこと・・・!!?
わからない(笑)

 

 こうして、昨今の哲学学会も、結局は「肯定」と「否定」というように、必ず「白」と「黒」に別れて、議論が繰り広げられる。そして、どちらの意見も至極真っ当。もっともらしさのオンパレード。反論できなさそうな雰囲気が漂っているものです。

何が言いたいのか?
抜け穴はあるんです。どんな議論にも。根本的な抜け穴がね。

 さて、この話自体は、またの機会にお話するとして、先日までの記事のつづきといきましょう。

「わからないを知ろう」というのは、仲良しメンバー達の間で物議を醸し出しています。とはいえ、小数ですけど(笑)
そんな中、ある人(N山さん)がとても深いことを言ってくれたのでした。

「手法はやらないためにある!?」うおぉ…なんて深い。
 そもそも、ある勉強会の唯一のやらない人(Y氏)は、こんなことを言っていた。

「私は、やらない理由を探すんです」

 うおぉぉぉ…なんて、なんて深い言葉なんだ!!!やっぱり、利益を上げている人は見ているところが違うね。やっぱり、天才って違うわぁ!ってみんなで大盛り上がり。
(余談ですが、僕は今年の1月に、あるところで「僕はやらない根拠を探しているんですよ」と発言してます。あ、だから、「僕と同じ意見を言う人を氣愛塾の中では初めて見た!」という感動があったので、みんなの前で思わず「すげぇ…」って言ってしまったんですが、たぶん僕の反応を見たみんなは「まさとでも考えなかったこと!!??」って思ったと思うんだ。ちゃうちゃう!!僕も同意見!!!(笑)証人は…N山さんです。)
↑こういうの大事でしょ?(笑)ほら、僕が先!みたいなのって大事でしょ!?え?子供みたい?あ、大事じゃない?どーでもいいですか?・・・はい。
いや、ごめん。本当にどうでもよかったね。

つづき行こう!

 ということで、「手法はやらないためにある!?」という名言を言ったのは、それこそラジオでオールバックに憧れていると言っていたN山さんなのです。いい言葉だ。(オールバック…)

 やらない根拠を探すための見方。それは「シグナルが出ていないことを探す事」なのです。そんな見方、僕もそこまでしてこれた訳じゃない。みんなもそう思わないかい?
 先日の知井さんの記事の「トレードとコンパス」だったかな?それにも、同じようなことが書いてあったね。やらないための手法もあるという考え方に気付いてきた。

 さて、あのN山さんはこんな事を言った。車の運転に例えてました。

『いつもはアクセルとブレーキから足を離していて、操作する時だけ足を付けますよね。チャートも同じで、「運転するぞ!」と気負うのではなく、必要な時に必要な運転をする。というのが、まさに「運転の仕方」であり「手法」なのだと思ったのでした。』
 というようなことを言っておりました。すごくわかりやすい。って思いました。

 さて、そこから僕も考えてみました。すると、ある1つの「ううん・・・?」というものが見えてしまったのです。えーっと・・・この議論、本当にいつ終わるんだろうってくらいに、終わらない!深堀すればするほど、見えてくる問題と興味がある。
 さてと、トイレ掃除で例えるんですけど、僕達は「トイレを掃除する理由」を探す訳です。むしろ、言ってしまえば「汚いところを探す」訳です。汚いのなら掃除をしなければいけない。これがまさに「やるところを探す」なのです。
 しかし、今僕達に必要なのは「トイレ掃除をしない理由」なのです。する必要もない理由とは、一体なんなんだろうか?簡単です。「まったく汚くない状態」であれば、掃除をする必要がありません。これがまさに「やらない理由」を見つけている状態。

 さてさて、これをトレードに置き換えて考えてみた場合に、僕達がやるべきことが見えてきそうじゃないですか?
 それは・・・?

『やらない理由を見つけるために…○○する。』

 なのではないか。やらない理由探しに、そもそもの下準備が必要だ。トイレ掃除で例えてみると、そういうことになる訳だ。で、トレードで言うのなら、この○○ってなんだろうね?汚ければ掃除をする。やる理由がある。やる理由は汚いところを探すってことだ。汚くなければ掃除をしない。まったく汚くなければやる理由が無い。むしろやらなくていい。それはなぜ?トイレが汚くないのはなぜ?ってことだよね。
 トレードで言えば、それってなんだろうか?やらない理由を見つけるために、何が必要なんだろうか?

あー!難しい!!!!!

 これ、この「あー!難しい!!!!!」の一行の前から、この一行を書くまでに、40分くらい考えたと思う(笑)ぜんぜん、思い付かなくて、わかんなくて(笑)座っている椅子のリクライニングをぶらんぶらんさせながら考えてました(笑)
 ということで…シグナルが出ていない状態を探す。そのために必要なのってなんだろうね?普段は、シグナルを探す訳だ。トレードのタイミングを探す訳だ。でも、今は逆のことを言っている訳です。トレードするべきではないタイミングを探す訳です。そのために必要なのは、なんだろうか?

ふふーん♬
さっぱりわからない(笑)
考えたけどわかんねーな。これ。

そんな思考のきっかけとなる、数々の言葉。

「仕事としての自覚」も良い言葉だし、

「自己肯定出来ていない」も良い視点だし、

「やらないための手法」もとても良い角度からのアプローチ。

「やらない理由を探す」という天才Y氏の発言。

だ・か・ら・・・

 やらない理由を探せるようになるために、僕達に必要なことはなんだろう?めっちゃ難しい。これ。トイレ掃除で考えるとめちゃくちゃ簡単なのにね。ま、無理矢理あてはめる必要もないんだけれど…

 とまぁ、そういう難しく考える癖があるのです。僕は。ま、簡単に、わからない時にはやらない。という選択ができるように、わからない状態をもっと知りたいね。ってことなんだけど。
 わからないってなんだ?になって。上に行くか、下に行くか、わからない状態ってこと。ってなって。僕の中で「シグナルが無い状態」がわからないってことになって。シグナルなんて、いくらでも作り出せるからさ。

 つまりだ・・・シグナルを作らない手法。それが「わからない」という状態ってことになるのか!!!!

 いや、意味不明だ。まったくまとまわりがない。なんだこの文章は。あーあ、考えれば考える程難しい。
 今日の記事は、途中で諦めてもらってもいいと思います…(笑)僕もよくわからない。

 もう一度言うけれど、単純に、わからない時にやらない思考法を身につけるために、いろいろみんなで考えようぜってことなのです!そこに、おそらくだけど、さっきから言っている、やらない理由が探せる「何か」が潜んでいる気がしてならない。
 そして、これはとても簡単なことなんだな。まぁ…みんな、良かったら答え教えてよ♬楽しみにしてる☆

ということで、今日はこのあたりで終わろう。
最近、このテーマでずーっと書いてるけど、僕は楽しい(笑)
あ、ちなみに…僕の今日は、4月22日です(笑)

じゃーね!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・

一応、僕の考えた答えも書いておくか…

 

「やるべきところでやれていないから」です。

 そこまで腑においている訳ではないけれど、「わかることをわからない」状態になっちゃうってのと同じな訳なんだけど、となると、たぶん、わからないがわからないのは当たり前になるんじゃねーかなって思うし、
 やるべきことすらやれていないのなら、そもそも、やらない理由なんて探せないと思うんだよね。なんでそうなの!?ってなると、また次のテーマが出来そうだ♬
ということで、終わります!

↓次
「わからない」を知ろう −6−(相場の真理とひとまず完結)




(お知らせ1♪)

●知井道通生誕祭FXキャンペーン☆

プロ並の分析力が身につき、1勝9敗でも勝ててしまう
FXトレードの分析力を手に入れませんか?

詳細はコチラ>>
※あと8名で終了




(お知らせ2♪)

「-己を知るは悟りなりー」札幌FXセミナー☆
生のライブ感で学ぶ知井さんのFXセミナーは
格別な学びがあるとお約束できます。

詳細はコチラ>>
※残席あとわずか




人気ブログランキング久しぶりに7位まで上昇中☆
今日の記事良かったよ!という方は、
ワンクリックの応援をお願いしまーす☆
 ↓↓             ↓↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

    • N山
    • 2016年 5月 09日

    あぁー。大阪行ったり、東京へ行ったりしていたので、読むのが遅くなってしまいました。(^^;)

    そうです、そうです。
    私が「やらない根拠」を探していたのも、正人さんからそのお話を(以前から)聞いていたからです。

    それがなかったら、そもそも、やらない根拠なんて頭にありませんでした。
    なにしろ、リアルトレードを初めてから半年以上の間、ポジションを持っていなかった時間は、1日24時間中、4~5時間だけというくらい、やってましたから。

    そんな真っ只中に、正人さんから「ここでやらない根拠は…?」みたいな話を聞いて。
    正直、かなりの衝撃でした。(笑)

    • たもりまさと
      • たもりまさと
      • 2016年 5月 11日

      N山さん♬
      僕もです(笑)最近ちょっと移動多かったので、コメント見るのが遅れました(笑)
      いましたもんねー!まぁ僕も当時は「最近よく全体を見るんですけど…」ってところからそういう話をしていたんですけどね、その時の「最近」ですから、僕も結構最近なんですよね(笑)
      やらない根拠…っていうのから、やらないメリットを探っていって、そんでもってやらないことが腑に落ちると、何が良いのかわからないけれど(笑)何かが良さそうですね。
      ポジション持ちまくる時よりは精神的に疲れないんじゃないでしょうか?いや、N山さんはそんなことないっすね(笑)ぜんぜん疲れはしないでしょうね(笑)なんて思っちゃいましたw
      衝撃発言これからもたくさんできるように日々精進していきます!あざんした!

  1. 2016年 5月 07日

【無料】氣愛通信メルマガ

ブログの更新をメールでお知らせ!2017年3月現在12439名がこのメルマガを購読中です☆FXの有益なノウハウが詰まったコンテンツや、セミナー情報、講演会情報、お得な情報もいち早く優先的に知ることが出来る氣愛通信メールマガジンに無料で登録してみませんか?メールアドレスを下記に入力して送信を押すだけで登録は10秒以内に無料で完了します♪

遂に知井道通公式LINE@を開始☆FXの有益なノウハウ、セミナー情報、 講演会情報、お得な情報もいち早く無料で配信中(^^♪

バーコードでも、友だち追加でも、どちらからでも簡単にすぐ登録ができます( *´艸`) 友だち追加

最近の記事

ページ上部へ戻る