「わからない」を知ろう −6−(相場の真理とひとまず完結)

20160127081215

ブログを更新する時に、事務局から「これだけは書いてほしい」っていうリクエストがあったんです。それは、

「今日は○○にいます。まさとです」というものだ。

ま、それはマジメにやってきていますが、今回の「わからないを知ろう」の記事は、全て4月22日に書いたので(笑)それは無しということで、許してほしい。
正直、この日に僕がどこにいるのか、まったくわからない。たぶん、どこかに居ると思う。
4月の、ブログ記事の停滞ぶりを見てくれればわかるでしょう。僕は、前日に記事を書ける人間ではない(笑)

これは、作家として言うのならプロ失格、素人レベルの話だ。みんな、作家さんは全て「締め切り」というものがあり、そこに向けて、全力で取り組んで、全力で間に合わせているから。漫画家もそうでしょう。
僕は、まだまだだ。本当に。

なんて、思います。
あれ、なんか、ため口っぽい口調になってしまってますね。いやぁ〜。そうなんですよ。僕、川北義則さんの本がすごく好きなんですけど、真似しちゃいたくなるんです。口調を。
あ、川北義則さんの「男の哲学」ね。あの本と出会って、早1年と4ヶ月が経ちましたが、僕が「哲学」というものに興味を抱く、超きっかけになった本です。男以外にもオススメです!

 

と、話は逸れたんですが…

「やるべきではない理由を探せる理由…」

僕が考えたのは、

「やるべきではない理由が探せない理由」

その答えは、

やるべきところでやってないから。なのでした。

 

「問題は起こる前に対処できる」
もう、僕と言わず、知井さんも含めて、僕達の座右の銘と言っても過言ではないくらいに、大事な言葉。僕にとっては、この一言が僕の人生を変えた。
僕の中の「人生を変えた言葉」は迷わずコレ。
「問題は起こる前に解決できる」

その言葉をトイレ掃除の神話に関連付けて考えてみた訳です。すると、見えてきた事実。!!!お金持ちのトイレは何故か綺麗という統計が示す「トイレ掃除とお金持ちの関連性」その答えはめっちゃんこ簡単だった。
「汚くなる前に掃除をし続けているだけ」
なんてシンプルな理由。!!!驚愕!!!!ほんで、それが示しているのは、「汚いという問題が起こる前に、汚いを起こさないように対処(掃除)することで、その問題自体がそもそも起こらない」という。
 この言葉を違う言葉で表現するのなら、「準備」とも表現できるかもしれません。

 さて、そこに来て、やらない理由を探すための準備ってなんだろう?って思った。そもそも、トイレ掃除をする必要のない程に綺麗な状態を保つためには、結局「掃除しなければいけない」という、なんともまぁ、至極当然な答えに、なぜか「それか!」という新しい発見的な雰囲気があるのは何故だろうって思う訳です。
 で、思った。やるべきではないところでやってしまう理由は。「ここでやるべきだった」が、トレード経験の中で「多過ぎる」からかもしれない。
 後から考えたらわかること。それは、もちろんあるから、「後からはわかるけど、実際にはわからなかった」って思わないといけない。でも…
 後から考えなくても、あの時絶対にわかったはずなのになぜ入れなかったのか?というポジションも必ずある。

 それが、おそらくですが、心にものすごく残ってしまうのです。だから、「あの時と同じ失敗を繰り返したくない」という思考をしてしまうんじゃないかなぁ。
 だから、「やるべきところでやれなかった」が「やるべきでないところでやってしまう」に繋がるのは当然のこと。あの時の悔しさをバネに…(笑)
 ということで、やらない理由を探すことが出来ない。に陥ってしまうという可能性はないだろうか?って考えた訳です。

 で?「わからなかったはずなのに、わかったはずなのに」って常に思っているとしたら、そりゃもう、とんでもない罠にはまるってことだよね。わからないところでしか、やれなくなっちゃう。

なんてこった…

あー、なんてこった…

うひゃー、なんてこった…

 そんで?いやぁ。なんてこった。やらない理由を探す…訳だけど、やるべきところでは、自分を信じてやんなきゃいけないんだよな。
 正直、ちょっとゾッとした。だって、やらない理由ばかり探してしまうと、やる理由すら消してしまいそうだから・・・。
 「マジでやるべきところ」すら、手を出せなくなりそう。
 あー、これ、結局バランスじゃん。バランスかよ!!去年、ことごとく「バランスなんです」って言ってたけど、ココに来て、「バランスでっせ」って突然出てきやがった。僕の頭の中に(笑)

 わからないの中に、わかるを。
 わかるの中に、わからないを。

 そういうことだ。本当は、やらない理由を探して、やらない選択をすることによって、金額の増減が減る分、お金が減る確率自体も少なくなっていくんだろうけどさ。
 わからないを知るために、たくさんのことを掘り下げて考えてきました。複雑に考えてみたけれど、答えは簡単ですよね。「わからない」がわかっていない。じゃぁ、わからないがわかっていない理由ってなんだろう?って。今、言ってきたことを言うのなら、これだ。

「わかる」ことがわからないから。

 わからないをわかる。
 わかるをわかる。

両方わかって初めて、僕達は「わからないことをわかった」と語ることができるんだろうな。
はい!!!!!ちょっとまってくーださい!!!ってなるでしょう?

『じゃぁ「わかる」ってなんだよ!?』

「わかる」って何?
相場の真理を引き合いに出そう。

 相場の真理は「わからない」なのです。未来は絶対にわからない、なのだから、相場をわかるだなんて言ってちゃいけないんですよ。そりゃそうだ。でもさ、それだと、わからないもわからないままになるじゃん?
 はて…さて…これ、どうしたらいいんでしょうね?え?ちょっとまって?どうしたらいいの?これ。

 もう一度言うよ?相場の真理は「わからない」。でも、わからない時にやる理由は、「わからないがわからない」から。わからないがわからない理由は、「わかるがわからない」から。つまり?やらなくていいとこでやる理由は、やるべきところでやっていないから。
 え?ちょっとまって。そんなのおかしーじゃん。だって、相場はわからないが前提にあるんだぜ。なのに、わかるとか言い出すの、おかしーじゃんよ。どーすんだよ!!!
 って思うじゃん?思った?思わなかったなら、すごいね。なんで思わないのかも考えられてるとすごいね。
 で、僕は思わない訳です。

はい。どうしたらいいんでしょう?じゃないんですね。これ。
まさに・・・

これ自体を腑に落とすことが、「わからないがわかる」なんですね〜(笑)

相場の真理である「わからない」を、「わかる」ことが必要なのです。うーわ。トンチ。言葉遊び。引っ掛け問題。なぞなぞ。さいてー。とかは思わないでね(笑)でも、それが良い感覚だと僕は思うんだー。

 で、その先です。相場目線で考えるのはそこまで。僕達は、あくまでも僕達です。人間です。だから、どうするのかって言えば、僕達的「わかる」を作らなければいけない。
 僕の中での「わかる」を作らなければいけないんです。で、それを知井さんは「勘」と言う訳だ。

自分の中に「わかる」を作り、

自分の中にある「わかる時」にちゃんとトレードをすることによって、

自分の中にある「わかる時」に相場が到達しない場合には、

初めて「あぁ、わからない」が腑に落ちるのかもしれない。

 意味不明だなー。言葉にするのが難しい。
 つまりです。わかるとか、わからないとかの、その先にあるのは、結局「自分次第」ってことなんです(笑)
 で、自分が「わかる」を作って、「わかる」を作れば「わからない」が生まれる訳だから、その両方をしっかりと、バランス良く見ていかなきゃいけない。
 わかるがあればわからないがあるんだけど、そこには矛盾は無いはず。

 心の中にある「わかるとわからないについての論文」、それの順序に食い違いが無ければいいだけの話なんですよ。
 だから、心に置いてある「言葉」に、どれほどの「意味」と「深み」があるのか、ってことが、大切になってくるんかもしんない。
 そんな中、「わかる」の基準を作り、「わかる」の基準を修正し続けていくと、同時に「わからない」の基準も変わり、「わからない」の基準も修正されていく。
 そうしていくしかないよね(笑)わかる基準をどう作るのかは自分次第だ。だって、真理は「わからない」だから。その先は、自由だぜ。

 うーん。結局、どういうことか、一言で言えば、

わかる時にやって、わからない時にやらない。それを徹底しようよ。

ってことです(笑)

 わからない時ほどやってしまう理由は、わかる時ほどやれない理由があるってことです。「わかる」と「わからない」を自分が作るんだけど、自分が作ったわかるとわからないが腑に落ちないといけない。

0から1を作り、1を10にする。
わかるを作り、腑に落とす。
全部自分でやらなきゃいけない訳だね。

そんな大変なこと、ねぇな。

 でもさ、そもそもさ、「わかる」って思う時ほど、なんでできないんでしょうね?そういう議論になりかけたよね?さっき。
そういうことを、考えていこう。みんなでね。
 ま、まだ僕の中でもまとまりがないので、もっと考えたいと思います。ちょっと、腑に落ちてない。僕自身が(笑)

 わからないがわかれば、下手なトレードはしなくなる。それは、そうだと思う。
 相場の真理は「わからない」その「わからない」をわかることが第一歩かもしれない。でも、それじゃ「わかる」なんて言えないじゃん?だから、相場ではなく人間的に考えよう。
 わからないがわからない理由はなんだろう?わかるをわからないから、かもしれない。
 やらない理由を探せない理由はなんだろう?やるべきところでやれていないから、かもしれない。じゃ、わかるをわからない理由、やるべきところでやれない理由ってなんだろう?
その答えを作るのは、みんなだね。

あーあ!疲れた!!!
もう、わかんねぇ!!!!

 

 ひとまず「わからないを知ろう」は終わります(笑)いや、どっかでつづき書くかもしれないけど…ちょっと疲れたな(笑)書いて、読み返しても、論理の飛躍、抜け穴、落ち度、矛盾、その他おかしなところがたくさんあったけど(笑)頭の中で、これから修正しながら僕の中での1つの「哲学」を作る作業を改めて始めたいと思います♬

 みんな、一緒に考えてくれてありがとう!で、またみんなで、こんな話しようぜ!!!

じゃーね!

↓次(笑)
わからないを知ろう −7−(やっぱりつづき「もう1つのわからない」)




人気ブログランキング上昇中☆
ブログ村も上昇中\\\\٩( 'ω' )و ////
1位を目指してます(笑)。
今日の記事良かったよ!という方は、
クリックしてね~~\(^_^)/
 ↓↓             ↓↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

    • Y子
    • 2016年 5月 12日

    私の個人的な意見ですが

    私の場合の分からない時は、
    レンジだったり
    方向性が読めなかったりする時でもあり、
    基本的にトレンドに乗れない時でもあります

    下降のトレードが好きなので
    上昇トレンドの時は手を出しません

    そうすると
    トレードしなきゃという選択肢から減るので、
    心に余裕が出来ます

    チャートを俯瞰してみれるのです

    知井さんがこの前言われていたように
    今ここ にしかないのだと思います
    チャートも新しい今、がある
    だから先など分からない
    分からないけど、過去を当てはめているのも
    未来を当てはめているのも自分

    やらない理由を探しているからこそ
    やる理由も探しています

    やらないと利益は出ないって正人も言っていましたが、
    本当にそうだと思います

    いかにバランスがとれるか
    いかに矛盾を許容できるか
    のような氣がします

    私はこういうお話は好きですよ♡

      • Y子
      • 2016年 5月 12日

      スミマセンm(_ _)m

      正人って呼び捨てで投稿しちゃってました
      Σ(;゚д゚ノ)ノ

      正人さんの間違えです

      • たもりまさと
        • たもりまさと
        • 2016年 5月 14日

        別に大丈夫ですよ(笑)まさとでも!
        まぁ、まさとって呼ぶ人もじわじわと増えてきていますから♬

    • たもりまさと
      • たもりまさと
      • 2016年 5月 14日

      天才Y子!
      なるほどー!確かにそういう決め事を心に置いておくだけで、わからないっていう選択をしやすくなるよね。
      今日の記事と同じだね。やらない理由を探しすぎるとやるべきところもやらなくなってしまう…のは避けて、やらないを徹底することによって逆に見えてくる「やるタイミング」でやることにしているってことだね。
      矛盾しているようで、実は真っ当なことでもあるんだなー。っておもいます。
      なんだけど、たぶん、N山さんとか、その他のみんなが聞きたいのは、
      「なぜレンジってわかるの?」「なぜ上昇トレンドってわかるの?」「トレンドに乗れないってなぜわかるの?」「方向性が読めないってどうしてわかるの?」ってことなんだよな〜(笑)
      このあたりは、天才の勘の領域っぽいね!(笑)

    • masako
    • 2016年 5月 12日

    こんなに勉強したんだからわかるはず!どうして負けたの?どこが悪いの?やっぱり無理、できない…って、全くできなくなった時がありました。
    テクニカル分析は「わかる」けど、相場の未来は「わからない」から、自分の分析を変えたらなんとかなると思っていたんです。そこしか自分でできないから、自分が悪いんだ間違っているんだって、できていたとこまで、できなくしてたんですね。
    相場の未来は「わからない」がわかったら、わからないところで仕掛けなくなりました…全部わからないから、わからない所が無くなっただけです!勝ちも負けもOKが出せるようになったんです。そうしたら、負けても悔しくないんですね!熱くもならないし、いつまでも負けに囚われない、オーバートレードもしなくなる。
    それでも、失敗はあります。でも失敗でしかない。よく正人さん書かれてる、「一緒くた」になってたのかな、「わかる」「仕掛けたい」ただそれだけなのに色々な思いが乗っかり過ぎで、多分。
    面白いですねーFXって。FXでは「わからない」を排除してましたけど、人生では「泣く・怒る」を排除してたので、これを取り戻したら「笑う」が帰って来ましたよ^^いっぱい気づきをもらっています。ありがとうございます。

    • たもりまさと
      • たもりまさと
      • 2016年 5月 14日

      maskさん♬
      ある人は勉強すればするほど負けるって言いました。それはたまたまだと思いますけど(笑)
      確かに、勝つための分析方法がある!という思いは僕にもありましたねー。そんでもって、変え続けていくことで勝てる手法ができる!とはいつも思っていたんですけど、本当はそうでもなくて、これは表現方法の1つなだけなんですけど、手法には「旬」があるような気がしているんですよね。
      季節みたいなのがあって、向き不向きがある。と思っていた方が良い。今やっている分析方法で勝ち続けることもあれば、負け続けることもあって、それはぐるぐる回っていくんです。でも、旬が終わってしまって、次の旬が来るまでの間に諦めてしまいがちなんですよね。または、次の旬が来るまでに手法を変えてしまう…せっかくの良い手法が潰れていく可能性もある。
      僕たちに出来ることは「守りたいと思えるルールを作れるかどうか」であって、さらに「ルールを変えずにやり続けられるのかどうか」であって、さらに「損切りよりも利益の幅を大きくする」ことを続けるだけなんですよね。そうした時に、初めてそん手法の良し悪しが見えてくる。って思ったりしています。
      全部わからないからわからないところがなくなった…という感覚はとても好きです!僕も。相場の動く理由は多岐に渡る…たくさんの動く理由があるということは、結局「なんで動いたかわからない」ということになって、言ってしまえば「動く理由が無い」ということにもなる。っていう感覚を持ってるんですよね。まぁ、これもまた言葉遊びなんですけどね。でも、その感覚があれば、確かに冷静さを保つきっかけにはなるかもしれません♬熱くならないように持ち続けた方が良いでしょうね!
      泣くと怒るを排除していて・・・これを取り戻したら「笑う」が帰ってきた・・・すごく興味深い!これはまさに、陰極まれば陽となる。っていうやつでしょうね。そう言ってもらえると励みになります♬
      またコメント待ってます!ありがとうございました!

  1. 2016年 5月 18日

【無料】氣愛通信メルマガ

ブログの更新をメールでお知らせ!2017年11月現在12439名がこのメルマガを購読中です☆FXの有益なノウハウが詰まったコンテンツや、セミナー情報、講演会情報、お得な情報もいち早く優先的に知ることが出来る氣愛通信メールマガジンに無料で登録してみませんか?メールアドレスを下記に入力して送信を押すだけで登録は10秒以内に無料で完了します♪
遂に知井道通公式LINE@を開始☆FXの有益なノウハウ、セミナー情報、 講演会情報、お得な情報もいち早く無料で配信中(^^♪

バーコードでも、友だち追加でも、どちらからでも簡単にすぐ登録ができます( *´艸`) 友だち追加
ページ上部へ戻る