言葉遊び

20160127081215

「言葉」ってのは、時々すごい「うお」っていう感覚を味合わせてくれる。

「言葉」は、ただの振動。
「言葉」は、ただの音。
それ自体に意味はない。

という意見を、真っ向から否定したい。

 

なんというか、感じることがあるよね。
涙を流す前に胸に感じるアレです。
怒りを込み上げてくる「瞬間」の胸に感じるあれです。
嬉しくて楽しくて、うわぁってなるまでの一瞬の過程があるじゃないですか。

あれは、人間のとっても素敵な特徴。

そんなことですら、忘れてしまうんだよね。

僕は忘れない。

 

「脳の反応」なんだけど…
「脳の反応」だからなんですか?ってことです。

脳の反応なんだとしたら、だから?っていう(笑)

その一言じゃ表すことができないよね。

クオリア?だよね。

とまぁ、そんなことはどうでもいいんだけど(笑)

 

言葉って、すごい時がある。

あの一言で、傷つくし、あの一言に、感動するし、あの一言が、人生を変える。

あぁ、やっぱり「表現」っていいなって思うんだ。
言葉をどう表現するか?なんだ。
何気ない言葉をどう「演出」するか?なんだな。

どうしようもない一言に、深みが増す瞬間があるけれど、
それは、どうしてそうなっちゃうのかな?とか考えるけど、

それ自体、言葉ってもんがないとね。それすら、意味を成さないから。

 

あ、今日の記事はブレイクタイムのつもりで書いてるんだけど、
重苦しい始まりになっちゃった(笑)

 

そうだ。
言葉を作り、意味を作ってきたのは、人間、僕達のご先祖様達が作ったのだ。

すごいなぁって思う。

 

で、今日は、そんな言葉について、ではなくて(笑)

ある、僕の好きなアーティストの話だ。

 

女性アーティストで、その人に会ってみたいってずっと思っているんだけど、
まぁ、そのアーティストさんは、事務所といろいろ?あった?とかなんとかってネットではささやかれているけれど、
その後の活動で、以前までの事務所を否定するような?歌詞が出てきたり?
それでいて「自由に音楽ができない」というようなことを言っていて?
今は?自由に音楽が出来ている?っていう雰囲気があるのかな?

とまぁ、まったく、僕もわからないだけど(笑)
本人じゃないしね。

で、僕、好きだから、よく聞くんだ。

 

なんだろう。

事務所を抜け出して?なのかは知らないけれど、
活動の媒体を少し変えて、好きな音楽をやっている感はあったのね。

で、歌詞に過激な歌詞がある。
たぶんだけど、自由な音楽を出来なかった腹癒せを曲に載せている。
それはね、いいんだよ。表現の方法だ。僕もよくやる(笑)

 

でもだよ。
でも。

 

以前までの事務所の腹癒せを書いた音楽をしている時点で、
以前までやりたかった自由な音楽が出来ている訳ではない。

ということになる。

言葉遊びだ。これは。
でも、こんな言葉遊びをしていると「確かに」って氣付けることがあるのさ。

 

だから、僕はね、そのアーティストに、もう一度立ち返ってほしいんだ。

「本当にやりたかった音楽」を。

ってね、本人じゃないからわからないけれど、
結局「何かに左右されている」ということになるのなら、それに気付いて欲しい。

まぁ、僕達はそもそも、何かしらの影響を受け続けて生きているから、
必ずと言っていいほどに、左右されているんだけどさ。

心理学とか学ぶと、それがすげーわかるよね。

 

でも、やっぱり思うんだな。

 

以前までのことを書いてしまう時点で、
以前やりたかった自由な音楽ではない。

 

 

そんなことを思ったなぁ。

 

 

僕も、バンドの方針?とかで、訳のわからない音楽を作ったり、
なんというか、僕の意図を無視したアレンジとかされたりしたことあったから、
本当にむかついて、むかついたことを曲にしたりしたけど、
それは、僕のやりたい自由な音楽ではないよなーって思う訳だ。

ただ、そういう中にも、光る曲はもちろんあるけどね。

 

だから、そもそも論になるよね。

「やりたかった曲ってなんだろう?」

わからないね。
そうやって、やりたかった曲じゃなくて、
やりたい曲は変わっていくのかなぁ。

ま、これは、僕の独り言なのさ。

 

 

言葉遊びですよね。
逆の言葉のニュアンスを、つじつまを合わせながら繋げてみると、
「あれ?」ってことに氣付けることがあるってことだね。

問題は起こる前に解決する。とかもさ、
なんかこう、つじつまは合うけれど、変な感じするよね。

その言葉で、本当に人生変わることってあるよね。

 

自信ってどこからくるんだろう?
本当は自信は自分の中にはないよ。
自信をくれるのは、他人なんだよ。

とかさ。
これ、ラジオでも話したんだけど、これは受け売りなんです。

確かにね、自信って、自分を信じるって書くと思ってたけど、本当は違ったんだね。
「自分を信じてくれる人がいる」ことが自信になるんだな。

 

言葉遊びだよね。
でも、言葉で遊ぶとハッとすることがあるんだ。

ま、人の夢と書いて儚いとかっていうのは、
まぁ、それは漢字遊びだけど、そういうのは、好きなのと嫌いなのがあるけどね。

僕は、恋は下心、愛は真心、っていうの聞いた時に、
「そうだよ!恋愛は恋から始まるんだよ!誰だって女の人を抱きたいと思うんだよ!なぜ悪い!!!それを悪いみたいな雰囲気で言うなよ!!!!」
って思ったことがあるよ(16歳の時)笑

どうでもいいけどさ(笑)

 

あとね、僕、昔の曲を最近よく聞いてるんだけど(笑)
自分が作った昔の曲ね。

こんな歌詞があった。

「出会えたことに意味なんてなくて、それはお互いわかってたけど、二人でその意味を作ろうって願ったのに」

はは。これ19歳の時に書いた曲だ。
小難しく考えていた時代、自分の中に哲学はないけれど全て小難しく考えていた時代だ。
良いこと言うけれど、今だから「なぜ良いのか」を作れるんだなぁ。

ま、これは別れの曲でした。

「二人がそれを選んだんなら、そこに意味が付いてしまう」みたいなね。

言葉遊びだね。

 

「言葉遊び」に夢中になっていた気がする。
でも、最近になって、言葉遊びって大事かもしれないって思ったんだ。

なんかこう、視点を変えるって意味でね。

 

ま、そんな話。

今日はゆるいけど、

人生を変える言葉を、みんなで作りたいなって最近思ってんだよなー。

言葉遊びでね。

 

そんなこと、思った今日この頃。




人気ブログランキング上昇中☆
ブログ村も上昇中\\\\٩( 'ω' )و ////
1位を目指してます(笑)。
今日の記事良かったよ!という方は、
クリックしてね~~\(^_^)/
 ↓↓             ↓↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

    • まゆ
    • 2016年 6月 13日

    おはようございます。

    このお話といい、最近の正人さんのつぶやきのようなお話、とてもいいなあーとしみじみしております。m(_ _)m

    いつもありがとうこざいます。

    • たもりまさと
      • たもりまさと
      • 2016年 6月 13日

      まゆさん♬
      おはようございます。
      ありがとうございます!確かに最近はつぶやくような感じが多い気がします(笑)
      僕もこの記事は好きです。そんでもって言葉遊びってのがなかなか、良いところに気付けたなって思います。
      どちらにしろ、知識って全て「言葉」ですからね。言葉の中に気付きがあって当然ですもんね。
      その氣付きのプロセス、または「出し方」、つまりは「気付き方」なんですけど、そんなのを探しています。
      もっと良いつぶやきができるようにがんばります♬あざっした!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

【無料】氣愛通信メルマガ

ブログの更新をメールでお知らせ!2017年11月現在12439名がこのメルマガを購読中です☆FXの有益なノウハウが詰まったコンテンツや、セミナー情報、講演会情報、お得な情報もいち早く優先的に知ることが出来る氣愛通信メールマガジンに無料で登録してみませんか?メールアドレスを下記に入力して送信を押すだけで登録は10秒以内に無料で完了します♪
遂に知井道通公式LINE@を開始☆FXの有益なノウハウ、セミナー情報、 講演会情報、お得な情報もいち早く無料で配信中(^^♪

バーコードでも、友だち追加でも、どちらからでも簡単にすぐ登録ができます( *´艸`) 友だち追加
ページ上部へ戻る