苦痛 -2-「満腹」

IMG_1744

↑栃木の野木で有名なうなぎの瀬下さん。

そうです。うなぎ食いに行くのです。最近。月一で知井さんと。
いつも頼むコースがめちゃくちゃ量が多いから(笑)
いっつも、かなりの量を残してたの。僕。
食べれんもん(笑)多くて(笑)

そんで、どうするかって言ったら、知井さんが全部食べるの(笑)
めちゃくちゃ食べてくれるんだよね。
んでね、そんな時に知井さんがよく話してたんだよね。

「満腹感を意識から切り離すことができる。すると、食べれるようになるんや」

意味がわからない!
って思ってたんだけど、
ジョギングの息苦しさをしっかり感じ取った時に苦しさが半減した時、
この言葉を思い出したんですよ。

「満腹感を意識から切り離すことができる。すると、食べれるようになるんや」(2回目)

これ、逆に考えてみたらどういうことになる?
というか、切り離す一歩前の状態って、なんだと思う?
それは、切り離す「対象」を認識するってことだよね?

だって、何を切り離すの?って話になるでしょう?

満腹感を取り除くためには、満腹感を知らなければいけない。
つまりだ…

「お腹いっぱいで苦しい」を味合わないといけないんだよね。
その「お腹いっぱいで苦しい」を心底理解した時に、初めて、
その「お腹いっぱいで苦しい」を意識出来る訳だよね。クリアーに。
クリアーに意識できるからこそ、
「お腹いっぱいで苦しい」という認識をはずすことが出来るわけでしょ?

それが出来るか出来ないか?じゃなくてね、
結局は「苦しさを感じることがステップ1」ってことになる。

やってみました!!先月の末に!
その時、なんと!今までめちゃくちゃ残してたのに、なななんと!
コースのしょっぱなから、ご飯ももらって食べたの!初めてだよそんなことは!もちろん!!
だから、いつもよりお腹いっぱいになるのが早い訳だ!

でもね、思ったの。
「早く満腹感こねーかな?」って。
だって、その「お腹いっぱいで苦しい」をまずは体感しないといけないんだから。
じーっと、胃に意識を向けていたの。
するとね、お腹いっぱいっぽいけど「あれ?まだ全然食べれるんだけど」っていう感じになって、
コース、全て完食しちゃったの。

これ、おかしいんですよ。
そもそも、その時期僕、朝と昼はプロテインと青汁だけっていう組み合せで、ご飯なんて食べてなかったから。
当日は当然朝ご飯なんて食べない訳だからさ、そういう時ってあんまりご飯入っていかないでしょ?
でもさ、いつもならあり得ない量を普通に食べちゃった。

おっかしーなー。たいして苦しくないなぁって思うんだけど、
食っていうものから意識が離れた瞬間、つまりお店を出た瞬間だ。
お腹の苦しみなんて意識しなくてすむよね。その時から。
それから、突然お腹痛くなり始めたんだけどさ(笑)

「あれ?苦しいぞ?」って(笑)

人間の感覚って不思議だな。
でも、前回と今回の一件を通してわかったことは、

「苦しみを理解できると苦しみは半減してしまう」
という現象なんだよね。

おかしいじゃん。それ。あきらかにおかしいよ。
でも、そうなったの。ジョギングと満腹で、似たような結果が起きた。
いつもとは違うことが出来た。苦しいのに。

ここで、ある1つの可能性が出てくる訳です。
それはね、普段の生活で、そもそも、前回もちらっと言ったけど、

「苦しさすら感じられていなかった」

ってことなの。
いつまでも苦しいってことは、その苦しさを直視していなかったってことになる。

今回の2つのケースは、どちらも「苦しさを知覚した」「認識した」「受け止めた」「理解した」ってことになるよね。
どれかはわからないけれど。

僕の体験とまだ2回だけの統計では「苦しさは認識すると半減する」って答えになった。
だから、もう一度言う「苦しさすら感じられていなかった」っていうことはだよ、

「苦しみをはぐらかす反応に左右されていた」ということにならんかな?
苦しさをはぐらかすことに意識を向けていたから、
そもそも苦しみとは何かがぼやけてて、何が苦しいのかすらわからなくなっていた。ってことだ。

これ、僕にとってはとんでもない発見なんだよ。
だから、今まさに実験してるの。いろんなことを。
その1つが「睡眠」なの。

『僕の身体は眠たいという反応をしているけれど、僕自身の意識はまったく眠たくはない」

という状態になった時に、一体僕はどれほど起きていられるんだろうか?って実験をしてるの。
すると、不思議。

「寝れる気がしない」というか、
「まだ余裕で起きてられるなー」って思っちゃう。

それについては、改めて報告させてもらいたいと思いますが…

そんでね、これについては、もう1つだけ、試してみたことがあるんです。
それはね・・・

つづく。




人気ブログランキング上昇中☆
ブログ村も上昇中\\\\٩( 'ω' )و ////
1位を目指してます(笑)。
今日の記事良かったよ!という方は、
クリックしてね~~\(^_^)/
 ↓↓             ↓↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

    • ひろこ
    • 2016年 6月 16日

    これって、逆のお腹が空いた感じさせないでやると、不食の人かしらね❔

    面白そう。

  1. たもりまさと
    • たもりまさと
    • 2016年 6月 16日

    ひろこさん♬
    不食とは少し違うんですけど、この話の場合は「お腹が空いたを感じよう」ってことなんですよね♬
    「分離」や「遮断」と言いますが、そもそも「何を分離するの?」「何を遮断するの?」って話なんです。それは「空腹」という苦痛を遮断したい…ってことなんですよね。それなら「空腹」そのものをまず理解しなければいけないので、まずは「空腹をしっかりと感じてみよう」というところから始まる訳なんですけど、その「苦痛を味わう時間が長い」のが、空腹の状態が長い。ってことになりますよね。つまり、空腹という苦痛を感じよう!っていう感覚を味わおうとすれば、自ずと空腹の時間は長くなるってことになります。すると、不食の時間が増えるってことになりますよね。
    よくある話で、水だけで生きる…とかっていう話とこれはまったく別なんですね。
    僕は食べたくない訳ではないんですが、痩せたいんですよね。だから、腹が減るのを我慢しないといけない訳ですけど、これは『我慢をしよう!』って話です(笑)
    でも、我慢するとか、苦痛を感じようとか、覚悟が決まれば苦痛は半減するっていう話です。
    なんにせよ、とてもおもしろいと僕も思っています!

  2. 「苦しさすら感じられていなかった」

    「苦しみをはぐらかす反応に左右されていた」

    ああ、わかります~
    怖くてずっとこんな感じでした。
    直視して味わいきらないから
    いつまでも引きずるんですよね~。

    苦痛は確かに苦痛だけど、大丈夫。

  3. たもりまさと
    • たもりまさと
    • 2016年 6月 16日

    みずなさん♬
    そうなんですよ。僕もそうです。いろんなことがそうだったんです。
    すごく簡単に言うと、苦しいのが嫌、苦しいを感じたくない、苦しいをはぐらかしたい、苦しくないことを選択しよう、痩せたいけどお腹空くの苦しい、だから食べれば苦しくなくなる。食べよう。みたいな(笑)
    苦痛だけど大丈夫なことってたくさんありますね。大丈夫だって気付けたら苦痛が苦痛じゃなくなる感覚もありますね。あくまでも半減するってくらいですけど、それだけで強く生きられる気がします!これからも検証し続けます♬

  1. この記事へのトラックバックはありません。

【無料】氣愛通信メルマガ

ブログの更新をメールでお知らせ!2017年11月現在12439名がこのメルマガを購読中です☆FXの有益なノウハウが詰まったコンテンツや、セミナー情報、講演会情報、お得な情報もいち早く優先的に知ることが出来る氣愛通信メールマガジンに無料で登録してみませんか?メールアドレスを下記に入力して送信を押すだけで登録は10秒以内に無料で完了します♪
遂に知井道通公式LINE@を開始☆FXの有益なノウハウ、セミナー情報、 講演会情報、お得な情報もいち早く無料で配信中(^^♪

バーコードでも、友だち追加でも、どちらからでも簡単にすぐ登録ができます( *´艸`) 友だち追加

アーカイブ

ページ上部へ戻る