資金管理心得(FX) -2-「損切り(幅)」

損切り貧乏っていうのは、
損切りのやり方じゃない。
ただトレードの回数が多いだけの可能性がある。

ということは、回数を減らせば貧乏じゃない。
つまりは、損切りそのものに原因が無い。

ということに氣付けると、
知井さんの言う「儲かる秘訣はやらないことだよ」の真意も見えてくる。

最大の秘訣。
「やらないこと」

正確に言おう。
「必要の無い時にはやらないこと」

もっと言おう。
『やる回数を減らす工夫をすること』

僕達は、やりたいに支配されているのだ。
だから、FXってつまらないものって思った方が良いのかもしれない。ある種。

トレードってつまんないの。
分析は楽しいんだけれども。
だから、僕はトレードの回数減ったのかもしれない。
つまんないもん。
分析してるのは楽しいけどね。本当に。

ってことでね、
やらないことによって、損切り貧乏の根本を解決できる。

だけれども…
違うよね。
そうじゃないよね。
そんなことはわかってるから、
「損切りの幅ってどうすりゃいいの!!?」って、思うよね!

とあるケンケンが、この質問にこう答えてくれた!!

「まずは数字を決めること。慣れてきたら相場の状況に合わせて、高値安値に置くこと。それだけしかない」

ううむ…もっともな意見だ!もっとも過ぎて、言うことが無いくらいに、良い答えだと僕は思う。
だって、そうだもん。それ以外にある?

さて、ここで問題が出てくる。
「数字を決めると、損切りになった後に戻っていくことがあるから…」

さらに、こんな問題も出てくる。
「高値や安値までが遠過ぎて、ロットを減らしたりすると利益が少なくなるし、嫌になっちゃう」

もっともな悩みだ…もっともだ!!!
これをどう解決するんでしょうか?

僕はね、数字を決めているんです。
30pipsです。
相場の状況?関係ありません。
損切りする時?見ません。
見ても意味が無いです。
決めてるから。
悩む必要がない。
相場の状況を知る必要が無いから。

僕がなぜ、そこに行き着いたのかと言えば、
何をどうしたって、損切りした後に良い方向へ行くからです。
どのような工夫をしようが、
そういう時ってあるんです。

だから、どちらを選択するか?なんです。
数字を決めても、そうなる。
相場を見ても、そうなる。
じゃ、どっちにする?って話です。

どちらがいいのか?じゃないんです。
どっちにしようか?なんです。

どちらも良いんです。
どちらも駄目なんです。

だから、良いも悪いも無いんです。
好きな方を選んでね。これに関しては。

「俺は両方を選ぶ」って思ってもいいんですよ。
そういう欲張りは僕は好きです。

じゃぁどうするの?って。
迷うなら数字を決めて下さい。
数字を決める損切り方法は効率が悪い。なんてことはありません。
相場によって、駄目な時があるだけなんです。
それ以外は、良い損切りになることだってあるんです。

そんで…?
だから…??
どうするの???

って思います?(笑)
思うよね。
具体的な方法を知りたいよね。

じゃ、30pipsにしたら?
僕はそうしてるから。

・・・

うーん。って思いました?
思うんですよ。これ。
「こうすればいいじゃん」って言われると、
でもなぁってなっちゃうんですよ。

なんでなると思いますか?
そこには、損切りとはまったく関係のない原因があるんですよ。
いや、あるかもしれないんですよ。

損切りをする目的とは何か?

を考えたことはあるでしょうか。
損切りの目的。

損失を限定させる?
無駄な損失を減らす?
間違いを認める作業?

損切りの目的ってなんだろう。

なんでもそうですが、
事業でも、なんでもそうなんですけど、
「条件」と「目的」があるんです。

すごく良い言葉があるんです。

「利益は企業存続の条件であって目的ではない」

なんて素晴らしい言葉なんだろうって思うんです。
企業の場合は、利益を出すのは当たり前だなーって思います。

それなら、相場の世界でもそれを言うことができそうだよね。
「利益は相場の世界で生きていく条件であって目的ではない」
ってことになる。

そうかぁ。その先に何を見ているんだろう。僕は。
なんてことをじっくり考えさせてくれる良い言葉ですよね。

じゃぁ、その相場の世界の中の1つ、
「損切り」の条件と目的って一体なんだと思います?

損切りの条件。
それは「損失を限定する」とか「決めた通り行う」とかって話だよね。
損切りをするためには、損切りをしなければいけないから、
できるとか、できないとかって話じゃなくて、やらなきゃいけないこと。
損切りの方法を決めるとか、効率を上げる方法を考えるとか、
それって条件なだけで、損切りの目的ではない。

損切りの目的ってなんだろう?

まぁ、みんなそれぞれ、答えがあると思うんですけど、
僕はね、損切りの目的って、シンプルにこれだと思う。

「お金を稼ぐため」

そう。
お金を稼ぐために損切りをするんですよ。
同時に、だからこそもっと掘り下げて考えていかなければいけない。

あなたはいくら稼ぎたいのか?
これは、相場師としての条件の話。
その先の人としての目的はあるけれど、それは一度置いておいて、
損切りの目的、相場師の条件、

「いくら稼ぎたいのか?」を考えてみよう。

その数字が見えてきて、
初めて「戦略」を考えることが出来るんだよね。

戦略の中に損切りがある訳だ。
つまりですよ。

『損切りの幅は稼ぎたい額によって変わる』
ってことになる訳です。

つづく

人気ブログランキング久しぶりに4位まで上昇中☆
ブログ村も5位まで上昇中\\\\٩( 'ω' )و ////
1位を目指してます(笑)。
今日の記事良かったよ!という方は、
クリックしてね~~\(^_^)/
 ↓↓             ↓↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

    • たつ
    • 2016年 8月 04日

    実に本質を突いた素晴らしい話だと思います。
    続きをおおいに期待しています。
    出来るだけ長く書いてね。

    • たもりまさと
      • たもりまさと
      • 2016年 8月 06日

      たつさん!あざーす♬
      最近思い付いたことなんですよねー!
      そもそも、稼ぎたい額が明確にあれば、資金の扱い方も明確に近付くから損切りの仕方も自ずと導き出せるなぁと。
      となると、そこがハッキリしていなかったよかもしれないなぁーって思ったんですよね(╯︎⊙︎ ω ⊙︎╰︎ )
      また、いろいろ考えて書いていきます!

    • りえこ
    • 2016年 8月 04日

    『やる回数を減らす工夫をすること』
    そうそう、工夫ってね、すごいんですよね。工夫って力があります。
    先週から「美しい暮らしの手帖」という雑誌を読んでいるんですけどね、「今あるもので工夫する」っていうことがいっぱい載っているんです。昭和22年発行の復刻版も付録でついていて、物資の不足がまだまだひどい中で「工夫」して喜びをみつけようとしているんですよ。これ女性雑誌のカテゴリーかもしれないけれどおすすめです。

    「僕達は、やりたいに支配されているのだ。」でたー、まさと語録これ人間の性みたいなものですよね。これ、はっとします。

    まさとさんのおかげで、今日は久々にドラッカー?の名言に触れることもできでよかったです。かっこいいなー。こんなセリフさらっと言えるとほんと、かっこいいですね♪

    仕事もどりまーす。

    • たもりまさと
      • たもりまさと
      • 2016年 8月 06日

      りえこさん!いつもあざっす(☉︎౪ ⊙︎)
      そうなんですよね。工夫。
      ま、ルールを作るのも、革新的な見方を探るのも、資金管理のすごいアイディアも、結局は工夫なんですよね。だって、どんだけ夢を見ようが現実には限界がある訳ですしね。
      だから、工夫!大事ですねƪ(♥︎ε♥︎)ʃ
      美しい暮らし手帖、覚えておきます!!

      やりたいに支配されている時は僕も未だにありますからねー(╯︎⊙︎ ω ⊙︎╰︎ )
      どんな質問を受けても、結局はやりたいから、その裏には退屈があるから、やりたい!って思ってしまうんだろうな。って結論が出ちゃいます!やりたいの奥にある原因は、人それぞれにあるんでしょうけど、僕は退屈ってのがすごく強くあるんじゃないかなって思ったりしてます!

      そうそう!ドラッカーだった気がします!いい言葉です૮(́◉︎◞︎౪◟︎◉︎)ა

    • じゅん
    • 2016年 8月 21日

    ありがとうございます。
    いつも、勉強になります。
    トレードしない理由を、見つける。
    そこに目をつけた方が、良いかと、改めて、考えさせられました。

    • たもりまさと
      • たもりまさと
      • 2016年 8月 22日

      じゅんさん♬
      トレードしない理由を見つける方が良いと思います。
      でも、これは僕の個人的な意見でもあります。
      やるべきところを探るためには、やるべきではないところを知る方が良い。だからこそ、やりたいのならどんどんやってしまえばいい。という意見もあると思います。それはその通りです。
      でも、やりたい時にやるのと、やるべきでない時にやるのとは全然別の話です。やるべきところを知るためには、やるべきではないところでやってみればいい。やるべきではないところの探し方なんてわからないんですけど、そういうことを繰り返していくうちにやるべきところがわかってくるのかもしれません。
      でも、やりたいからやるっていうのは、やるべきじゃないところとか、やるべきところとか関係なく、自分の感情の問題です。僕は、やりたいからやって良かった試しがありません。やるべきところでやって良かったことがあります。やるべきところとやりたいっていう感情は違うのですが、結局僕達は自分の感情に負けてしまいます。だから、僕はやりたいという感情を抑えるための理屈を考え尽くした方が良いって思うんです。やりたい時にはやらない。やるべきところでやる。っていう訓練をするのなら、やらない場所を探すことも、あえてトレードしてみることも、両方大切であって。
      つまりは目的によって「練習を重ねる」と「我慢」はどちらも大切になるし、どちらもしなければいけないし、この2つをリンクさせることはできず、矛盾が生まれてしまうので、別々の個があるってことになりまして、それを総称して「バランス感覚を保つ」なんて話をしているのです。
      と、少し話しは逸れましたが、もし自分が「やりたい」って思うのなら、トレードをしない理由を見つけた方が良いです。でも、「やるべきところを知りたい」と思うのなら「ここは違うかな…」っていうところでもあえてやってみても良いです。すると、「ここは違うかな」が「ここは違う」に変わっていきます。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

【無料】氣愛通信メルマガ

ブログの更新をメールでお知らせ!2017年3月現在12439名がこのメルマガを購読中です☆FXの有益なノウハウが詰まったコンテンツや、セミナー情報、講演会情報、お得な情報もいち早く優先的に知ることが出来る氣愛通信メールマガジンに無料で登録してみませんか?メールアドレスを下記に入力して送信を押すだけで登録は10秒以内に無料で完了します♪
遂に知井道通公式LINE@を開始☆FXの有益なノウハウ、セミナー情報、 講演会情報、お得な情報もいち早く無料で配信中(^^♪

バーコードでも、友だち追加でも、どちらからでも簡単にすぐ登録ができます( *´艸`) 友だち追加

最近の記事

ページ上部へ戻る