資金管理心得(FX) -5-「利益」

スクリーンショット 2016-08-06 18.15.50

こんな質問をしたんです。
まぁ、FXの話になるだけども…

1000pipsと100pips、どっちが取りやすい?

これはね、まぁ、普通に100pipsの方が取りやすい!ってなるんですよ。

でね、質問に少し色を付けて、こうします。

利益目標1000pipsを100pipsの損切りで取るか、
利益目標100pipsを10pipsの損切りで取るか、

どっちが取りやすい?

と聞くと、みんなね、
『1000pipsの方が取りやすい!!』
ってなるんです。

そうなんですよ。
割合で言えば、1000pipsの方が3%程勝率が向上します。
なぜなら、スプレッドがあるからですね。

でも,正直、僕は「100pipsの方が取りやすい!」って意見の方が多いと思っていた。
だからビックリしたんです。

「!!!!!!」

だって、1000pips狙っている人、あんまり聞いたこと無かったから。
1000pipsというか、長く取るトレードをしている人は、僕の周りにはそんなに居ない。
大阪にめちゃくちゃ持ち続ける女性の方が居たくらいで。

取りやすい方を実践で選択している人ってどれくらいいるんでしょう・・・?
感覚的に取りやすい方をわかっているのに、
実際のトレードでそれを選択している人はどれだけ居るんだろう。

いやー、ビックリしたの。
先日の勉強会で、1000pipsの方が取りやすい!!って手を挙げた人。
なんと、その場に居た全員挙げたから(笑)

僕のこの話を知っている人は4人くらい居たけれども、
それ以外の人も、全員1000pipsの方に手を挙げた。
まじか!

その時に始めて「はっ!」と気が付いた人が居るのならそれでいいけれど、
「取りやすい方」を感覚的にわかっているにも関わらず、
未だに少ない利幅を取り続けている人はいないんだろうか。

まぁ、好き嫌いがあるからね、別にいいんだよ、なにしたって。
なんだけど、「取り辛い方をあえて選択している!」と心に固く決めていないのなら、
それはまずいかもしれない。

自分が、難しいことをやっている自覚をしよう。
大きな利益を取るより、小さな利益を取る方が難しいんだよ。
正確に言うと「大きな利益を取り続ける」より「小さな利益を取り続ける」方が難しい。

そんでも感覚的に「短い方が簡単」って思っている人って多いと思うんだ。
だって、「頭ではわかるけど、実際やるのは難しい」って思ってると思うんだよ。

実際、1000pipsってねぇ?どうなん?取れる?無理っしょ??
っていう感覚、ない?ないかな?
それがね、まぁ、言ってしまえばね、なんというか、うん、『幻想』ですよね。

含み損が5pipsにもならずに50pipsの利益を取る方が難しい。
含み損が50pipsにもならずに500pipsの利益を取る方が簡単なんです。

でも、後者を選ばない。
なぜだろう?
そして、「そうは言ってもなぁ」ってつぶやく。
心の中で僕につぶやく。

「難しいよなぁ?」

それが勘違いなんですけど…
大きな利益を取る方が簡単なんですけど…
それでも、後者は選ばない。
なんでかなぁ。

そこの理由は気になるところだけど、
まず1つ、気付いてもらいたい。

『自ら率先して難しい方を選んでいる』

ということに。
先程も言ったけれども、難しいことをしている自覚があるかないか、
それはとっても大切なところだと思う。

負けるべくして負けるよね。
難しい方選んでるんだから。

大きく狙う方が簡単。ということを考えるのなら、
稼ぎたい額とロット計算と複利の計算のスピードが上がるんです。

なんというか…
例えばですけど、
1万円を120万円にしたいのなら?
1万円で0.1ロットで1000pipsを狙い、それが成功したら、
11万円で1.0ロットで1000pipsを狙えば、111万円になるんですよ。
大体、120万円に近いでしょ?

それを1年間でやれればいい。
1年間で2回のトレードをしたらいい。
もちろん、失敗するかもしれないけどね、
でも、成功は2回連続で成功したらいいだけだ。

利幅自体が大きくなれば、細かい計算も不要になるから、
おおざっぱにだけど、稼ぎたい額が見えてくる。

で、1回でも1000pips取ってみたらいいんですよ。
そうすると、急激にその夢物語が現実味を帯びてくる。

単純に、複利で計算していくから、1が10で、10が100で、
これをあと2回繰り返すとどうなる?
とんでもない額になる。
それを、1年で出来ればいい。

最大の難敵は「退屈」なんだけどね。

とまぁ、利益目標って大きければ大きい程に勝率が上がるんですよ。
ま、逆に、一番勝率が良いのは「利益5pips損切り95pis」とかってやつです。
これは、勝率がとてつもなく良い。
でも、2回連続で負けたら再生不能になるでしょう。

利益目標よりも損切りは小さい方が良い。
そして、全体の幅は大きい方が良い。
そうすると、勝率は上がるよ。

みんな、やってみない?僕と一緒に。
1000pipsのトレード。

氣愛塾のみんなは知ってるはずだよね。
それを使って、やってみようぜ。

そしたら、夢物語が、理想論が、現実味を帯びてくるよ。
まずは、僕が先に、みんなよりも先に達成しなきゃな。

ということで!!
そんな感じ。
この記事もあたりまえのことしか書いてないけれど、
もう1つだけ、メリットがある。

大きな利益を狙うことで、
トレードの回数も減る。
回数が減ると、勝率が上がるんですよ。
その分手数料がかからないからね。

そもそも、回数自体が減るから、
使うお金の金額も減る。
下手にやり過ぎることもなくなるでしょう。
1000pipsだぜ。1時間足なんて見てやってられないよね。
月足週足日足だよね。
だから、1日に10分見るくらいでも、充分だ。
時間?有り余ってるよ。長い足なら。
1本作るのに1週間もかかるんだぜ。週足なんて。
だから、大丈夫。誰だって出来る。

1週間で作る1本の足を5回見るとすれば、
1日に1回見ていることになる。

これは、1時間足の1本を、5回見るのと同じってことだ。
行動の基準としては、同じってことになる。

そんな考えて良いと思う。
その時点で「時間が無い」という悩みは消える。
時間が無いなら、長くトレードをしたらいい。

チャートを見ている時間が長ければ勝てる訳じゃない。
ポジションを持つ時間が長くなければ1000pipsの利益なんて伸ばせない。
チャートを見れば見る程、ポジションを持つ時間を短くしようと悪魔がささやく。
だから、見ない時間が多い方が良いことだってたくさんあるよ。

「時間が無い」は、
「トレードスタイルに無理がある」ってことだよね。
だから、視点を変えてみることもオススメです。

ということでね、
そんな感じです。

1万円が1億円になるにはいつだろうなぁ。
10年かかっても、10年の間に1000回失敗しても、
1億円回収できれば、なんの問題も無いよね。

月収なのか、年収なのか、10年収なのか、生涯収入なのか…
それによって、見え方はまったく変わる。

40億円を目指すのなら、10年〜20年くらい見てもいいよね。
1000pips狙うトレードで、1万円で0.1ロットで、100pipsの損切りで。
その割合で複利していけば、
6回連続でトレードが成功したら、100億円だもんね(笑)

ありがとうございました!




人気ブログランキング上昇中☆
ブログ村も上昇中\\\\٩( 'ω' )و ////
1位を目指してます(笑)。
今日の記事良かったよ!という方は、
クリックしてね~~\(^_^)/
 ↓↓             ↓↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

    • たつ
    • 2016年 8月 14日

    今日の話は本当に目からウロコでした。
    なんとなく時間軸が長い方が勝ちやすいという
    感覚はありましたが、
    やはりそうだったんですね。
    全然当たり前の話ではないですよ。
    実に素晴らしい話です。
    そこで、この手法を使うときの
    大きなポイントである金利を考慮に入れたら
    どうなるかを書いてもらえると
    さらにありがたいです。
    もしかしたら、持ち続ける日数が
    限られてくるかもしれません。
    売りと買いで持ち続けられる日数が
    違ってくるかもしれません。

    • たもりまさと
      • たもりまさと
      • 2016年 8月 17日

      たつさん!
      あ、さすがですね。そうなんです。
      ということは、買いか売りか、というよりも、通貨ペアによってまったく変わってきちゃうってことなんですねー。ポンド円なんですけど、売りで約3週間で約1300円のマイナススワップが付くんです。正確な数字は調べればわかりますが、なので、おおよそ2000円くらい1ヶ月でマイナスになるんですよ。つまり、1年で240pips以上のマイナスになってしまう…ということは?1年間で1000pips取るのなら、1240pips狙わなければいけないってことになります。でも、値動き自体は今年に入って上から下でポンド円で言えば70円弱くらい動いている訳ですから、値動きで取ると決めるのなら、スワップポイントは気にならないって考えて、その分の利益を目指していければいいんですけど、逆に気になる方は買いにした方が良いんじゃないかと思います。買いの方がスワップポイントが少ないんですよね。またはオーストラリアドル円とか、ニュージーランドドル円とかで狙うようにするとかにした方が良いかもしれませんね。ということで、持ち続ける日数が限られるっていう程は取られないっていう印象なんですけどね。でも、仕掛けた水準のまま3ヶ月過ぎてしまったら、スワップで70pipsくらいのマイナスになってしまい、100pipsで損切りするのなら、30pipsの損失で損切りになっちゃう…っていうリスクが付いてくるのは事実ですねー!と、このあたりも詳しく書く日を作りたいと思います!いや、今だいたい書いたんですけどね(笑)

    • たつ
    • 2016年 8月 21日

    見事な解説をありがとうございます。
    詳しく書く日を心待ちにしています。
    是非、具体例を挙げて
    説明してね。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

【無料】氣愛通信メルマガ

ブログの更新をメールでお知らせ!2017年11月現在12439名がこのメルマガを購読中です☆FXの有益なノウハウが詰まったコンテンツや、セミナー情報、講演会情報、お得な情報もいち早く優先的に知ることが出来る氣愛通信メールマガジンに無料で登録してみませんか?メールアドレスを下記に入力して送信を押すだけで登録は10秒以内に無料で完了します♪
遂に知井道通公式LINE@を開始☆FXの有益なノウハウ、セミナー情報、 講演会情報、お得な情報もいち早く無料で配信中(^^♪

バーコードでも、友だち追加でも、どちらからでも簡単にすぐ登録ができます( *´艸`) 友だち追加

最近の記事

ページ上部へ戻る