将来から今を見る

img_3425

「今を生きる」とはよく言いますが、
今って、そもそも過去に色づけされたものって言われてるんですよね。

過去の延長で今があるので、今を生きるのは過去を生きるのと同じこと、
って、何かの本で読んだけど、僕は「はぁ、なるほどなぁ」って思ったんですよ。

大脳辺縁系ってところに海馬っていう記憶を司る場所がある。
僕達は日常を生きていく上で、その記憶のデータを基に、
扁桃体ってところが「何が不快か」と「何が快か」を、つまりは「都合の良し悪し」を常に判断し、
それによって脳幹からホルモンを分泌し、良い感情を生むホルモン、悪い感情を生むホルモンによって、
良い悪いの感情が作られる。その感情を作るのが扁桃体って言われたりしていた気がする。

それを「潜在意識」と言ったりするんですけどね。
潜在意識が、快か不快を判断する。ってことです。簡単に言うとね。

そんで、感情が先に立って、そこから「思考」が生まれるのが脳の一般的な流れ。だった気がする…
いやー、すいません。うろ覚えです。勉強します。

ということで、そもそも今を生きるとは言っても、
感情が生まれてくる時点で、その感情がなぜ生まれたのかは、
「過去の経験に照らし合わせてホルモンが分泌されているから」であるため、
「今を生きるとは過去を生きることになる」って、脳科学的には言われたりするんですよ。

本気で今を生きるなら、
物事に対する感情が生まれてはいけない。

本気で今を生きるのなら、
「良いも悪いも無い」という生き方が正しくなる。

よく聞くね、それ(笑)。

いちいち、感情に左右されないとか、無の境地?
過去のデータが全て関係無いのだから、確かに無になれる。

そうだな。それが今を生きるってことなのだとしたら、
まぁ、これまで聞いてきた話も納得できるね。

だから、そこを目指して、お坊さんは修行をしているんだろう。
その方が楽に生きられる気がするから。

だけど、本当にそれで良いんだろうか。

過去の成功者達は、そういうのとは全然違う生き方をしていたみたいだよ。
僕が調べた限りってだけの話だけどね。

どっちかって言えば、感情をコントロールしていてさ、
「記憶から感情が作られることも肌で理解している」って感じが多い。
だから、そこから「どう変えようか?」を考えている方が多いんだよね。

どのように感じるか?に重点を置いていて、
「感じないようにしよう」とは考えていない。

過去の経験によって不快であることを「快だと思えるように努力」をしている。
それを放棄はしていない人が多い印象がある。

そして、過去に生きるのではなくて、
本当に今を生きるために、
将来を見据えている人の方が多い。

未来はどうなるかわからないけれど、
「未来をこうしよう」という信念が心に強固にある。

それを信じて疑わないから、
信念となっているから、
脳が「出来ないかもな」って不快の信号を送ることが無い。

さらに、いつも未来の理想的な自分から今現在の自分を見つめている。
そのため、「何をするべきか?」というのが、すぐにわかる。
わかるというのは、外側から答えを得るのではなくて、
信念があるから、自然と「何をするべきか?」を考えられるってこと。

将来の自分から、今の自分を見てみる。

それをするとどうなるのかって、
脳の状態が良くなるんですね。

そういう意味では、
イメージってとっても大切だね。

そういう意味では、
引き寄せた感が出てくるのももっともな話だね。

大事なことは、
「理想像」が頭の中にあることと、
そのために「何をどうしていくか」を理詰めてあること。

それによって、無意識的に行動が出来てくるんだってさ。

結局は行動に落ち着く。
なんでもそうだけどね。
自らが切り開いていく。その力強い行動を起こすのは脳だけど、
その脳を意識的に利用していくこと。
それに関係があることが、今ある様々な知識に繋がっているのかもしれない。

トレードをしている時って、
今、どう判断するのかが本当、大事なんだけど、
でも、今がどうであれ、どんな辛い状況であっても、
理想とする自分から、今の自分へ送れるメッセージはなんか、あるんじゃないんかな。

なんて思った訳です。

ということでね、
漠然と、イメージを作ってみましょう。
自分の理想的なトレーダーとしての姿。

そして、そうなるために、今何をするべきか、
論理的に思考しましょう。
理詰めで考える作業も大切なのです。

あとは、その姿が具体的にイメージ出来ていれば居る程に、
脳の快状態が続くんだってさ。

そんなことでトレードの質が変わるのならそんな便利な話はないけどな。
でも、大事なことかもしれない。

 

 

人気ブログランキング久しぶりに4位まで上昇中☆
ブログ村も5位まで上昇中\\\\٩( 'ω' )و ////
1位を目指してます(笑)。
今日の記事良かったよ!という方は、
クリックしてね~~\(^_^)/
 ↓↓             ↓↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

    • あくび
    • 2017年 1月 26日

    同感!!納得!私もそう思います1

    • たもりまさと
      • たもりまさと
      • 2017年 1月 27日

      あくびさん!
      ありがとうございます(^^)

    • 佐藤恵三
    • 2017年 1月 30日

    マトリックス・リインプリンティングというセラピーがありますが、それと根本から精通するところがありますね。

    僕は、これが自愛にとっても役立ってます。

    http://matrixreimprinting.jp/

    • たもりまさと
      • たもりまさと
      • 2017年 2月 04日

      恵三さん!
      貴重な情報をありがとうございます!
      名前だけは3年位前から聞いたことがあります!これ!

        • 佐藤
        • 2017年 2月 05日

        マトリックス・リインプリンティングのセラピーの動画もユーチューブで出ていて、僕はとても参考になりました。

        実は、僕自身はセラピーはまだ受けたことがないんです。

        サイトや、動画などを参考に、自己流で勝手にですが、やってみたら、これがすごく良かった。

        何が良かったかと言いますと。

        潜在意識(脳の記憶やイメージなど)の深い領域、根本的な大元になっている、幼少期などの、初期の記憶(データ)から変えられるというところと、

        その変えるというのも、表面的な考え、思考による望みに変えるものではなく、潜在的な感情や、感情も超えた大元の領域から、自分の本当の望みに変えられる、というところにあります。

        なので、そこから変わると、やはり、勝手に、普段感じる感情や、思考や、言葉や、行動が変わります。

        マトリックス・リインプリンティングをすればするほどに、

        勝手に、普段感じる感情や、思考や、言葉や、行動が、変わっている。

        今まで不快と感じていたものが、快(喜びや至福)にいつの間にか変わっている。

        これは、僕の実感として感じました。

        これ、マジでいいですよ^^

        • たもりまさと
          • たもりまさと
          • 2017年 2月 16日

          恵三さん!
          どうもです!返信遅くなりましたー!
          潜在意識の中にあるものを変える…、つまり、それは「快」と「不快」を変えるってことなのかな。経験自体は変えることは出来ないから、その経験の「捉え方」と「感じ方」を変えられるってことですよね。
          もしもデータそのものを変えられるんだとしたら、僕はちょっとそれ、どうなのかな?って思っちゃうんですよ。だって、嘘になっちゃいますもんね、実際に経験したことは、実際に経験したことですから、そこをベースに、感情的なところを変えるっていう意味ではすごく魅力的だなって思いました。
          感情を超えた大本の領域っていうのは、脳幹ってことになりますよね。でも、脳科学的に言うと、感情を司る脳(扁桃体)が指令を出して、脳幹がホルモンを出すっていう謎の流れになっているんですよねー。本当にそれが出来るのなら、すごいことになりそうです。
          マトリックスっていうのとは別で、僕自身が、思考、言葉、行動を変えるために工夫していることがあるんですよ。それは、普段しないであろう小物を身につけることなんですね。普段着ないようなもの、選択しないような事を選択してみる。すると、それだけで思考に良い影響が現れて、新しい分析を見つけることが出来たりします。まぁでも、僕はそっちも良いなーって思うんですけどね。

    • 恵三
    • 2017年 2月 17日

    まさとさん、ありがとうございます。

    そうですね。

    一言で言うと、快と不快を変えるってことになると思います。

    僕も、自己流でやってるだけなので詳しく説明できませんが、

    僕の感覚だと、まさとさんのいう通り、データそのものはかわらないけど、捉え方が変わったのと、

    もうひとつ、僕が、ここがいいと思ったポイントは、

    例えば、あるデータ(記憶)を不快と捉えていたのが、まず、快でも、不快でもなくなる。

    そして、快になる。

    で、面白いのが、あらたなデータ(記憶)をイメージすることで、新規入力ができるところで、

    かつ、

    それが、本当に自分が望む快のイメージで、データ(記憶)が入力できる。

    って感じでしょうか。

    例えば、僕の経験した例の一つで、

    「やる氣が出ない」

    というテーマがあって、

    それは、何でかを、記憶やらイメージやら感情やらを、観ていったら、

    こんな感じの、小さい時の記憶が思い出されてきたんですね。

    小さい時に、両親がケンカをしていて、

    僕は、家の2階の押し入れに体育座りで縮こまっている。

    その記憶(イメージ)のなかの小さいころの自分の気持ちを聴いて(感じて)みたら、

    「嫌だ」

    「悲しい」

    「僕のせいで」

    って感じてるみたいで、

    どうして?

    って聴いて(観て、感じて)みると、

    「僕が生まれたから」

    って感じてるみたいで、

    「ごめんなさい」

    って感じてるみたいで、

    (なぜそう感じていたのかはあとになってふと出てきたのですが、長くなるので省略ますね。)

    それで、その感情(気持ち、思い)を、

    よく、聴いてあげて、認めてあげて、受け入れてあげました。

    そうすると、イメージのなかの小さい僕の様子が変わってきたんですね。

    体育座りで縮こまってるイメージから、

    「嫌だ」「悲しい」「僕のせいで」って感じがなくって、

    きょとん、として、ニュートラルな感じになりました。

    そして、

    今度は、

    本当はどういう感じだったら良かった?

    って、聴くと、

    「本当は、お父さんとお母さんが仲がいいほうがいい」

    ということなので、イメージのなかでそれを叶えてあげました。

    そして、

    お父さんとお母さんになにかしてもらいたいことはある?

    と聴くと、

    「お父さんとお母さんが仲良くなって、笑顔で、抱きしめてくれて」

    「大丈夫だよ」

    「ごめんね」

    「恵三は何も悪くないよ」

    「生まれて良かったんだよ」

    「生まれてくれありがとう」

    「大好きだよ」

    「愛してるよ」

    「ありがとう」

    というイメージがわいたので、それをイメージの中で十分に叶えてあげました。

    (イメージで感じることを十分に感じます。)

    すると、

    小さい僕のイメージは、

    お父さんとお母さんの愛に包まれて、自分も愛になって、

    天使の羽みたいな羽も生えてきちゃって(笑)

    自由に光の中を飛びまわってる。

    というイメージに変わりました。

    で、もう一度、お父さんとお母さんがケンカをしているシーンで、小さい僕が体育座りで縮困っているシーンを思いだしても、

    マイナス(不快)な感じではなく、プラス(快)な感じに変わってる。

    (「嫌だ」「悲しい」「僕のせいで」から「愛」「ありがとう」「自由」「大丈夫」に変わってる)

    で、現在に意識を戻ってくると、

    「やる氣がでない」から「やる氣が出てる」に変わってる。

    という感じです(笑)

    感謝

    恵三

    PS:

    まさとさん、風邪はよくなりましたか?

    ご自愛ください(笑)

  1. この記事へのトラックバックはありません。

【無料】氣愛通信メルマガ

ブログの更新をメールでお知らせ!2017年3月現在12439名がこのメルマガを購読中です☆FXの有益なノウハウが詰まったコンテンツや、セミナー情報、講演会情報、お得な情報もいち早く優先的に知ることが出来る氣愛通信メールマガジンに無料で登録してみませんか?メールアドレスを下記に入力して送信を押すだけで登録は10秒以内に無料で完了します♪
遂に知井道通公式LINE@を開始☆FXの有益なノウハウ、セミナー情報、 講演会情報、お得な情報もいち早く無料で配信中(^^♪

バーコードでも、友だち追加でも、どちらからでも簡単にすぐ登録ができます( *´艸`) 友だち追加
ページ上部へ戻る