過去の分析を失敗する

160318_札幌FX勉強会0017

今日は東京でセミナーです。
知ってる人は知っている、あのローソク足のやつを公開する日です。
まぁでも、過去、いろいろな場所で公開してきたからな、
秘密にするようなもんでもないけれど。

楽しみですね。
みんなのトレードに良い影響が出ると良いなぁ。

ということでですね、
そんな僕もですね、過去の相場でどのようにその分析が効いているのかってね、検証しました。

まぁ、これまで長いことやってきて、最近はやらなくなっちゃって、
良い機会なんでね、過去の復習と、最近の動向と、調べてみたんですけど。
なんだろう、すごい(笑)。
まぁそれはいいんだけど。

なんかね、過去の相場分析ってさ、たくさん勝てるでしょう?
だから、こういうこと思うことってない?

「勝ち過ぎて怖い」

だから、過去の相場分析でわざと負けようとしたりとかってしたことないですか?
シグナルの通りなんだけど、気付けない理由を探したり。
いや、いいんですよ。それが本当に気付けないのならね、気付こうってだけの話ですから。

でも、意図的に「これは無理だった」って、思うことありませんか。
無理じゃないのに、無理だろうな。みたいな。思っちゃうことありませんか。

これって、いったいなんなんでしょう。
ないならいいんだけど、僕はすごくあるんですよね〜。

「勝ちすぎじゃね…?」
みたいな(笑)。

なんだろうなー。

いやー、僕らのやってるこの手法はね、勝ってるんですよ。
去年の後半で負けた月が3ヶ月あったけど、そんでもかなり勝ってるんですよ。
そりゃそうだ。買った月が9ヶ月あるんだから。

で、僕は怖いんですよ。
何が怖いのかって。

「負けるようになること」が怖いんですよ。
今、勝てる手法でも、負けるようになってしまったらどうしよう?
という発想が自然と頭の中で沸き起こるんですよ。
するとね、どうするかって?
過去相場分析で、わざと負けようとして、つじつま合わせようとするんですよ。
負けるのが怖いのではなくて、負けるようになるのが怖いんですよ。勝てるから。

たぶんね。
そうじゃないかと思うんですよ。

でね、この気持ちがエスカレートするとね、
本番でも同じことしちゃうんじゃないのかな?って思うわけですよ。
勝ってることが怖いんじゃないんですよ。
勝ち過ぎていることが怖いんじゃないんですよ。
勝った「後に負ける」ことが怖いんですよね。僕たちは。

勝った後に負ける。というパターンが過去のデータベースに蓄積されている僕たちですから、
勝った後は負けるんだなと、勝てば勝つほど負けることが怖くなっていくんですよ。
そしたら、いっそのこと?

「先に負けてやれ!」

という思考になっちゃうんじゃないのかな?
いやー、なっちゃうんですよ。結構。

お金を持っている人が「お金を持ち歩くのすごく怖い」って言うとしますよね。
それ、お金を持っていることが怖いって思ってるんですけど、違うんですよ。細かく言うと。
「お金が無くなる可能性に怯えている」っていうのが正確なんですよ。
だって、あってもなくても、日常の危険度なんてそうたいしてかわらないもんね。

だから、無くなる可能性が怖いんですよ。
あったら使うから。あったところから少なくなるから。そして無くなるから。
あればなくなると自然に思っちゃうんですよ。
だから、どうするのかって。

「先になくしてやろう!」

って発想が出てきちゃうんですよ。
「どうせ無くなるんだから、使っちゃえ!」って。

よく聴いた。いろんなところでよく聞いた。
無くなるんだから思う存分使っちゃえよって、聞いたわー。
それ、あんまり良くない思考法なのかしらね。
お金が欲しいのなら、良くないのかもしれないね。

たまらないもん。

そういうことを考えるとね、
過去の相場、というより、今「勝てる手法」っていうのが頭の中にある場合には、
そういう思考がちょっと、自分の常勝への道を阻んでいやしないかな。
たぶん、してると思うんですよ。

勝ったらどうしよう。って思ってるんじゃない。
勝った後に負けたらどうしよう。って、勝つ前から思ってるんですよ。
その「負けたらどうしよう」ってのを、どうやってぶっ壊せばいいんだろう。

難しい問題だよね。
その思いが出てきちゃんだもん。

でも、まずはそこに気付くことからだよなーって思うんですよ。
自分の行く道を邪魔する何かは、少し違った角度で見ないと見つからない。
お金が「有る」じゃなくて、お金が「無くなる可能性」が怖い、っていうのと同じようにね、
他にも、分析でも、トレードでも、損切りでも、
そういう少し「言葉のニュアンスを変えてみなければいけないようなこと」ってないかなって思うんですよ。

たぶんね、そういうの。たくさんあると思います。

それを知るだけで、心は強くなる。
それを知るだけで、なぜか、その問題が軽くなる。

なんででしょうね。
催眠の歴史で、フロイト博士がね、そういう療法をずっとやってたんだって。
僕は好きだな。

原因を探る。っていう思考ね。
原因はね、まったく違う方向性からやってきていることがたくさんあるから。
だから、僕のこの分析に対して思った違和感1つを取っても、
そういう、変な原因があるはずなのさ。
それがつまり、「勝った後に負ける可能性に怯えているからいっそのこと先に負けてやれ」
っていう発想を生むのだとしたら、それは大問題だよねっていう話でした。

今日はそんなこと思ったよ。
まぁ、軽めの記事ですけど、このあたりで終わります。

人気ブログランキング久しぶりに4位まで上昇中☆
ブログ村も5位まで上昇中\\\\٩( 'ω' )و ////
1位を目指してます(笑)。
今日の記事良かったよ!という方は、
クリックしてね~~\(^_^)/
 ↓↓             ↓↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

    • 佐藤 恵三
    • 2017年 1月 29日

    陰と陽ですね。

    必ずどこかでバランスがとれてる。

    どこかが陰であれば、どこかが陽である。

    一部分だけでなく、多角的視点でみると、そうなっている。

    全体からみると、陰も陽もない、陰も陽も含められたひとつ。

    そして、部分と全体を生み出している「なにか」は、陰も受容しているし、陽も受容しているし、全体も受容している。

    そう感じました。

    • たもりまさと
      • たもりまさと
      • 2017年 1月 30日

      佐藤恵三さん♬
      こんにちは。先日はありがとうございました☆
      相場の世界ってのは、偏りを無くした方が良いってよく言ってきました。
      負けには偏らない方が良いし、どちらか一方の視点には偏らない方が良い。そりゃそうです。そういう目線をしていると、ナンピンばかりしてしまったり、マーチンゲールをしてしまったりして、大変な目に遭うことが多いからです。
      そういう意味でも、バランス感覚が大事なんですよね。上がる可能性と同時に下がる可能性を探る視点。そのバランス感覚を持ち続けながら、トレードをしていくのはとても大切なことなのです。
      ただ、この考え方も少し角度を変えて考えてみれば、「人間はとにかくバランスを保とうとする」という見方も出来ます。多角的に見てみればバランスがあるのですが、でも、一部分だけで見ればバランスが無いことがあるのも事実ですね。陰と陽のバランスと言いますが、それなら、「陰」そのもの「陽」そのものは、一体どう表現しようかってことになります。陰と陽、その中間がバランスという意味だと思いますが、それならその一方にはどんなバランスがあるのかって言えば、無いかもしれません。それでも人間は「バランスを保とうとする」という気持ちが出てきてしまい、陰と陽を含めたひとつという考えが出てきてしまうのかもしれません。悪くはないんですけどね。トレードも、利益に偏ればいいのに、どっかでバランスを取ろうとしてしまい、無駄な損切りをするはめになることもあるかもしれません。
      しかし、これもまた「陰と陽を含めた一つ」という視点で見ていくと、実はFXってのは本当は偏っていた方が良いんです。何に偏るかって、勝ちに偏った方が良いのです。利益に偏った方がいいんです。損切りは少なく、利益に偏った方が圧倒的にお金が稼げるんですよね。だから、「偏ってはいけないけれど、偏った方が良い」ということになり、つまりは「何に偏るか?」によって、陰である「偏り」が簡単に陽に変わってしまい、そもそも「陰も陽もないんじゃないの?」っていう発想にもなってしまいます。
      それをどう切り離して考えていくかって言えば、そもそも「偏りそのものは何も無い」なんだけど、そこで陰と陽を決めているのはそもそも「人間が決めていた」ってことになるんですよね。利益も損失も、人間が決めたことですもんね。
      ということを考えていくと、やっぱり利益を伸ばすのも,損切りを徹底するのも、自分が決めてやるしかないんですよね。だから、無意識に勝ち過ぎないバランスを保とうとしている自分が居ることに気付き、そのバランスは崩れて新しい利益の比重が高いバランスを作っていかなきゃいけないってことかもしれないですよね。それが「ルール」であって、ルールってのは、自分が決めることですよね。
      まとめると、バランスが取れているってのは、バランスを保とうとしがちであるって解釈も出来るし、多角的に見れば陰と陽は含まれるけど、多角的に見なければ陰と陽は含まれないってことでもあるし、全てに陰と陽が含まれていると解釈できるし、偏りは簡単に陰にも陽にもなるってことだし、両方が含まれているってことになるし、だけどそう解釈するのは人間であって、人間がそういう価値観を全て決めてきたってことでもあるし、それはそれで良いんですけど、逆に言えば、なにかをいつでも決めて行動しなければいけない訳で、それがルールになるってことですよね。
      ということで、ちょっと表現がへたくそなんですけど、そんなことを思いましたねー。僕は。

        • 佐藤
        • 2017年 1月 31日

        まさとさん、ありがとうございます。

        すごい面白いですね。

        めっちゃ面白いです。

        これもあくまで、主観に過ぎないのですが、

        僕が感じたのは、FXだけじゃなくて、人生や世界、全体、トータルで観たとき、

        なんか、常にどこかでバランスが勝手に、自然にとれてる。

        また、ある視点からだと、やはり、バランス事態もない、

        バランスというのは、陰と陽みたいに相対的視点でみると、バランスも生まれる。

        僕は、陰も陽も、バランスも超えた、

        愛と感謝でありたい。

        そう感じました。

        • たもりまさと
          • たもりまさと
          • 2017年 2月 02日

          相場の世界では「水準論」という分析方法があり、それが「同一の値幅が動く」ってのがあります。この「同一の値幅で動く」という視点で見ていくと、いろいろな応用を利かせながら、その特徴を知ることが出来ます。
          そういうところを見ていくと、「どこかでバランスを取りに行く」というのも腑に落ちるし、これもまた逆に言えば「どこかでバランスを取りに行く」と思っている人にとっては、そうした分析方法が腑に落ちやすく、さらに活用しやすいと思うんですよ。
          ですから、佐藤さんは、バランスという視点から相場を見ていくと、もっと奥深いチャートの世界が見えてくるのではないかな?なんて思いました。ありがとうございます!

    • 佐藤
    • 2017年 2月 04日

    まさとさん、こんにちは。

    ありがとうございます。

    「水準論」調べてみました。

    面白いですね。

    深いですねぇ~。

    一目均衡論・時間論・波動論・一目均衡表についても調べてみました。

    一目均衡表、面白いですね。

    これも、あくまで僕の主観ですが、

    ちなみに、僕の自称バランス論?非相対論?(笑)は、

    部分だけではなくて、部分も含めて、全体をひとつとしてとらえて観る。

    例えば、チャートを見ると、チャートの上がり下がりだけではなくて、

    チャートの上がり下がりも含めて、チャートそのもの全体をひとつとしてとらえて観る。

    全体をひとつとしてとらえた視点の中では、実はバランスは常に取れている。

    というよりも、相対(部分)だけではなく、相対(部分)も含めて、非相対(全体をひとつとしてとらえる)なので、

    バランスとう概念もあれば、

    バランスという概念そのものがない、という概念もある。

    そして、概念そのものがない、という概念もある。

    それを、FX、人生、世界、今のすべて、といったものも全部含めて、全てをひとつとしてとらえて観る。

    そして、あと、チャートをこうとらえて観ると面白いなぁ、と思ったのが、

    そのチャート自体にも意志があり、

    チャートの本来の目的がある。

    それは、お金の本来の目的と同様、

    「人に喜ばれ、人を幸せにすること。」

    そう思うと、自然に、チャートに「ありがとう。」という感謝の気持ちが沸いてきて、

    自然に、チャートを観るのも楽しくなりますね。

    ありがとうございます。

    感謝

    佐藤

    • たもりまさと
      • たもりまさと
      • 2017年 2月 16日

      恵三さん!
      チャートの上り下がりを含めて全体を見ることが出来ても、利益が取れなきゃ意味が無いんですよー。
      僕達は、上か下かを当てて利益を取るので、これも結局偏った見方をしなければ勝てないんですよ。バランス保ってたら、プラマイ0になっちゃいます。実際、上がるか下がるかですから、適当にやって、利確と損切りを同じにしたら、スプレッド分が負ける…っていう確率に収束していくとは思うんですけど、それは言ってしまえば誰でも出来ることであって、つまり全体を見るっていう感覚は誰でも出来てしまうことなのでそっちにあまり集中しない方が良いんじゃないかなって、今ふと思いました。
      バランスという概念そのものがないという概念がある。というのはおもしろい意見ですね。
      ただ、相場に関しては「バランスを取りに行く」という偏りがある。と捉えて水準論を見ているとおもしろいですよっていう話でした。
      チャートに意思がある、というのはおもしろい意見です。「無い」とか「ある」とか、意見はバラバラなんですけど、僕は「ある派」の人間なんですよ。なんでかと言うと、めちゃくちゃな動きをたまにするからです。それが「自由意志の成せる相場の動き」。そうして、「わからない動きがあるんだ」ということを常に念頭に置いていると、とても良い影響があるんだと僕は思っていますよ。恵三さんとはまったく考え方の違う意思があるっていう考え方ですけどね。
      でも、チャートを見るのが楽しいっていうのは一番良いことです。楽しければ、向上は勝手にしていけますからね。
      がんばりましょう!ありがとうございました☆

        • 佐藤恵三
        • 2017年 2月 17日

        まさとさん、ありがとうございます。

        利益とれなきゃ意味ない、ってほんとですね(笑)

        楽しんでやります(^^)

        これから、いろいろと勉強させて頂きます。

    • 佐藤恵三
    • 2017年 2月 05日

    まさとさん、こんばんは。

    今、まさとさんと僕のコメントを見返していました。

    コメントを見返してみると、また面白いですね。

    まさとさんのコメントを見返していたら、コメントを見ていたけど、ちゃんと理解していなかったなと気がつきました。

    まだまだもっと、まさとさんの考察を理解していきたいと思いました。

    まさとさんのコメントの、

    (FXってのは本当は偏っていた方が良いんです。何に偏るかって、勝ちに偏った方が良いのです。利益に偏った方がいいんです。損切りは少なく、利益に偏った方が圧倒的にお金が稼げるんですよね。だから、「偏ってはいけないけれど、偏った方が良い」)

    その通りですね。

    僕もそう思いました。

    そして、これは僕の構想ですが、お金を稼いだら、自分も含めた、みんなの喜びや幸せ至福のためにお金を使おう。

    僕自信の生き方を、自分も含めたみんなが、喜び至福であるように生きよう。

    僕自信が至福であろう。

    そう思っています。

    ありがとうございます。

    感謝

    佐藤

    • たもりまさと
      • たもりまさと
      • 2017年 2月 16日

      恵三さん!
      返信遅くなりましたー!
      お金を稼いだら、みんなに使ってあげましょう。でも、使い過ぎには注意です(笑)。
      僕も、周りの人にお金を使い過ぎてその日変えるお金が無くなってしまったっていう経験が1度あります(笑)。
      恥ずかしいったらありゃしない…(笑)。
      一緒に、稼いでいきましょうね。大きな目標だけではなく、足下の小さな目標も一歩一歩クリアしていきましょう。
      長い目で利益をあげることを考えると、発想が柔軟になり、資金管理の方法やアイディアがたくさん出てきますから☆

        • 恵三
        • 2017年 2月 17日

        まさとさん、ありがとうございます。

        お金の使いすぎ、気をつけます(笑)

        長い目で利益をあげること、

        いいですね。

        そうします。

        一歩一歩クリアしていきます。

        ありがとうございます。

        感謝

        佐藤

  1. この記事へのトラックバックはありません。

【無料】氣愛通信メルマガ

ブログの更新をメールでお知らせ!2017年3月現在12439名がこのメルマガを購読中です☆FXの有益なノウハウが詰まったコンテンツや、セミナー情報、講演会情報、お得な情報もいち早く優先的に知ることが出来る氣愛通信メールマガジンに無料で登録してみませんか?メールアドレスを下記に入力して送信を押すだけで登録は10秒以内に無料で完了します♪
遂に知井道通公式LINE@を開始☆FXの有益なノウハウ、セミナー情報、 講演会情報、お得な情報もいち早く無料で配信中(^^♪

バーコードでも、友だち追加でも、どちらからでも簡単にすぐ登録ができます( *´艸`) 友だち追加
ページ上部へ戻る